パーソナルツール

現在位置: ホーム / 研究・社会連携 / 社会連携 / マスコミ取材(テレビ・新聞・雑誌 等) / 過去のマスコミ取材(~2012年度)

過去のマスコミ取材(~2012年度)

湯浅邦弘教授
産経新聞文化欄に「しつらえから学ぶ儒教の精神、懐徳堂の空間」と題して、2012年10月に中国湖南省長沙岳麓書院で開催された朱子学国際学会での講演「儒教空間としての懐徳堂」に関する論評が掲載された。
(2012年12月13日)
湯浅邦弘教授
毎日新聞社刊行「マチゴト」の中で、「☆阪大の先生⑭湯浅邦弘さん「今に通じる中国古典」」と題して、古代中国思想史と懐徳堂を中心とする研究内容などが紹介された。
(2012年11月8日)
湯浅邦弘教授
日本経済新聞書評欄で、中嶋隆博『悪の哲学』に対する書評が、「古代中国の思想家の言説を読む」というタイトルで掲載された。
(2012年7月8日)
金水敏教授
朝日新聞夕刊1面連載のニッポン人脈記「日本語の海へ」15、「ワシとは言わんのジャ」の中で、役割語研究の第一人者として、そのプロフィールが紹介された。
(2012年6月13日)
川合康教授
神戸新聞に「義経は鵯越通らず」と題して、兵庫県加西市で行った講演内容が紹介された。
(2012年6月10日)
懐徳堂研究センター、湯浅邦弘教授
懐徳堂研究センターが制作して公開を始めた版木のデジタルコンテンツが、読売新聞文化欄で、「懐徳堂版木デジタル再生」「凹凸読み取りデータ変換」の見出しで紹介され、センター長湯浅邦弘教授のコメントが掲載された。
(2012年6月7日)
湯浅邦弘教授
産経新聞文化欄で、『論語』の現代的意義に関する論評が、「古代中国の就活マニュアル」というタイトルで掲載された。
(2012年5月15日)
湯浅邦弘教授
日本経済新聞書評欄で著書『論語』(中公新書)が「美しい言葉に混じった「異音」」というタイトルで紹介された(評者:加藤徹)。
(2012年5月6日)
金水敏教授
『日本人の知らない日本語3』(メディアファクトリー)の中で、「役割語の謎」と題して、マンガで「役割語」の内容を4頁にわたって紹介した。
(2012年3月9日刊行)
上野修教授
朝日新聞書評欄「スピノザが来た 鈴木繁が選ぶ本」と題する記事の中で、著書『スピノザの世界』が紹介された。
(2012年1月29日)
金水敏教授
毎日新聞朝刊に、「おおさか発・プラスアルファ トーク&トーク 聞きたい 大阪大学教授 金水敏さん」というタイトルで、地元商店街と組み、学生映画祭を「社会」問う契機にしたいとする、イシバシ・ハンダイ映画祭についてのコメントが紹介された。
(2011年12月6日)
中久保辰夫助教
ガスエネルギー新聞第2496号文化面に、「おいしいごはんの考古学 炊飯のルーツは弥生土器!」と題して、大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」講座での実習風景が掲載された。
(2011年12月1日)
平雅行教授
朝日新聞(東京版)に、「紙上採録フォーラム「法然上人行状絵図の魅力とその時代」」と題して、フォーラムでの講演内容の紹介記事が掲載された。
(2011年11月25日)
平雅行教授
毎日新聞「心」のページに、「感受性の人親鸞」と題して、新著についてのインタビュー記事が掲載された。
(2011年10月30日)
飯倉洋一教授
産経新聞に、「韓国で進む日本文学研究」と題して、初の海外開催となった日本近世文学会高麗大大会におけるシンポジウムの報告記事が掲載された。
(2011年10月20日)
橋本順光准教授
Kyodo News(韓国語版)に、「浅川巧学術会議開催」と題して、浅川と一緒に写っていたインド人がグルチャラン・シンという有名な陶芸家であり、浅川を通して韓国の陶磁器に影響を受けたという発表内容が紹介された。
