博士学位申請論文公開審査会を開催

2015年1月29日(木)の17時30分から19時まで、文法経本館2階大会議室において博士学位申請論文公開審査会を開催しました。

申請者は渡邉英明氏(2011年度大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学)であり、論文題目は「定期市と市町に関する歴史地理学的研究―近世関東を事例として―」です。堤研二・大阪大学文学研究科教授(主査)、村田路人・大阪大学文学研究科教授(副査)、藤田裕嗣・神戸大学文学研究科教授(副査)、小林茂・大阪大学名誉教授(副査)の4名を審査委員として、まず申請者による30分間の発表が行われ、続いて質疑応答が行われました。

博士学位申請論文公開審査会の会場。

博士学位申請論文公開審査会の会場。

開会前の会場。

開会前の会場。