懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 中井木菟麻呂

中井木菟麻呂 (なかいつぐまろ)

生1855~没1943

中井桐園の長男。中井履軒の曽孫に当たる。号は天生(てんせい)。安政2年(1855)、懐徳堂内で生まれ、14歳で懐徳堂の閉校を迎える。その後、中井家伝来の書籍などの保管、懐徳堂関係資料の蒐集、懐徳堂学舎の再建に努めた。重建懐徳堂が設立された後は、二度にわたって中井家伝来の懐徳堂関係資料を懐徳堂記念会に寄贈した。昭和7年(1932)には、資料を甲種遺物(旧懐徳堂書院の屏風・扁額など、書堂の付属物)、乙種遺物(中井甃庵・竹山・蕉園・碩果の遺書類など、中井氏一家の遺品)に大別した上で、甲種遺物47点を寄進し、昭和14年(1939)には、旧懐徳堂および水哉館の遺書遺物を寄贈した。前者については、『懐徳』11号に「懐徳堂遺物寄進の記」(中井木菟麻呂)の中に、また後者については、『懐徳』17号に「懐徳堂水哉館遺書遺物目録」(吉田鋭雄)中の315点として記録されている。現在、懐徳堂文庫所蔵資料で「天生寄進」の印記があるものがそれである。

旧懐徳堂と重建懐徳堂とをともに知る人物として、また、旧懐徳堂や水哉館の遺書遺物の継承という点で極めて重要な役割を果たした。なお、木菟麻呂は、敬虔なロシア正教徒でもあり、ニコライ大主教を助けて聖書の翻訳に尽力した。昭和18年(1943)、89歳で没。

一覧に戻る

ページTOPへ