トップ | 研究室 | 授業 | 学会 | 懐徳堂 | 古典のことば | 電子テキスト | 研究情報 | 蔵書 | リンク | ご意見 | サイトナビ

 

■ 『中国研究集刊』投稿規定

 
       
 阪大中哲HP大阪大学中国哲学学会のご案内→投稿規定

 
原稿募集

  • 『中国研究集刊』の原稿を募集します。会員の皆様は、奮って御応募下さい。
  • 中国及び東北アジアに関する哲学・文学・語学・史学等の論考を募集します。いわゆる論文の外、報告類・目録類・訳註・図表を多く含む論考なども対象となります。
  • 応募原稿

  • 原稿は校正時に加筆を要しない完全原稿とする。
  • 原稿枚数は本文・注・図版等をあわせ400字詰原稿用紙換算で50枚以内、縦書を原則とする。注は通し番号を施し、全文の末尾に附すこと。
  • 原稿は、電子テキスト及び打ち出し原稿(紙本)を提出する。
  • 電子テキストについては、代表的なワープロソフト(一太郎・Wordなど)ファイルでの投稿を認める。ただし、機種依存文字やワープロ独自の機能(特に注釈・脚注機能など)は使用しないこと。
  • 中国語フォント(MingLiUなど)を用いる際は、打ち出し原稿(紙本)にマーカーを付け、該当箇所を明らかにすること。
  • 画像データは、精細な(解像度の高い)ものを原稿(本文)と分けて添付すること。
  • 原稿は原則として返却しない。
  • 締切は毎年3月末とする。
  • 原稿に特殊文字を多用している場合、掲載画像が多数の場合には、執筆者が一部経費を負担することとする。
  • 刊行物と同内容の電子ファイル(PDF)を本誌刊行一年後から、中国研究文献データベース及び大阪大学機関リポジトリ(OUKA)にて公開する。
  • 採否

  • 査読委員に審査を委嘱し、編集委員会で決定する。
  • 複製権および公衆送信権の委託などについて

  • 論文の複製権と公衆送信権の行使を大阪大学中国学会に委託するものとする。 (刊行物と同内容の電子ファイル(PDF)を、本誌刊行五年後から公開することを了承の上、ご投稿下さい。)
  • 校正

  • 著者校正は再校まで。三校(念校)を編集委員会で行なう。
  • 校正時の加筆・訂正は初校段階に限り、必要最小限のもののみとすること。
  • 抜刷等

  • 掲載論考の執筆者に対しては本誌3冊と抜刷30部とを贈呈する。追加の抜刷を希望の場合は、初校返送時に連絡すること。追加分については執筆者が実費を負担することとする。
  • 投稿先

  • 〒560-8532 豊中市待兼山町1-5
      大阪大学大学院文学研究科中国哲学研究室内 大阪大学中国学会
      電話06-6850-6111(内線2128)
  • トップ | 研究室 | 授業 | 学会 | 懐徳堂 | 古典のことば | 電子テキスト | 研究情報 | 蔵書 | リンク | ご意見 | サイトナビ