懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > <木製>天図

<木製>天図 (てんず)

中井履軒作 回転板…直径25.5cm 台板…縦31.1×横19.0cm 大阪大学懐徳堂文庫蔵
<木製>天図

中井履軒が作成した回転式の天体模型図です。太陽を中心に水星・金星・地球・火星・木星・土星・二十八宿(恒星系)が配置されており、太陽を中心とする太陽系の概念が導入されています。この天体模型図は、四角い台板の上に取り付けられています。同心円の中心には太陽が置かれ、一見、地動説(太陽中心説)の宇宙観が示されているように思われます。ところが、回転板の支点は地球にあり、月や太陽は地球を中心に回転するようになっています。つまり、本図は、天動説と地動説との折衷的な宇宙観を示しているのです。なお、履軒の弟子・山片蟠桃が地動説を説いたことはよく知られています。

一覧に戻る

ページTOPへ