パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 文学研究科 / 学位 / 博士学位論文一覧 / 博士号(課程)取得者一覧(2005年度)

博士号(課程)取得者一覧(2005年度)

論文題目氏名学位授与通知年月
1 感性と造形表現?その発達のメカニズムー 梅澤啓一 2005.6
2 フィクションとしての歴史ーウォルター・スコットの語りの技法ー 米本弘一 2005.8
3 室町幕府の宗教政策に関する基礎の研究 大田壮一郎 2005.9
4 Misleading Look: Representations of Gender in Nathaniel Hawthorne's Texts 小久保潤子 2005.9
5 日本語の「逆接」の接続助詞とその周辺ー理論と記述の接点をめぐってー 衣畑智秀 2005.9
6 日本書紀の用字の研究 朴 美賢 2005.9
7 韓国における接客言語行動の社会言語学的研究 金美貞 2005.9
8 ブレヒト劇における母たち 三上雅子 2005.10
9 外来語の社会言語学的研究 陣内正敬 2005.11
10 桃の民俗誌 王秀文 2005.12
11 日本語形容詞の記述的研究ー類型論的視点からー 吉村裕美 2005.12
12 英語否定文の統語論研究 西岡宣明 2006.2
13 一人称単数と世界内の人物 木村健 2006.3
14 転調する身体ー中枢神経系の障害を持った人に対する理学療法を考え直すー 玉地雅浩 2006.3
15 The Impossibility of Reaching a Social and Moral Consensus on Euthanasia and Physician-Assisted Suicide and the Search for Alternatives SLAVIANSKA, LYUDMILA 2006.3
16 身体とケアの看護現象ーケアの〈あいだ〉に見えること・見えないことー 渡邉美千代 2006.3
17 こども学から〈こどもの哲学〉へメルロ=ポンティ、デューイとともに 高橋綾 2006.3
18 カント批判哲学におけるカテゴリー論の研究 森芳周 2006.3
19 章學誠の思想構造 黒田秀教 2006.3
20 懐徳堂と中井履軒ー「徳」解釈を中心にー 池田光子 2006.3
21 近世ベトナム鄭氏政権の成立と展開 蓮田隆志 2006.3
22 清末の「差委」のシステムと「洋務人材」の登用ー福建船政局の事例を中心にー 糸山大樹 2006.3
23 公共食堂・託児組織の運営からみた中国農村人民公社ー黒竜江省の大躍進期を中心にー 横山政子 2006.3
24 イギリス女子教育のフェミニズムと植民地の意味 堀内真由美 2006.3
25 菅原道真詩文研究ー継承と独創ー 高 兵兵 2006.3
26 志賀直哉初期<戦犯>作品研究 黄 如萍 2006.3
27 平安時代漢詩文における中国文学受容の研究 于 永梅 2006.3
28 中世仏教圏に於ける言説の形成と展開に関する研究 中山一麿 2006.3
29 室町物語とその宗教環境の研究 箕浦尚美 2006.3
30 文学者が「映画」を語る時ー日本近代文学における「映画」受容の諸相ー 寺内伸介 2006.3
31 近代日本語書記における片仮名の研究 深澤愛 2006.3
32 特殊モーラ習得課程の研究 嵐洋子 2006.3
33 Expression in Japanese Culture: an Inquiry into the Phenomenon of Image-Laden Loci Observed in Language, Music and Poetry ZHIVKOVA, STELLA 2006.3
34 清末民国初江南における文人琵琶楽の成立と展開 橘田勳 2006.3
35 対抗宗教改革期のヴァラッロのサクロ・モンテ礼拝堂内部 大野陽子 2006.3
36 弥生大形農耕集落の研究 秋山浩三 2006.3
37 飲酒/禁酒の物語学ーアメリカ文学とアルコールー 森岡裕一 2006.3
38 小林秀雄論〈孤独〉から〈無私〉へ 細谷博 2006.3
39 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒー視覚と構成の風景画ー 仲間裕子 2006.3
40 遊戯する生への変容ーニーチの場合と良寛の場合ー 圓増治之 2006.3
41 Feature Relations in Natural Language Syntax 円増治之 2006.3