パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 文学研究科 / 学位 / 博士学位論文一覧 / 博士号(課程)取得者一覧(2009年度)

博士号(課程)取得者一覧(2009年度)

論文題目氏名学位授与通知年月
1 古墳時代の馬具生産 田中由理 2009.9
2 The Rhetoric of Retelling Old Romances: Medievalist Poetry by Alfred Tennyson and William Morris (騎士道ロマンス再話にみる修辞法―アルフレッド・テニスン、ウィリアム・モリスの中世主義詩―) 関良子 2009.9
3 Poetics of Dislocation: Dylan Thomas as a Marginal Man (逸脱の詩学―マージナルマンとしてのディラン・トマス―) 仲渡一美 2009.9
4 Invisible Threat: Male-Male Conflicts, Blood Relations, and Family against Nation in Sam Shepard's Plays (見えざる恐怖:サム・シェパード劇における男の闘い、血縁、家族から国家へ) 森本道孝 2009.9
5 名詞・動詞の被覆形・露出形の研究 蜂矢真弓 2009.9
6 新聞コーパスを用いた単語の「社会的コノテーション」についての研究 KANG, KYUNG HWAN 2009.9
7 20世紀後半の新聞語彙における外来語の基本語化 KIM, ERAN 2009.9
8 現代日本語における接続助辞ガ・ケレドモの意味・機能と使用実態 齊藤美穂 2009.9
9 視覚コミュニケーション論研究モホリ=ナギ/ケペッシュの視覚言語論を中心に― 金相美 2009.9
10 自己陶冶と公的討論―J.S.ミルの市民社会論の射程― 樫本直樹 2010.3
11 悶え神の政治学―大震災以後の神戸が語る戦争と越境― 川越道子 2010.3
12 現代医療のエスノグラフィー―医療・文化をめぐる関係性― 中本剛二 2010.3
13 淀川筋綱引役の研究―近世畿内近国支配における幕府・個別領主・村の位相をめぐって― 飯沼雅行 2010.3
14 8~10世紀における三十姓タタル=室韋史研究―モンゴル民族勃興前史として― 白玉冬 2010.3
15 イギリス帝国における世界大戦の記憶とナショナリズムの比較研究 津田博司 2010.3
16 近代イギリスにおける官僚制度改革とメリトクラシーの浸透 水田大紀 2010.3
17 中世後期の狩猟と狩猟術の書 頼順子 2010.3
18 樋口一葉後期作品の研究―既婚女性を主人公とした作品を中心に― 水野亜紀子 2010.3
19 西鶴浮世草子における教訓性の考察 浜田泰彦 2010.3
20 交差するソウルと東京―1920・30年代における横光利一と朴泰遠の比較― 姜泰英 2010.3
21 日本近代文学におけるアイルランド文学受容―芥川龍之介・菊池寛・西條八十・伊藤整― 鈴木暁世 2010.3
22 元雑劇研究 陳文輝 2010.3
23 Breaking the "Bourne": Literary Development and Achievement of Jane Austen, Charlotte Brontë, and George Eliot 馬渕恵里 2010.3
24 In Pursuit of the Author's Voice in Narrative Space: A Study of Hardy's Major Novels 麻畠徳子 2010.3
25 The Quest for the Abyssinian Source: The Romantic Myth of Hieroglyphic Representation in William Wordsworth and P. B. Shelley 池田景子 2010.3
26 Pragmatism and Language in S. T. Coleridge 中村仁紀 2010.3
27 Crossing the Border between Romance and Realism: A Study of Maugham, Stevenson and Charlotte Brontë 乙黒麻記子 2010.3
28 日本語指示詞の歴史的変化について 藤本真理子 2010.3
29 日本漢字音における例外的字音の処理の問題 鳩野恵介 2010.3
30 並列表現形式の史的展開―その体系的把握を目指して― 岩田美穂 2010.3
31 日本書紀古訓の研究 金紋敬 2010.3
32 日本に定住する中国人はなぜ地域の日本語教室をやめるのか 周萍 2010.3
33 マルチメディア・コーパスを用いた表現行動の計量的研究 孫栄奭 2010.3
34 中国人就学生の学習動機の変遷に関する理論と日本語学習の実態 中井好男 2010.3
35 映画監督・三隅研次が描く女たち 吉田馨 2010.3
36 近代における人形浄瑠璃の表現に関する研究―作品論、上演史、奏演法の視点から― 多田英俊 2010.3
37 フレスコバルディの鍵盤トッカータ―作曲された即興演奏というパラドックス― 大岩みどり 2010.3
38 近代日本における新民謡の成立―音楽・詩・活動のあり方からの考察 齋藤桂 2010.3
39 知的障害のある青年達の音楽行為―曲づくり・歌づくりの事例分析による― 下出美智子 2010.3
40 国際化する狂言―狂言台本翻訳の歴史をめぐって― HYBL, ONDREJ 2010.3
41 韓国における讃美歌の社会的位置付けについて 鄭守暎 2010.3
42 南京における合唱音楽の発展 沈金雲 2010.3
43 近代日本におけるアマチュア合唱―受容から運動へ― 山口篤子 2010.3
44 村山知義研究―劇場の中の革命― 正木喜勝 2010.3
45 レオシュ・ヤナーチェクのモラヴィア民謡研究における用語体系の成立と変容―ナショナリズムとの関わりの中で― 中村真 2010.3