(2011年10月14日)
湯浅邦弘教授
読売新聞夕刊文化欄の連載「ガラパゴスの卵」で、大阪の知的風土の形成に大きな影響を与えた懐徳堂が取り上げられ、その解説が「豊かな発想生む「自由」」と題して掲載された。
(2011年10月11日)
堂山英次郎講師
株式会社自然総研(池田泉州銀行グループ)発行の『TOYRO BUISINESS
(トイロビジネス)』2011年9月号, vol.151(特集:インドを知る)の巻頭言(No.129)として、「ことばに宿る実現力」と題するエッセーが掲載された。
(2011年9月)
武田佐知子教授
東京新聞フォーラム「よみがえる古代の大和 卑弥呼の実像」のシンポジウム要旨が、東京新聞に掲載された。
(2011年9月12日)
武田佐知子教授
新風書房刊 『ちょっといい話 -ABCラジオ 各界名士によるこころ洗われる
91話-』<第10集>に、「記憶力」「古代のゆかた」が収載された。
(2011年8月)
武田佐知子教授
読売新聞東京本社版夕刊連載の「はじまり考」の、浴衣を特集した記事に、
自説が引用された。
(2011年7月19日)
山田高誌助教
日本経済新聞に、「銀行記録 オペラ史の宝庫」というタイトルで、イタリア留学中のナポリ銀行歴史文書館での自身の研究活動を紹介しつつ、音楽史研究の新たなアプローチ方法を提示した記事が掲載された。
(2011年6月15日)
平雅行教授
毎日新聞夕刊に「鎌倉仏教の2巨人と現代」と題して、自己責任論からの脱却について論じた記事が掲載された。
(2011年5月19日)
平雅行教授
朝日新聞夕刊に「「時代を生きる―法然・親鸞と今」 鎌倉仏教 解釈の矛盾」が掲載された。
(2011年4月4日)
岡田禎之教授
Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2009-2010において、論文“Comparative Standards and the Feasibilityof Conceptual Expansion”が10 Selected Papersに選ばれた。
(2011年3月)
平雅行教授
朝日新聞に「「法然・親鸞と今」 眠り許されぬ戦死者」が掲載された。
(2011年2月28日)
平雅行教授
朝日新聞に「「親鸞展」 信心の道ひたすらに」が掲載された。
(2011年2月10日)
平雅行教授
朝日新聞に「「法然・親鸞と今」 東国仏教激変続いた」が掲載された。
(2011年1月31日)
湯浅邦弘教授
NHK教育テレビでTVシンポジウム「21世紀の学び・大阪懐徳堂の精神」と題して、2010年11月27日に行われた懐徳堂記念会創立100周年事業シンポジウムの模様が全国放映された。
パネルディスカッションの出演者は、堺屋太一、鷲田清一、津田和明、コシノヒロコの各氏、司会は森西真弓氏、コメンテーターは湯浅邦弘文学研究科教授。
(2011年1月29日)
武田佐知子教授
読売新聞の立命館大講座「日本文化の奔流」に関する連載記事で、「古代の衣服と社会」と題して行った講義の内容が紹介された。
(2011年1月13日)
武田佐知子教授
朝日新聞 西部本社版に「おしえて邪馬台国――卑弥呼の服装謎多き――」と題して中国風の「男装の麗人」説をとる私見が紹介された。
(2010年11月9日)
武田佐知子教授
倉敷ケーブルテレビにて、総社市総合文化センターで開催された「シンポジウム」が生中継で放映された。(2010年11月3日)
武田佐知子教授
日刊熊野新聞 VOICE graph No.103に、「熊野には、何度来てもまた来たくなる何かがあります」と題して、熊野講演の同行取材記事が掲載された。
