トップ | 研究室 | 授業 | 学会 | 懐徳堂 | 古典のことば | 電子テキスト | 研究情報 | 蔵書 | リンク | ご意見 | サイトナビ

 

■ 阪大中哲・研究室案内

 
INDEX


トップページ

研究室案内

授業情報

大阪大学中国学会

懐徳堂と中国古典

古典のことば

電子テキスト

研究情報

蔵書案内

ご 意 見

サイトマップ


リ ン ク

文学研究科

大阪大学

 

 
阪大中哲HP→研究室案内

   研究室スタッフ(湯浅邦弘教授  辛賢講師
   研究室沿革
   学生紹介
   歴代教官表
   卒論・修論・博論リスト
   卒業生の声
  中哲を志望する学生の皆さんへ    阪大中哲Q&A
   卒業生・修了生の進路
  

研究室紹介

■「中国哲学」

中国古典の精読を通じて、広く東アジア世界の文化的特質を解明しようとする実証的な学問です。対象となるのは、『論語』『孟子』『老子』『荘子』『孫子』など春秋戦国時代を代表する中国の古典から日本の漢文まで広い範囲にわたります。

■「授業」

中国の古典を精読する授業を中心に、論文執筆を念頭に置いた討論形式の授業や、貴重資料の調査を進める実習的な授業も行っています。

■「伝統」

昭和23年(1948)の大阪大学法文学部(翌年文学部独立)の創立とともに開設された伝統ある研究室です。その源流は、さらに江戸・梠繧フ懐徳堂(かいとくどう)にさかのぼります。

■「懐徳堂」

懐徳堂(→「懐徳堂と中国古典の世界」)は享保9年(1724)に大坂町人によって創設された漢学塾で、江戸の昌平坂学問所と並ぶ隆盛を誇りました。大阪大学はこの懐徳堂を源流とする総合大学です。中でも、中国哲学研究室は、その懐徳堂の学問と精神とを最も強く継承する研究室です。懐徳堂文庫所蔵資料の整理研究や電子情報化事業に、研究室をあげて取り組んでいます。

■「出土資料」

近年、中国では、考古学的調査によって発見された新たな資料が次々と公開されています。戦国時代(紀元前5〜紀元前3世紀)の竹簡(ちくかん)に記された資料を解読し、孔子・孟子の時代の思想史の謎を解き明かす─これが今、中国古代思想史研究の最重要の課題となっています。(→「戦国楚簡研究会」)

■「出版」

研究室は、大阪大学中国学会の事務局として、年数回の研究会を主催し、学術誌『中国研究集刊』(→「大阪大学中国学会」)を刊行しています。

     大阪大学文学部を志望される高校生の皆さんへ
  ・@  大阪大学文学部1年生の皆さんへ
     大阪大学大学院文学研究科を志望される皆さんへ
 
                ★是非ご一読下さい ↓
 

                   卒業生の声                    

                   古典のことば

 

トップ | 研究室 | 授業 | 学会 | 懐徳堂 | 古典のことば | 電子テキスト | 研究情報 | 蔵書 | リンク | ご意見 | サイトナビ