懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 重建懐徳堂復元模型

重建懐徳堂復元模型 (ちょうけんかいとくどうふくげんもけい)

重建懐徳堂復元模型(縮尺1:50、単位㎜)/外観寸法(講堂、門、敷地、外塀を含む):1200×900
重建懐徳堂復元模型

重建懐徳堂は昭和20年(1945)の大阪大空襲により焼失しましたが、懐徳堂文庫資料の中に、その設計図面が残されていることが近年確認されました。当時の設計・施工に当たられた竹中工務店の御厚意により、このたび、その復元模型が制作され、大阪大学に寄贈されることとなったのです。

模型は、五十分の一サイズのもの一点、百分の一サイズのもの二点が制作されました。前者は大阪大学文学研究科の玄関に、また後者は大阪大学総合学術博物館待兼山修学館大阪大学中之島センターに展示されています。重建懐徳堂および復元模型の関係データは次の通りです。

重建懐徳堂
地所:大阪市東区豊後町19番地(現在の中央区本町橋、大阪商工会議所)
敷地面積:361坪
建物 講堂(木造平屋)、事務所(木造二階建)、書庫・研究室棟(鉄筋コンクリート三階建)
講堂規模:縦26m×横16.4m、床面積425㎡(126坪)

設計図面
全5枚綴り。各縦51.5㎝×横74.5㎝。表紙に「大正四年九月 懷德堂設計図 竹中工務店」

重建懐徳堂復元模型(縮尺1:50、単位㎜)
外観寸法(講堂、門、敷地、外塀を含む):1200×900
アクリルケース寸法:1230×930×430
主材質:硬質紙・モデルボード・プラスチック・木

一覧に戻る

ページTOPへ