(2010年10月27日)
武田佐知子教授
和歌山放送の「ふるさと直送便 一遍と熊野詣」に出演、熊野の歴史と魅力についてインタビュー取材を受けた。(2010年10月18日)
武田佐知子教授
学士会報『U7』Vol.034に、「武田研究室探訪」と題して、インタビュー記事が掲載された。(2010年10月)
福永伸哉教授 考古学研究室
考 古学研究室が宝塚市教育委員会と共同で実施した同市長尾山古墳の発掘調査において、市民向け公開説明会を開催し、約2100名もの参加を得た。 この様子が「長尾山古墳発掘調査現地説明会開催」と題して、朝日新聞・神戸新聞をはじめ、各紙に掲載された。(2010年10月17日)
福永伸哉教授 考古学研究室
考 古学研究室が宝塚市教育委員会と共同で実施した同市長尾山古墳(4世紀)の発掘調査において、長大な棺を粘土でくるんだ長さ7mの粘土槨(ねんどかく)と 呼ばれる埋葬施設を発見。その全国で十指にはいる大きさと稀有な遺存状況から、古墳時代の有力豪族の埋葬方式を解明できる重要な発見として、朝日新聞(朝 刊1面)のほか、TV(NHK・毎日放送・朝日放送ほか)、新聞各紙(毎日・読売・産経・神戸・共同通信ほか)で報道された。
(2010年10月13日)
森安孝夫教授 桃木至朗教授
「生きた「歴史」 学生は目輝く」と題して、8月に3日間連続で開催された大阪大学歴史教育研究会の大会の記事が、共同通信社より配信され、福井新聞をはじめ多くの地方紙に掲載された。(2010年9月28日)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる」 裏切りありえぬはずが」が掲載された。
(2010年9月27日)
金水敏教授
OCT WAVE Vol. 22に「OSAKA TOURISM 新たな観光魅力の確立へ PART 2」と題して、大阪旋風プロジェクトで大学と社会をつなぎ、大阪の「新しい魅力」と「懐の深さ」を発信していきたい、という内容の記事が掲載された。(2010年9月)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる」 揺れる心こそ慈悲の姿」が掲載された。
(2010年8月30日)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる」 流罪でも心は折れず」が掲載された。
(2010年7月26日)
湯浅邦弘教授
産経新聞に「「漢字」で記された古典の力 「温故知新」未来に光」という
タイトルで、東アジア文化圏の共通言語として「漢字」を再評価し、また、
その漢字によって記された中国古典の魅力について論じる内容の記事が
掲載された。(2010年7月24日(夕刊))
武田佐知子教授
『語り合うにっぽんの知恵』(高田公理編 創元社)の「第5章 日本の感性と風俗」に、「和服――使い回し可能、ジェンダーフリーの民族衣装」と題して、市田ひろみ・高田公理との鼎談が掲載された。
(2010年7月20日刊)
金水敏教授
タッキー816みのおエフエムにて、「まちのラジオ「大阪大学社学連携」~CSCD編~」と題して、「イシバシ・ハンダイ映画祭」を中心とした、学生インターンシップによる社学連携活動を紹介した。(2010年7月8日)
飯倉洋一教授
京都新聞に「畸人秋成の世界13」が掲載された。(2010年6月30日)
飯倉洋一教授
京都新聞に「上田秋成しのび法要」というタイトルの記事が掲載された。
(2010年6月28日)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる3」 みんな愚か、弾圧の的」が掲載された。(2010年6月28日)
