パーソナルツール

現在位置: ホーム / 研究・社会連携 / 社会連携 / 学会・シンポジウム / 日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー 第2回公開セミナー

日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー 第2回公開セミナー

2017年12月18日
  • 研究
  • 文学部・文学研究科をめざす方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生・修了生の方へ
  • 企業・一般の方へ
  • 教職員の方へ
  • 留学生の方へ

東南アジア哲学の可能性

  • 日 時 : 2017年12月22日(金) 14:40~17:30
  • 場 所 : 大阪大学文学研究科 文法経本館 中庭会議室
プログラム
イントロダクション 望月太郎(大阪大学大学院文学研究科現代思想文化学)
Japan-ASEAN Global Philosophical Research Exchange Laboratory
報告 1.出口康夫(京都大学大学院文学研究科哲学講座)
“Self, Others, Body and Environment: From an East Asian Perspective”

2.カセム・ペンピナント(チュラーロンコーン大学文学部哲学科)
"Beyond Regionalism: Crossing Boundary and the Possibility of Southeast
Asian Philosophy"

3.望月太郎
“A Common Question Among Southeast Asian Philosophies: How do we
philosophically approach corruption?”
パネルディスカッション 出口康夫、カセム・ペンピナント、望月太郎

◆ 使用言語は英語です。

公開セミナーのチラシ(PDF)はこちら

Possibility of AEAsian Philosophy III_p1.jpgPossibility of AEAsian Philosophy III_p2.jpg

 



項目 内容
日時 2017年12月22日
連絡先 日本~ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー(文学研究科 哲学講座 現代思想文化学 望月太郎)
連絡先Eメール taromoch[at]let.osaka-u.ac.jp
*[at]を半角の@(アットマーク)に置き換えてください