懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 西村天囚

西村天囚 (にしむらてんしゅう)

生1865~没1924

重建懐徳堂の理事兼講師。鹿児島種子島出身。名は時彦(ときつね)、字は子駿、号は天囚・碩園(せきえん)。初め郷里の儒者前田豊山に学び、明治9年(1876)、11歳で藩校種子島学校に入学。のち東京で重野成斎・島田篁村に師事、明治16年(1883)、東京帝国大学古典講習科に入学。中退の後、大阪朝日新聞社に入り、明治43年(1910)、懐徳堂記念会を創設し、大阪朝日新聞に「懐徳堂研究」を連載して、その顕彰に努めた。その連載をまとめた『懐徳堂考』は、今日においても、懐徳堂研究の最も基本的な文献としての価値を持つ。

大正5年(1916)、重建懐徳堂の竣工後は、広島高等師範から赴任した松山直蔵(まつやまなおぞう)専任教授とともに、懐徳堂理事・講師として尽力した。懐徳堂の復興・顕彰を通して天囚が目指したものは、商都大阪における文科大学の設置、宋学の復興による国民性の涵養であったとされる。主著に『日本宋学史』がある。また、晩年には『楚辞』『尚書』の研究と資料蒐集に努め、天囚の書斎は『楚辞』にちなんで「読騒廬(どくそうろ)」と名づけられた。現在、懐徳堂文庫漢籍の内でも『楚辞』関係資料は、「楚辞百種」と総称され、重要なコレクションの一つとなっている。さらに、天囚は文献善本の写本叢書を編集し、「小天地閣叢書(しょうてんちかくそうしょ)」としてまとめた。乾集・坤集の計143冊からなる同叢書には、「懐徳書院掲示」「履軒中井先生行状」「大阪府学五舎銘并序」「懐徳堂記録」『史記雕題』などの懐徳堂関係資料の他、広瀬淡窓『読論語』、猪飼敬所『論語標記』などの注釈書、「昌平黌書生寮姓名録」「浪華人物志」「鹿児島県人物伝備考」などの資料が収録されている。

なお、『懐徳』2号は「碩園先生追悼録」という特集になっており、天囚関係の資料が、「碩園先生著述目録」「故碩園先生旧蔵楚辞類書目」としてまとめられている。

一覧に戻る

ページTOPへ