懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 入徳門聯

入徳門聯 (にゅうとくもんれん)

中井竹山筆 各縦88.0×横10.5cm 大阪大学懐徳堂文庫蔵
入徳門聯

懐徳堂の中庭に通ずる門の左右に掲げられていた竹製の聯です。門の上に中井竹山の筆で「入徳之門」と記した額がかけられていたことから、これを特に「入徳門聯」と呼んでいます。石灰で記された文字は、「学を力(つと)めて以て己を修め、言を立てて以て人を治む」と読みます。自己修養の大切さと、それを基にした社会的活動(経世)の重要性、という懐徳堂の基本的精神を表しています。

一覧に戻る

ページTOPへ