金水敏教授
産経新聞に「大阪はなぜ笑う 第1部 1」と題する記事が掲載された。
その内容は「なぜ、大阪は笑いの都となったのか。ナニワの花の、
今とその源を探る」。(2010年6月16日(関西版・朝刊))
飯倉洋一教授
京都新聞に「畸人秋成の世界11」が掲載された。(2010年6月16日)
飯倉洋一教授
京都新聞に「畸人秋成の世界9」が掲載された。(2010年6月2日)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる2」 罪犯すゆえ救われる」が掲載された。
(2010年5月31日)
武田佐知子教授
朝日新聞に、「写真に託す日本人の証し」と題して、一枚の写真の衣服の鑑定から日本人であることを証明するという内容の記事が掲載された。
(2010年5月22日)
平雅行教授
朝日新聞に「デジタル化、弾む研究」というタイトルで、法然上人行状絵図の
研究会についての記事が掲載された。(2010年5月17日)
平雅行教授
朝日新聞に「「時代を生きる1」 中世にもガチンコ討論」が掲載された。
(2010年4月26日)
武田佐知子教授
朝日新聞社の主催で開催された、纏向遺跡の重要性を考えるシンポジウム「卑弥呼はどこに?邪馬台国と纏向遺跡」にパネリスト出演。その報告記事が朝日新聞に掲載された。(2010年3月25日)
武田佐知子教授
ABC朝日放送ラジオ「ちょっといい話」に出演。「記憶力(映像記憶)」についてインタビューを受けた。(2010年3月21日)
武田佐知子教授
高知新聞に「道後温泉で「女帝気分」」と題して、「飛鳥時代の入浴着復元」についての記事が掲載された。(2010年3月16日(夕刊))
武田佐知子教授
日本繊維新聞に「道後温泉「女帝の湯」プロジェクト」というタイトルで、古代の「湯帳」の復元についての記事が掲載された。(2010年3月8日)
武田佐知子教授
NHK教育テレビの「日めくり万葉集」に出演。「わが心の万葉集についての語り」と題するコメントを発表した。(2010年2月28日)
出原隆俊教授
読売新聞の「間奏曲」欄に「漱石が鴎外を借用した」というタイトルの記事が掲載された。(2010年2月25日)
武田佐知子教授
朝日新聞に、「湯加減うるわし まほろば浴衣」というタイトルで「道後温泉 貴人の「湯帳」復元」についての記事が掲載された。(2010年2月16日)
武田佐知子教授
読売新聞に、「道後温泉「女帝の湯」計画、気分は「飛鳥」」というタイトルで「湯帳で入浴、正倉院資料を基にアレンジ」についての記事が掲載された。(2010年2月1日)
武田佐知子教授
ABC朝日放送ラジオの 「ちょっといい話」に出演。古代の「浴衣」についてインタビューを受けた。(2010年1月31日)
金水敏教授
産経新聞に「京都国際マンガミュージアム発」というタイトルで「マンガカフェ 今後も期待」という内容の記事が掲載された。(2009年12月22日)
加藤洋介准教授
産経新聞に「期待される定家本の再検討」というタイトルの寄稿記事が掲載された。(2008年11月24日)
村田路人教授
eo光テレビの「歴史ろまん紀行 緒方洪庵 大阪の蘭学者」に出演。2008年7月11日に取材を受け、大阪北浜の適塾で、適塾および緒方洪庵についての説明を行うとともに、洪庵の日記など、当時の史料も解説した。
(2008年8月1日よりインターネット配信)
金水敏教授
産経新聞に「こんにちは研究室(大阪大学)」が掲載。「役割語」研究についての取材内容が紹介された。(2008年9月18日)
金水敏教授
朝日新聞に掲載された「阪大が学生合宿講座」という記事の中で、「市民社会におけるリーダシップ養成支援」への参加が紹介された。(2008年9月22日)
