榎本文雄   Fumio Enomoto

 

研究業績一覧

 

A 著書

 

A1:『ブッダの詩I』(『原始仏典』7)

   講談社,1986 (第3章「大いなる章」, pp.178-273, 418-423担当)

 

A2:『インド仏教I』(『岩波講座・東洋思想』8),

   岩波書店,1988年(II,2「初期仏教思想の形成──北伝阿含の成立」, pp.99-116担当)

 

A3Sanskrit-Texte aus dem buddhistischen Kanon: Neuentdeckungen und Neueditionen, 1

(Sanskrit-Wörterbuch der buddhistischen Texte aus den Turfan-Funden, Beiheft 2), Göttingen 1989Sanskrit Fragments from the Saṃyuktāgama Discovered in Bamiyan and Eastern Turkestan,” pp.7-16; Śarīrārthagāthā: A Collection of Canonical Verses in the Yogācārabhūmi: Part 1: Text”, pp.17-35担当.

 

A4A Comprehensive Study of the Chinese Saṃyuktāgama: Indic Texts Corresponding to the Chinese Saṃyuktāgama as Found

in the Sarvāstivāda-Mūlasarvāstivāda Literature, Part 1: *Saṃgītanipāta, Kyoto 1994 (科学研究費報告書).

 

A5A Study of the Nīlamata: Aspects of Hinduism in Ancient Kashmir,

   Kyoto 1994A Note on Kashmir as Referred to in Chinese Literature; Ji-bin,” pp.357-365担当).

 

A6Sanskrit-Texte aus dem buddhistischen Kanon: Neuentdeckungen und Neueditionen,  3

(Sanskrit Wörterbuch der buddhistischen Texte aus den TurfanFunden, Beiheft 6), Göttingen 1996A Sanskrit Fragment from the Vibhāā Discovered in           Eastern Turkestan,” pp.133-143担当).

 

A7:『岩波哲学・思想事典』,

    岩波書店, 1998 (「原始仏教」,「ゴータマ・ブッダ」,「阿含経」, 「五蘊」, 「四諦」, 「サンスカーラ」担当)

 

A8:『『雑阿含経』の文献学的研究』,学位論文(京都大学),1999

 

A9:牧田諦亮()・落合俊典()『中國日本撰述經典(其之四)・漢譯經典』(七寺古逸經典研究叢書 第四卷),

   大東出版社,1999 (「度梵志經」,「本行六波羅蜜經」,pp.531-554担当)

 

A10:『NHKスペシャル・ブッダ大いなる旅路1: 輪廻する大地・仏教誕生』,

    日本放送出版協会, 1998年(「最古の仏典──年代が特定できる現存最古の仏教写本」, pp.63-68担当)

 

A11:『真理の偈と物語──『法句譬喩経』現代語訳』,

    大蔵出版, 2001年(共著)

 

A12:奈良康明、下田正弘(共編)『仏教の形成と展開』(『新アジア仏教史02:インドII』),

    佼成出版社, 2010年(「ジャイナ教と仏教」, pp.116-118担当)

 

A13:井上ウィマラ, 葛西賢太, 加藤博己(共編)『仏教心理学キーワード事典』,

    春秋社, 2012 (22「漏」担当)

 

A14:尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎(共編)『中国文化史大事典』,

    大修館書店, 2013年(「阿含経」, p.4; 「求那跋陀羅」, p.274担当)

 

A15:『不殺生(アヒンサー)の動機・理由─―インド仏教文献を主資料として─―』(RINDAS伝統思想シリーズ14)、

    龍谷大学現代インド研究センター(RINDAS, 2013年 →[PDF] (ダウンロードできない場合はこちらから)

 

A16:『ブッダゴーサの著作に至るパーリ文献の五位七十五法対応語 ― 仏教用語の現代基準訳語集および定義的用例集 ― バウッダコーシャⅢ』

    東京:山喜房佛書林, 2014年(編著代表)

 

B 学会誌・論文集掲載論文

 

B1:「āsrava について」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』271, 1978, pp.158f.

