小林茂名誉教授の編著書が刊行されました

2017年2月、小林茂名誉教授の編著書『近代日本の海外地理情報収集と初期外邦図』が刊行されました。

この本には、共著者として、当教室所属の波江彰彦助教、小林基さん(博士後期課程/日本学術振興会特別研究員)、元助手の鳴海邦匡・甲南大学教授、当教室卒業・修了生の渡辺理絵・山形大学准教授、藤山友治さん、岡田郷子さんも参加しています。

書誌情報は以下の通りです。大阪大学出版会の紹介ページもご覧ください。

小林茂編/岡田郷子・小林茂・小林基・鈴木涼子・波江彰彦・鳴海邦匡・藤山友治・山近久美子・山本健太・渡辺理絵著(2017.2)『近代日本の海外地理情報収集と初期外邦図』大阪大学出版会、266頁、ISBN:978-4-87259-508-6、定価7,400円+税。

また、この本と深く関連するものとして、アメリカ議会図書館蔵 初期外邦測量原図データベースを公開しています。こちらもぜひご覧ください。

新刊本の表紙。小林茂編(2009)の表紙とイメージをあわせています。