金水敏教授
産経新聞に、「どう変わった?日本語の文法」というタイトルで、オックスフォード大の言語学プロジェクト参加者としてのコメントが掲載された。
(2008年8月21日)
加藤洋介准教授
毎日新聞に「源氏物語への扉」というタイトルでインタビュー記事が掲載された。(2008年6月14日)
湯浅邦弘教授
産経新聞に「こんにちは研究室 大阪大学 文学研究科 中国哲学研究室 湯浅邦弘教授」が掲載。「「懐徳堂」の教え 現代社会にこそ必要」というタイトルで、懐徳堂を中心とする研究内容が紹介された。(2008年4月17日朝刊)
平雅行教授
朝日新聞に『親鸞思想よもう一度』が掲載。親鸞研究の新しい研究潮流として拙論などを紹介。(2008年3月25日)
榎本文雄教授
朝日新聞に12月9日に開催されたシルクロード・奈良国際シンポジウム2007『インド世界への憧れ』の公開セミナー「仏教の誕生と現代」における発言の抜粋と写真が掲載された。(2007年12月21日)
湯浅邦弘教授
NHK・BS1「儒教─2500年の旅─」で懐徳堂の「義」についてインタビューを受けた。(2007年12月2日、再放送2008年1月2日)
番組HP http://www.nhk.or.jp/wdoc/index.html
望月太郎教授
日本経済新聞にアジア地域での高等教育の地域統合についての記事が掲載。(2007年8月20日)
柏木隆雄教授、和田章男教授
読売新聞に『フランス文学小事典』(朝日出版社刊)の紹介記事「阪大教授、院生ら 仏文小事典を執筆」が掲載。(2007年7月5日夕刊)
柏木隆雄教授
中部日本新聞に「太宰治の小説の新解釈を披露 津で阪大教授講演」が掲載。(みえ版2007年3月19日朝刊)
森安孝夫教授
福井新聞に「世界史をアジアの視点で」が掲載。(2007年3月18日読書欄)
森安孝夫教授
朝日新聞(全国版)に「「中央ユーラシア」史観 『シルクロードと唐帝国』の森安孝夫氏に聞く」が掲載。(2007年2月19日夕刊文化欄[夕刊のない地域では翌日の朝刊])
真田信治教授
朝日新聞に現在進行中の研究課題「旧植民地に残った日本語のその後」の内容が掲載。(2007年2月5日夕刊)
湯浅邦弘教授
ケーブルウエスト「なりきり歴史探訪─山片蟠桃編─」(番組内容:懐徳堂に学んだ山片蟠桃の生涯)に出演。(2007年1月16日~31日)
桃木至朗教授
朝日新聞に全国の大学の補習の取り組みと、阪大で来年度開講予定の「市民のためのアジア史」「同ヨーロッパ史」についての紹介記事「大学2割で「高校補修」」が掲載。(2006年12月16日夕刊)
桃木至朗教授
朝日新聞に世界史未履修問題と地歴教育のあり方についてのインタビュー記事「高校の地理歴史 学ぶべきは何?」が掲載。(2006年12月7日夕刊)
湯浅邦弘教授
読売新聞に「大阪ブランド」「懐徳堂精神を現代に生かせ」が掲載。(2006年11月26日)
10月26日に開催された「大阪ブランドサミット」の様子、および懐徳堂記念会と大阪大学の活動を紹介しながら、懐徳堂精神を現代に生かすことの重要性を説いた。
桃木至朗教授
読売新聞に阪大が高校教員と共同で行っている歴史教育の研究会についての紹介記事「「歴史は暗記」イメチェン」が掲載。(2006年11月23日朝刊)
桃木至朗教授
読売新聞に2007年度共通教育で開講予定の「市民のためのアジア史」「同ヨーロッパ史」についての紹介記事「阪大 高校世界史の講義」が掲載。(2006年11月17日夕刊)
藤田治彦教授
奈良テレビ放送の「NEWSジャーナル・コンタクト・スペシャル」に出演。(2006年10月14日)
福永伸哉教授
