2018年度卒業論文・修士論文発表会を開催しました

2019年2月2日(土)、文法経本館大会議室において、2018年度卒業論文・修士論文発表会を開催しました。

今年度は卒論生8名、修論生1名の計9名と、前年度と同様に最多規模の催しとなりました。学内外から多くの先生方やOB・OGの方々にお越しいただき、大変賑やかな発表会となりました。心より御礼申し上げます。

今年度の発表題目は以下の通りです。

卒業論文

  • 中小型書店の存立とその要因―京都市を事例に―
  • 漁業集落の消滅可能性の検討―北海道礼文町の集落を事例に―
  • 新駅開業のプロセスと住民行動の変化―JR総持寺駅を事例に―
  • 戦時中における企画院の国土計画―国土計画本格的設定ノ方法ニツイテを軸として―
  • 離島への移住者の動向とその要因―鹿児島県十島村のUIターン者を事例として―
  • 石川県を訪れる外国人観光客の特徴―訪日外国人流動データの分析を中心に―
  • 林業の担い手問題の研究―二つの森林組合の比較を通じて―
  • 農産物直売所登録農家の生産・出荷行動―熊本県宇城市豊野地区を事例として―

修士論文

  • 地域課題解決を志向するエージェントの活動とネットワークの展開―島根県隠岐の島町「愛の橋商店街」を事例に―

一部ではございますが、当日の様子を写真でお楽しみください。

堤研二先生による開会挨拶。

堤研二先生による開会挨拶。

佐藤廉也先生による開会挨拶。

佐藤廉也先生による開会挨拶。

司会は学部2回生が務めます。

司会は学部2回生が務めます。

発表者(1)

発表者(1)

質疑応答の様子(1)

質疑応答の様子(1)

発表者(2)

発表者(2)

質疑応答の様子(2)

質疑応答の様子(2)

発表者(3)

発表者(3)

質疑応答の様子(3)

質疑応答の様子(3)

発表者(4)

発表者(4)

発表者(5)

発表者(5)

質疑応答の様子(4)

質疑応答の様子(4)

発表者(6)

発表者(6)

質疑応答の様子(5)

質疑応答の様子(5)

発表者(7)

発表者(7)

質疑応答の様子(6)

質疑応答の様子(6)

質疑応答の様子(7)

質疑応答の様子(7)

発表者(8)

発表者(8)

発表者(9)

発表者(9)

質疑応答の様子(8)

質疑応答の様子(8)

質疑応答の様子(9)

質疑応答の様子(9)

井本恭子による講評。お越しいただいた先生方やOB・OGの方々からも貴重なコメント・講評をいただきました。

井本恭子による講評。お越しいただいた先生方やOB・OGの方々からも貴重なコメント・講評をいただきました。

発表会の終了後は、同じく大会議室にて卒業・修了(予定)生の歓送会が催されました。引き続き多くの方々にご参加いただき、大いに盛り上がりました。その様子を掻い摘んでお伝えします。

発表会が終わり、沸き立つ卒業(予定)生たち。

発表会が終わり、沸き立つ卒業(予定)生たち。

歓送会の様子。在学生たちも楽しげ。

歓送会の様子。在学生たちも楽しげ。

在学生から記念品と花束が贈呈されました。

在学生から記念品と花束が贈呈されました。

気になるプレゼントの中身は……!?

気になるプレゼントの中身は……!?

花束と贈呈品を両手に掲げ、全身で喜びを示す卒業(予定)生。

花束と贈呈品を両手に掲げ、全身で喜びを示す卒業(予定)生。

いつものポーズで記念撮影。

いつものポーズで記念撮影。

最後は全員集合。お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

最後は全員集合。お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

(文章・撮影: 高橋、協力: 舟木)