大阪大学未来基金「学部学生による自主研究奨励事業」文学部成果発表会で学生が発表を行いました

2016年2月18日(木)、平成27年度大阪大学未来基金「学部学生による自主研究奨励事業」文学部成果発表会において、人文地理学教室に所属する学生が発表を行いました(会場は文法経講義棟1階リサーチ・コモンズ)。

発表したのは、人文地理学専修3年の村田実美子さんです。村田さんは、「鶴橋商店街の『テーマパーク性』に見る隠岐の島町・西町商店街活性化の方法」という研究テーマで平成27年度大阪大学未来基金「学部学生による自主研究奨励事業」に採択され、約半年間にわたって、アドバイザー教員である堤研二教授の指導を受けながら調査研究を進めてきました。発表会では、観光地化を進めてきた大阪市生野区の鶴橋商店街の事例を参考にしつつ、隠岐の島町・西町商店街の置かれている現状と今後の活性化方策について検討する、という内容で報告を行いました。

発表した村田さん。

発表した村田さん。

成果報告の様子。

成果報告の様子。

質疑応答の様子。

質疑応答の様子。