朝日新聞文化面の「闘鶏山古墳ファイバースコープ調査」に関する特集記事の中で、石室構造に関する福永のコメントが紹介された。「闘鶏山古墳の未盗掘石室注目集まる」(2006年9月16日)
福永伸哉教授
毎日新聞文化面「PickUpひと・本」のなかで、濱田青陵賞受賞のきっかけとなった研究内容が紹介された。「「鏡の穴」から解く古代国家」(2006年9月15日)
福永伸哉教授
朝日新聞文化面に三角縁神獣鏡研究についてのコラムを寄稿した。「隠された歴史まだ深く─三角縁神獣鏡が語るもの─」(2006年9月8日)
福永伸哉教授
日本経済新聞文化面「夕悠関西」の特集で、隅田八幡宮人物画像鏡と百済の関係について、福永の学説が紹介された。「国宝「人物画像鏡」503年説有力に、6世紀百済と交流象徴」(2006年8月12日)
金水 敏教授
読売新聞に「「新 日本語の現場」方言の戦い62」が掲載される。(2006年8月3日朝刊29面[コラムに談話を収録])
金水 敏教授
読売新聞に「「新 日本語の現場」方言の戦い61」が掲載される。(2006年8月2日朝刊29面[コラムに談話を収録])
福永伸哉教授
朝日新聞「ひと」欄で濱田青陵賞の受賞者として紹介された。「考古学の第19回濱田青陵賞をうける大阪大教授」(2006年7月26日)
福永伸哉教授
読売新聞文化面で「考古学の年代研究」についての研究集会を特集した記事の中で、弥生時代年代論に関する福永のコメントが紹介された。「弥生時代はいつからいつまで?、時代区分の修正必要」(2006年7月20日)
福永伸哉教授
読売新聞で考古学研究室の発掘調査成果を市民向けに解説したCD『勝福寺古墳デジタル歴史講座』が、文化財活用の新しい方法として紹介された。「発掘報告をCDに、文化財活用間口広がる」(2006年7月2日)
大橋良介教授
毎日新聞に「自我を没し聞くこと ー 過熱する歴史論争に示唆」が掲載される。(2005年8月12日夕刊)
大橋良介教授
「茶の湯の美学(7)雪と月」 『茶の湯』(茶の湯同好会)第377号、6-7頁(2005年7月)
大橋良介教授
「花随想 (3)・煩悩と菩提」 『同仁』(銀閣慈照寺)第5号、28-31頁(2005年7月)
金水 敏教授
朝日新聞に「シンポ『マンガがつなぐ学問・ひと・地域』」(5月22日に行われた「朝日・大学パートナーズシンポジウム」の報道)記事が掲載される。(2005年5月30日)
真田信治教授
台湾・中央日報に『日語言権威南台科大教学』(南台科技大学を学術交流のため訪問)記事が掲載される。(2004年11月4日)
伊東信宏助教授
朝日新聞夕刊「音楽評」に『コンポージアム2004(現代音楽祭)』の評が掲載される。(2004年6月10日)
伊東信宏助教授
NHKラジオ第一「関西ラジオワイド」で演奏会『トランスミュージック』の企画についてコメント(2004年5月7日)
伊東信宏助教授
朝日新聞夕刊「音楽評」に『N響定期演奏会』の評が掲載される。(2004年4月28日)
金水 敏教授
朝日新聞夕刊(大阪版)「聞いて関西 おもしろゼミ」のコーナーで、 金水ゼミが紹介される。(2004年2月4日)
真田信治教授
南海日日新聞(2003.7.6)で、社会言語学演習(フィールドワーク)の一環としての奄美大島ネオ方言の調査状況が紹介される。
金水 敏教授
NHKラジオ第1放送の「ないとエッセー」(『ラジオ深夜便』内コーナー』)に金水敏教授が出演、「役割語の不思議な世界」を発表。(2003年5月2日、9日、16日)
金水 敏教授
NHK-BS2「週刊ブックレビュー」570号(平成15年5月11日(日)放送)で、金水敏教授(執筆)『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』(岩波書店、2003)がとりあげられる。