『外邦圖:帝國日本的亞細亞地圖』小林茂名誉教授の著作が翻訳されました

当教室の小林茂名誉教授の著作『外邦図:帝国日本のアジア地図』の繁体字版が台湾の出版社から刊行されました。

書誌情報は以下の通りです。

小林茂著・林詠純訳(2019.4.)『外邦圖:帝國日本的亞細亞地圖』光現出版、ISBN: 9789869742726 。

なお、原著は、2011年に中央公論新社より刊行されたものです(小林茂(2011.7.)『外邦図:帝国日本のアジア地図』、中央公論新社、ISBN: 9784121021199 )。

書影。画像元URL: http://www.sanmin.com.tw/Product/index/007166128(2019/5/2最終閲覧)

以下、小林名誉教授のコメントです。

「外邦図、および私たちの外邦図研究に対する海外の関心は、2011年のスタンフォード大学でのシンポ2016年のNational Geographicの注目 と欧米圏が主で、最近はアメリカの大学所蔵の外邦図の整理公開も進んでいます(スタンフォード大学図書館ハーバード大学図書館)。

ただし、その図示する範囲はおもに東アジアなので、中国や台湾、韓国の方たちに知っていただきたいと思ってきました。本書により、そのとっかかりができて喜んでいます。

ネットで確認しますと、台湾だけでなく、香港・シンガポール・マレーシアの書店でも店頭にあらわれているようです。2011年に中公新書の1冊として刊行された『外邦図:帝国日本のアジア地図』が、これでさらに広く読まれることを期待しています。」