パーソナルツール

現在位置: ホーム / 研究・社会連携 / 社会連携 / 学会・シンポジウム / 日本歴史言語学会 2017年春季公開シンポジウム 「ソシュールと歴史言語学」

日本歴史言語学会 2017年春季公開シンポジウム 「ソシュールと歴史言語学」

2017年02月10日
  • 研究

    日本歴史言語学会
    2017年春季公開シンポジウム

    • 日  時:2017年3月19日(日) 13:00~17:00
    • 会  場:研究社英語センター 地下2階 大会議室(JR、地下鉄 飯田橋駅より徒歩3分)

                        〒162–0825 東京都新宿区神楽坂1–2

    • 参 加 費:無料

    ソシュールと歴史言語学

     言語の研究にかかわるあらゆる人にとって、フェルディナン・ド・ソシュールの名は特別の響きを帯びています。このたび、日本歴史言語学会が新たに春季公開シンポジウムを開催するにあたり、まずはソシュールを取り上げることになりました。
     ソシュールは、歴史的研究一辺倒だった20世紀初頭までの言語学を、『一般言語学講義』 によって記述的な方向に導いたのだ。 ソシュールこそ現代の言語学の祖である。そんな認識を持つ方も多いことでしょう。しかし、『講義』では記述(ないし共時)的な研究ばかりでなく、歴史(ないし通時)的な研究も同様に詳しく取り扱われています。実際、ソシュールは極めて先端的な歴史言語学の専門家だったのです。
     実のところ、ソシュールの研究の全貌をつかむことは容易なことではありません。今回のシンポジウムは、ソシュールの業績の真髄と、その後の進展について詳 しく知るためのまたとない機会です。歴史言語学の復権が徐々に進む今日、現代言語学の祖ソシュールが歴史言語学に残した足跡を正しく把握することは、各方 面の研究のために欠くべからざる基礎となることでしょう。どうぞふるってご参加ください。

    プログラム詳細はコチラ

    ポスターPDFはこちら 2017JSHL_spring_forum_poster

    項目 内容
    日時 2017年03月19日
    URL http://www.jp-histling.com/Pages/default.aspx