パーソナルツール

国際ワークショップ

2017年03月07日
  • 研究
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ

冷戦経験の同時代史
─ トランスパシフィックな想像力を読みなおす ─

※1日目と2日目で開場が異なりますので、お間違えのないよう、ご注意ください。
※当日直接ご参加いただいてもかまいませんが、なるべく事前に参加申込をお願いいたします。
  以下のアドレス宛に、お名前・ご所属・参加日をお知らせください。
  gjsc.osaka[AT]gmail.com ([AT]を半角の@に置き換えてください)

2017年3月11日(土) 13:00~17:00
大阪大学中之島センター5階 502講義室

Enemies into Friends:
Popular Front and Red Fascism in Cold War Arts and Literature

アン・シェリフ(オバーリン大学)

Thinking through Occupied Okinawa:
The Challenge of Afro-Asian Solidarity, Then and Now

大西雄一郎(ミネソタ大学)

2017年3月12日(日) 13:00~16:30
ブリーゼプラザ8階 803・804号室

冷戦とは何だったのか:
想像上の現実,ひとびとの日常戦争,社会的装置

益田肇(シンガポール国立大学)

冷戦下日本の経験を開く:
『「サークルの時代」を読む』を手がかりとして

宇野田尚哉(大阪大学)

gjsc_20170311.12flyer_a gjsc_20170311.12flyer_b
チラシPDFはこちら

項目 内容
日時 2017年03月11日 2017年03月12日
会場 大阪大学中之島センター
連絡先 グローバル日本研究クラスター代表 宇野田尚哉
連絡先Eメール unoda[at]let.osaka-u.ac.jp
*[at]を半角の@(アットマーク)に置き換えてください
主催 大阪大学大学院文学研究科グローバル日本研究クラスター