お知らせ

HOME > 講座のご案内 > 開講スケジュール > 見学会

見学会

  • [開催日]平成29年11月2日(木)
  • [申込締切]平成29年10月26日(木)先着30名まで
チラシはこちら

「阪大東洋学コレクションを学ぶ」

本見学会は、懐徳堂より伝存する日本漢学関係の典籍に加えて、大阪大学附属図書館が収蔵する東洋学関係の図書コレクションを一堂に会し、専門家より説明を加えるという、初の試みです。同図書館には、18世紀の清朝期に編纂された、当時、世界最大規模を誇った四庫全書や、その缺を補った四庫存目叢書、善書をさらに収録する続修四庫全書など、文字通り万巻を超える資料が備えられています。
特筆すべきは、中国各地の地誌を記録した地方志や、各レベルの官庁で日々作成された公文書(档案)といった資料群も重点的に収蔵されていること、さらにこれらの資料が開架というきわめて利用が容易な形式で、大量に閲覧に供されていることです。また、古代トルコ語等の非漢語資料にも一定の蓄積があることも、本学の蔵書を特徴づける点でしょう。本見学会では、懐徳堂文庫の貴重書から大規模叢書、非漢語資料も含めた一次資料群をまとめて閲覧することで、東洋学の面白さをリアルに体験していただければと存じます。

講 師:
湯浅邦弘(大阪大学教授)
松井太(大阪大学教授)
田口宏二朗(大阪大学准教授)

開催日平成29年11月2日(木)14:00~16:00(受付13:30開始)
開催場所 大阪大学附属図書館総合図書館図書館ホール(A棟6階)
参加費 参加費 500円
申込締切 平成29年10月26日(木)先着30名まで
申込方法 懐徳堂記念会事務局まで御連絡ください。
電話・ハガキ・FAX・メール何でも結構です。

一覧に戻る

ページTOPへ