1. 修士論文題目
 
 
 
 
 
 
 

日本文学専門分野 修士論文題目(2009年度~)

 
2016年度
伊藤 友紀恵 太宰治「女生徒」論―見られる「私」、呼びかける「私」
大坂 一裕 庄野潤三『夕べの雲』論―〈根づき〉の過程とその方法―
岡部 祐佳 『万の文反古』論―序文と作品構造を手がかりに―
楠川 和輝 浦上玉堂『玉堂琴士集』―陶淵明受容の重層性―
白崎 真亜子 稲垣足穂『一千一秒物語』―本文異同を手がかりにして―
宋 詞 『物語二百番歌合』の詞書について
ティモシー・ジェイコブ・ズィ 太宰治『思ひ出』論―作品における回想の方法
中井 陽一 近世中期の前句付俳諧に関する研究―大和国を中心に―
藤村 杏美 宮地嘉六『煤煙の臭ひ』論―「体験派」という評価を超えて―
前田 恵里 『源氏物語』における贈与・饗宴―「過差」を手がかりにして―
森岡 綾子 『源氏物語』服喪考―服喪中の求婚譚を手掛かりに―
守本 もえ 川端康成『散りぬるを』論―初出テキストを視座として―
   
2015年度
程 瑜莉 『三日太平記』論
鈴木 飛鳥 宮澤賢治「よだかの星」論―種という概念を導入して
鈴木 沙也夏 『乙女の港』に於ける人物表象に関する研究
竹端 紀子 定家本『後撰和歌集』に関する研究
福田涼 三島由紀夫『蘭陵王』論
   
2014年度
黒田 翔子 『栄花物語』における省筆の研究
白須 宏樹 太宰治「パンドラの匣」論―恋愛を視座として―
NAKAEMA OLIVIA YUMI 十六世紀イエズス会宣教師における日本文学享受に関する研究―『天草版平家物語』を中心に―
平井 華恵 春陽堂「新作十二番」の書誌的位相―明治中期における木版和装本の問題として―
森 由衣子 『枕草子』章段区分の再検討
劉 方媛 祗園南海における中国古典詩論の影響
Liao Jing 川端康成『みずうみ』論
   
2013年度
許 明善 伸子の新しさ―宮本百合子『二つの庭』『道標』を中心に―
有澤 知世 江戸戯作の研究 ―上方読本の受容と江戸戯作間の影響関係―
池田 弘明 太宰治『斜陽』論
川那邉依奈 太宰治『葉桜と魔笛』論
金 香花 芥川龍之介『奇怪な再会』論―「奇怪な再会」と「南京の基督」の両作品における、女性像に着目して―
村岡 聖 小杉天外『はやり唄』論
山中 晋也 浄瑠璃における異見事の研究
楊 也 『枕草子』の表現方法
2012年度
藤崎 裕子 元雅における「因果」-能《朝長》を手がかりに
2011年度
鹿末 陽子 『撰集抄』における和歌・美文表現の研究
瓦井 裕子 『源氏物語』正編における季節表現
金 寶恩 樋口一葉『大つごもり』―悪人になる決心―
坂之上 紗織 撰者名注記から見る『新古今和歌集』
籔根 知美 馬琴読本の構成に関する一考察―文化五年から七年刊行の中編作品を中心に―
   
2010年度
青山 絵美 『源氏物語』の算賀
今井 亮輔 近世落書文芸の考察
康 盛国 雨森芳洲の漢詩についての考察―『橘窓茶話』『芳洲詩集』を中心に―
仲 沙織 『新可笑記』における親と子
ナルバンディアン カリナ ヤエル 『源氏物語』における「物の怪」のきっかけと機能
宮川 真弥 『枕草子春曙抄』の成立過程についての考察
山本 悠子 兵庫口説の考察
   
2009年度
岩城 佐和 太宰治『女の決闘』考―語り手「私(DAZAI)」をめぐって―
金 侖姫 樋口一葉『うつせみ』における狂気
詹 湘茹 泉鏡花『義血侠血』研究―白糸と欣弥の人物像を中心として―
高濱 海穂 浅井了意の仏書―『父母恩重経話談抄』を中心に―
竹田 さゆり 泉鏡花『草迷宮』考―小次郎法師の役割を中心として―
藤原 香織 『狭衣物語』における〈衣〉の意味
厖 康華 芥川龍之介の童話作品におけるキャラクター造形―『犬と笛』と『桃太郎』を中心に
前田 泰良 西行の研究―釈教歌から探る西行像―
宮本 正章 与謝野晶子『新訳源氏物語』に就きての考察
渡部 真由 『伊勢物語肖聞抄』についての考察