 

B2:「āsrava(漏)の成立について──主にジャイナ古層経典における──」

『佛教史學研究』221, 1979, pp.17-42

 

B3:「Udānavarga 諸本と雑阿含経,別訳雑阿含経,中阿含経の部派帰属」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』282, 1980, pp.931-933

 

B4:「仏教における三明の成立」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』292, 1981, pp.936-939

 

B5:「『摂大乗論』無性釈に引用される若干の経文をめぐって──『城邑経』の展開を中心に──」

『佛教史學研究』242, 1982, pp.44-57

 

B6:「雑阿含1299経と1329経をめぐって──Gāndhārī Dharmapada 343-344Turfan出土梵文写本No.50の同定と Mahābhārata13.132 の成立──」→[PDF]

『印度學佛教學研究』302, 1982, pp.957-963

 

B7:「初期仏典における三明の展開」

『佛教研究』12, 1982, pp.63-81

 

B8:「『雑阿含』*DevatāsaṃyuktaDevatāsūtraの展開──Ratnāvadānamālā第八章の成立」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』311, 1982, pp.396-399

 

B9:「初期仏典におけるāsrava(漏)」

『南都佛教』50, 1983, pp.17-28

 

B10The Formation and Development of the Sarvāstivāda Scriptures,”

in: Proceedings of the 31st International Congress of Human Sciences in Asia and North Africa, Tokyo 1984, pp.197f.

 

B11:「説一切有部系アーガマの展開──『中阿含』と『雑阿含』をめぐって──」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』322, 1984, pp.1070-1073

 

B12:「阿含経典の成立」

『東洋学術研究』231, 1984, pp.93-108

 

B13:「東トルキスタン出土梵文阿含の系譜」

『華頂短期大学研究紀要』29, 1984, pp.11-26

 

B14:「初期仏典と論書の伝承史研究にむけて」

『佛教論叢』29, 1985, pp.134-137

 

B15:「『雑阿含経』関係の梵文写本断片──『Turfan 出土梵文写本目録』第5巻をめぐって」

『佛教研究』15, 1985, pp.81-93

 

B16On the Formation of the Original Texts of the Chinese Āgamas,”

Buddhist Studies Review, Vol.3, No.1 (London, 1986), pp.19-30.

 

B17:「Abhidharmadīpa のトルファン出土梵文写本断片」 →[PDF]

『印度學佛教學研究』371, 1988, pp.414-420

 

B18:「初期仏教における業の消滅」

『日本佛教學會年報』54 (1989), pp.1-13(『仏道の体系』,平楽寺書店,1989年)

 

B19On the Annihilation of karman in Early Buddhism,”

Transactions of the International Conference of Orientalists in Japan, 34 (Tokyo, 1989), pp.43-55.

 

B20:「  罽賓──インド仏教の一中心地の所在」

『塚本啓祥教授還暦記念論文集:知の邂逅──仏教と科学』,佼正出版社,1993, pp.259-269

 

B21:「『尊婆須蜜菩薩所集論』所引の阿含の偈をめぐって──tathāgata の原意を中心に──」

『渡邊文麿博士追悼記念論集:原始仏教と大乗仏教』上巻, 永田文昌堂,1993, pp.255-269

 

B22:「『婆沙論』の梵文写本断片」 →[PDF]

『印度學仏教學研究』421, 1993, pp.490-495

 

B23:「罪業の消滅と prāyaścitta」 →[PDF]

『待兼山論叢』30(哲学篇), 1996, pp.1-12

 

B24Sanskrit Fragments from the *Saṃgītanipāta of the Sayuktāgama,”

 in: P. Kieffer- Pülz and J.-U. Hartmann (eds.), Bauddhavidyāsudhākaraḥ: Studies in Honour of Heinz Bechert on the Occasion of His 65th Birthday (Indica et Tibetica, 30), Swisttal-Odendorf (Germany) 1997, pp.90-106.

 

B25:「「根本説一切有部」と「説一切有部」」 →[PDF]

『印度學仏教學研究』471, 1998, pp.392-400

 

B26The Discovery of ‘the Oldest Buddhist Manuscripts’

 The Eastern Buddhists, 32/1 (2000), pp.157-166.

B:27:“ ‘Mūlasarvāstivādin’ and ‘Sarvāstivādin’ ”

in: Christine Chojnacki, Jens-Uwe Hartmann and Volker M. Tschannerl (eds.), Vividharatnakaraṇḍaka:Festgabe für Adelheid Mette (Indica et Tibetica, 37), Swisttal-Odendorf 2000, pp. 239-250.

 

B28:『雑阿含経』の訳出と原典の由来」

『仏教文化の基調と展開:石上善應教授古稀記念論文集』1, 山喜房佛書林, 2001, pp.31-41

 

B29:石井公成・榎本文雄「シンポジウム「インド学仏教学におけるコンピューター利用の現状と展望」」→[PDF]

『印度學仏教學研究』502, 2002, pp.755-759

 

B30:「ヘルンレ写本中の「雑阿含」断片をめぐって──『雑阿含経』,世親, 『倶舎論』真諦訳の位置──」

『櫻部建博士喜寿記念論集:初期仏教からアビダルマへ』,2002, pp.139-153

 

B31:「現存最古の仏教写本──大英図書館のカローシュティー樺皮巻物──」

『佛教大学総合研究所報』22 (2002), pp.26-29

 

B32The Extinction of Karman and Prāyaścitta,”

Buddhist and Indian Studies in Honour of Professor Sodo Mori, Hamamatsu 2002, pp.235-246.

