パーソナルツール

釜芸in阪大

2018年04月06日
  • キャンパス
  • 在学生の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ

釜芸in阪大
ほんまもんの大学で釜芸がしっちゃかめっちゃか

  • 日 時:2018年4月13日(金) 14:40~16:10
  • 場 所:全学教育総合棟Ⅰ 1階 カルチエ・ミュルチラング
  • 対 象:本学学生、一般
  • 定 員:30名程度  ※入場無料・事前申込不要
  • 主催:大阪大学COデザインセンター
  • 共催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)、大阪大学大学院文学研究科

阪大生と釜芸生の、春の出会いがしらに!!!

 「釜ヶ崎芸術大学」、略して「釜芸」は、大阪市西成区の通称釜ヶ崎で開かれている、学びと表現の場です。
 釜ヶ崎は、かつて日雇労働者の町として知られ、現在は単身の高齢者が多く居住する地域ですが、周辺地域の再開発とともに急速にその姿を変えつつあります。
 「釜芸」は、釜ヶ崎に暮らすひとびとの生きがいづくりの場として、また地域外から訪れる人がこの町から学ぶための場として、「学びたい人が集まれば、そこが大学になる」をモットーに2012年に始まり、これまで詩・哲学・音楽など数多くの講座が開講されてきました。最近では、受講生が講座の運営や講師をつとめるなど「学びあい」が深まっていくとともに、高齢化と町の変容のため、地域の記憶を記録する場所としての意義も増しています。今回の「釜芸in阪大」では、初の試みとして、実際の(?)大学で釜芸の出張講座を開いていただき、ふだんの釜芸の参加者にもお越しいただきます。釜のおじさんと阪大生との出会いはいったいどんな化学反応を引き起こすのでしょうか。

講師
・上田假奈代(NPO法人こえとことばとこころの部屋)
・釜ヶ崎芸術大学の参加者

20180413_kamahan.jpg

※ この講座はコミュニケーションデザイン科目「協働術H」、文学研究科・文学部科目「美学・芸術学講義」の説明会(第1回授業)を兼ねていますが、どなたでもご参加いただけます。

項目 内容
日時 2018年04月13日
URL http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/co/2018/000408.php
連絡先 田中 均(大阪大学准教授)
連絡先Eメール h_tanaka[at]let.osaka-u.ac.jp
*[at]を半角の@(アットマーク)に置き換えてください