2013年度卒論・修論発表会を開催

2014年2月2日(日)の午後、文法経本館大会議室において2013年度卒論・修論発表会を開催しました。

今年度は、卒論生6名と修論生1名が発表を行いました。卒論は発表20分間・質疑応答10分間、修論は発表30分間・質疑応答10分間の時間配分で進められ、発表者と参加者とのあいだで活発な議論が交わされました。発表会終了後は、発表者の卒業・修了(予定)を祝う歓送会が開かれ、参加者一同楽しい時間を過ごしました。当日は、卒論・修論の審査を担当してくださった高山正樹先生(経済学研究科)と井本恭子先生(文学研究科)のほか、OB・OG、さらに他大学の学生など、多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

この日発表が行われた卒論・修論の題目は以下の通りです。

卒業論文

  • 多機能パーキングの形態と類型―茨城県を事例として―
  • 伝統野菜の産業化と供給ネットワーク―大阪府泉州地域の「水ナス」を事例に―
  • 牛丼チェーンの立地展開―大阪府北摂地域を事例として―
  • 国際空港の中継機能にみられる変化―成田・関西の役割分化に着目して―
  • 大都市近郊における農業用水路の利用と変遷―大阪府高槻市を事例として―
  • コリアタウンにおけるエスニック景観―大阪市生野区を事例に―

修士論文

  • スクリーンスケイプの視点からみたビデオゲームの評価情報をめぐるネットワーク―制作者・ユーザー・ウェブサイトの関係性―

それでは、当日の写真をお楽しみください(写真はクリックすると大きくなります)。

会場入口。配付資料が並べられています。

会場入口。配付資料が並べられています。

堤研二教授の開会挨拶。

堤研二教授の開会挨拶。

司会・計時は2回生が担当(前半)。

司会・計時は2回生が担当(前半)。

発表の様子(1)

発表の様子(1)

発表の様子(2)

発表の様子(2)

発表の様子(3)

発表の様子(3)

質疑応答の様子(1)

質疑応答の様子(1)

質疑応答の様子(2)

質疑応答の様子(2)

質疑応答の様子(3)

質疑応答の様子(3)

司会・計時は2回生が担当(後半)。

司会・計時は2回生が担当(後半)。

発表の様子(4)

発表の様子(4)

発表の様子(5)

発表の様子(5)

発表の様子(6)

発表の様子(6)

発表の様子(7)

発表の様子(7)

質疑応答の様子(4)

質疑応答の様子(4)

質疑応答の様子(5)

質疑応答の様子(5)

全体風景。今年度も多くの方々にご参加いただきました。

全体風景。今年度も多くの方々にご参加いただきました。

高山先生からコメントをいただきました。

高山先生からコメントをいただきました。

人文地理学研究室に移り、歓送会スタート。乾杯!

人文地理学研究室に移り、歓送会スタート。乾杯!

今回も登場、余興兄さん!

今回も登場、余興兄さん!

えっ、まさか・・・。

えっ、まさか・・・。

コインがコップをすり抜けるなんて信じられない!

コインがコップをすり抜けるなんて信じられない!

在学生から卒業・修了生に花束・色紙・記念品が渡されました。

在学生から卒業・修了生に花束・色紙・記念品が渡されました。

卒業・修了生「今年度の卒業・修了生記念品はコレ!」 名誉教授「えー、何?」

卒業・修了生「今年度の卒業・修了生記念品はコレ!」 名誉教授「えー、何?」

最後にみんなで記念撮影!

最後にみんなで記念撮影!