 

B33:「「根本説一切有部」の登場」,

『神子上恵生教授頌寿記念論集:インド哲学佛教思想論集』,永田文昌堂, 2004, pp.651-677

 

B34:「仏教研究における漢訳仏典の有用性」 →[PDF] (ダウンロードできない場合はこちらから)

『中国宗教文献研究国際シンポジウム報告書』,京都大学人文科学研究所, 2004, pp.37-55

 

B35:「nibbuta/nivvuḍaについて」

『長崎法潤博士古稀記念論集:仏教とジャイナ教』, 平楽寺書店, 2005, pp.553-560

 

B36:「佛教研究における漢譯佛典の有用性」

『中國宗教文献研究』,臨川書店, 2007, pp.59-82

 

B37Research Trend on Funerals and Tombs in Indian Buddhism,”

Atsushi Egawa (ed.) Comparative History of the Civilizations Concerning Funerals and Commemoration of the Dead : Relatives, Neighboring Societies and States, Osaka 2007, pp.192-203 (科学研究費報告書)

 

B38:「インド仏教における葬儀と墳墓に関する研究動向」,

江川温()『死者の葬送と記念に関する比較文明史 : 親族・近隣社会・国家』,大阪大学, 2007, pp.160-169 (科学研究費報告書)

 

B39:「輪廻思想と初期仏教」

『インド世界への憧れ~仏教文化の原郷を求めて~』(シルクロード・奈良国際シンポジウム記録集、9, なら・シルクロード博記念国際交流財団, 2008, pp.5-13

 

B40:「生老病死」

『那賀医師会報』350 (2008), pp.5-7

 

B41“Fundamental Terms of Early Buddhism: Problems in Translation,”

Transactions of the International Conference of Eastern Studies, 53 (Tokyo, 2008), pp.98f.

 

B42:「「四聖諦」の原意とインド仏教における「聖」」

『印度哲学仏教学』24 (2009), pp.336-354

 

B43:「初期仏教における涅槃――無我説と関連して――」,『佛教研究』, 40 (2012), pp.149-160

 

B44:「devarājaについて」,

肥塚隆()『南アジアおよび東南アジアにおけるデーヴァラージャ信仰とその造形に関する基礎的研究』, 大阪大学,  2013, pp.7-11 (科学研究費報告書)

B45: “Some Questions Concerning the Translation of Early Indian Buddhist Texts into Modern Japanese,”

Transactions of the International Conference of Eastern Studies, 59 (Tokyo, 2014), pp.76-78.

C その他(原典校訂出版・訳注の部分担当,書評, 編集など)

 

C1Sanskrithandschriften aus den Turfanfunden, 6 (Verzeichnis der Orientalischen Handschriften in Deutschland, X,6),

ed. K.Wille and H.Bechert, Stuttgart 1989, pp.19-36, 114-117, 173, 198-200, 215-217.

 

C2Sanskrithandschriften aus den Turfanfunden, 7 (Verzeichnis der Orientalischen Handschriften in Deutschland, X,7),

ed. K.Wille and H.Bechert, Stuttgart 1995, pp.58f., 72f.

 

C3:桑山正進()『慧超往五天竺國傳研究』,

京都大学人文科学研究所,1992, pp.56, 62, 86f.

 

C4:書評: Sanskrit-Wörterbuch der buddhistischen Texte aus den Turfan-Funden und der kanonischen Literatur der Sarvāstivāda-Schule

(Sanskrit Dictionary of the Buddhist Texts from the Turfan Finds and of the Canonical Literature of the Sarvāstivāda School), Band 1: Vokale, begonnen von Ernst Waldschmidt, herausgegeben von Heinz Bechert, bearbeitet von Georg von Simson, Michael Schmidt, Jens-Uwe Hartmann und Siglinde Dietz, Göttingen 1994, in: Oriens, 35 (Leiden, 1996), pp.314-317.

 

C5:編集:『パーリ学仏教文化学 26:前田惠學先生追悼論集』,

パーリ学仏教文化学会, 2012

 

C6:セッションコメント:「セッションNo. 1の発表に対するコメント」,

『日本佛教学会年報』78 (2013), pp. 215-220.