教室概要

人文地理学とは

人文地理学とは、人間と環境や地域との関係を考察する学問分野です。そこでの主なキーワードには、環境・地域・空間・景観・場所・ネットワーク・フローなどがあり、多彩な視点を持つのがこの分野の特長です。具体的にはこのウェブサイトの各項目をご参照下さい。

当教室での研究・教育

人文地理学教室では、堤研二教授・佐藤廉也教授・井本恭子准教授・波江彰彦助教のスタッフ4名が研究・教育の任に当たっています。このほか、関連科目も含め、4名の非常勤講師による授業が開講されています。講義形式の授業のほか、論文講読演習(日本語・外国語)、調査法・統計処理・読図・作図などを扱う基礎演習、地誌学演習、卒業論文・修士論文・博士論文作成のための演習など、多岐にわたる授業が開講されています(授業一覧)。これらの授業を通じて、フィールドワークと理論的思考の双方を重視した教育を行っています。図書館やインターネットで情報・データを収集したり、読図や作図をしたり、現地調査に出かけたり、統計処理をしたり・・・・・・。当教室では、色んな方法で人文地理学の研究を実践します。古文書を読んだり、海外をフィールドとしたりする学生・院生もいます。コンピュータ技術と外国語の修得は重要になります。また、理論的研究への視点も重視します。

施設・設備

当教室は、文学部のある本館2階に人文地理学共同研究室・資料室(日本史学教室と共用)・教員研究室を有し、全学教育推進機構・総合棟3階には地図室併置の教員研究室を有します。

共同研究室には、学生・院生用のパソコンがデスクトップ型・ノート型合わせて10台以上あり、表計算、文書作成、統計処理、画像処理、GISなど のソフトも完備しています。さらに、複合機、プリンタ、スキャナ、HDDなど、周辺機器も充実しています。また、当教室は地図学関係の研究の中心であったこ ともあり、資料室などには国内外の地図類が多数収蔵されています。