小石を拾うように

研究室の雑誌『a+a美学研究』は、美学の知を多くの方々と共有できることを目指しています。新しい研究を紹介する学術雑誌としての機能を保ちながら、美学への理解を深めたい学生にとっても、芸術に興味のある読者にとっても、知の道標となるような特集をこれから組んでいきたいと思います。またこの雑誌の編集にあたっては、コミュニケーションの様態への関心から、知の内容だけでなく知の形式についても反省をめぐらし、見出された知見がい かに社会のうちに浸透していくのか、いかに社会のうちに共有されるのか、美学の思考をそこまで駆り立ててみたいと思います。

小石を拾うように

研究室の雑誌『a+a美学研究』は、美学の知を多くの方々と共有できることを目指していま す。新しい研究を紹介する学術雑誌としての機能を保ちながら、美学への理解を深めたい学 生にとっても、芸術に興味のある読者にとっても、知の道標となるような特集をこれから組 んでいきたいと思います。またこの雑誌の編集にあたっては、コミュニケーションの様態へ の関心から、知の内容だけでなく知の形式についても反省をめぐらし、見出された知見がい かに社会のうちに浸透していくのか、いかに社会のうちに共有されるのか、美学の思考をそ こまで駆り立ててみたいと思います。