パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学部・大学院 / 学部専修紹介 / 西洋史学

西洋史学

西洋史学は地理的な範囲を説明するのが難しい分野です。ヨーロッパ文明の歴史がその中心的な構成要素であることは異論がないとしても、そのヨーロッパ文明は先行するオリエント、地中海世界の文明から深い刻印を受けています。また、16世紀以降、ヨーロッパ人が南北アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアなど世界の至る所に進出して、それらの地域にヨーロッパ文明を移植し、あるいはそれらの地域の伝統文明に多大の影響を及ぼしたことはよく知られているとおりです。本専修ではこうした地球規模での西洋文明の歴史を研究領域とし、きわめて多様なテーマについて教育と研究を行っています。個別の問題について実証的に研究しながら、それらを世界的視野の中で考察することができる専修であるといえましょう。学生諸君には、世界の歴史に対する旺盛な知識欲と、それを満たすことを可能にする語学力を求めます。

教員紹介

教授 秋田茂 教授 藤川隆男 教授 中野耕太郎 教授 栗原麻子

教授 秋田茂

あきた しげる
グローバルヒストリー・世界史/イギリス帝国史・経済史
近世以降現代までの新たな世界史を、帝国の形成・発展・解体を軸に、経済史の観点から構築する。
メッセージ
 21世紀の世界で活躍される若い皆さんと共に、大阪をベースに、新しい世界史、グローバルヒストリーを考ていきたいと思います。阪大歴史系は、世界史システム論、中央ユーラシア史、海域アジア史で世界的な業績を積み重ね現在最も注目されています。オクスフォードやライデン等6大学による国際共同研究も始まります。国際的ネットワークを通じて、大阪・アジアから、西洋中心史観にとらわれない新たな世界史像を、実証的に構築していくことが当面の目標です。

2017年 8月更新

教授 藤川隆男

ふじかわ たかお
西洋史学
オーストラリア史/白人性の歴史/移民史/女性史など。                   
メッセージ
 オーストラリア先住民の悪霊であり、児童文学のキャラクターでもある『妖獣バニヤップの歴史』を出版しました。バニヤップは、半分鳥で半分ワニのような、オーストラリアの湖沼に棲む悪霊で、近づく人間を食い殺すと恐れられていました。しかし、いつのまにか入植者の児童文学のやさしいキャラに変身します。先住民から入植者に受け継がれた数少ない文化伝播の事例として、バニヤップの社会史を、日本の妖怪との比較をまじえながら歴史的に検討しています。

2017年 8月更新

教授 中野耕太郎

なかの こうたろう
アメリカ現代史
アメリカ国民国家の形成過程の研究。                   
メッセージ
 歴史学は問題発見の学問だと思います。過去を学び、過去を知ることは、今現在、私達が生きている社会の性格を知り、埋もれて見えにくいさまざまな課題に気付くこととも直結しています。若い世代の皆さんと刺激しあいながら、過去を語り、現在を考えたいと思います。

2017年 8月更新

教授 栗原麻子

くりはら あさこ
古代ギリシア社会史
法廷弁論を主史料とする、前4世紀アテナイの社会的結合関係の研究。             
メッセージ
 古代ギリシア史の研究蓄積の中で、特にアテナイ史にはどのテーマにも19世紀以来の研究史があります。でも、手あかにまみれた史料から、 新しい時代像を導き出すこともできるのです。歴史学は、事実発掘だけでなく問題発掘的な側面を併せ持っているからです。アッティカ法廷弁論は、そのような、再発見されるべき史料の一つであり、市民たちの日常的な人的紐帯のありかたは、 そのような、発掘された問題の一つです。古代との対話は、思いがけぬ自己発見にもつながります。

2017年 8月更新

学部専修紹介一覧に戻る