懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 財団法人懐徳堂記念会

財団法人懐徳堂記念会 (ざいだんほうじんかいとくどうきねんかい)

懐徳堂の学術文化活動を継承顕彰すべく設立された団体。明治2年(1869)に閉校した旧懐徳堂を復興しようという気運が高まった明治43年(1910)、西村天囚らの呼びかけで設立された。翌年には、中之島公会堂において、懐徳堂の儒者たちを顕彰する記念式典を挙行し、懐徳堂貴重書の復刻刊行を行うなど、懐徳堂の復興と顕彰に努めた。

会の発起人には、高崎親章(大阪府知事)、土居通夫(大阪商業会議所会頭)、植村俊平(大阪市長)、小山健三(第三十四銀行頭取)、島村久(鴻池銀行理事)、鴻池善右衛門(鴻池銀行社主)、藤田平太郎(藤田組主)、住友吉左衛門(住友銀行社主)、鈴木馬左也(住友総理事)、上野理一(朝日新聞社主)、本山彦一(毎日新聞社主)、今井貫一(大阪府立図書館長)など、大阪の政治・経済・文化を代表する人物が名を連ね、全国から特別会員622名、普通会員1370名が加入した。

大正2年(1913)年8月、財団法人の認可を受け、永田仁助・西村天囚・今井貫一・水落庄兵衛・広岡恵三の五名を理事、永田仁助(浪速銀行頭取)を理事長として法人登記を行った。大正5年(1916)の懐徳堂校舎再建の後は、専任の教授や学外の講師による講義と講演を市民に開放し、大阪の文科大学、市民大学としての務めを果たした。戦後は、戦災を免れた懐徳堂蔵書を一括して大阪大学に寄贈し、以後、大阪大学文学部との提携のもと、春秋記念講座、古典講座、学術雑誌『懐徳』の刊行、懐徳堂文庫復刻叢書や懐徳堂ライブラリーの出版など、各種事業を展開して今日に至っている。平成13年(2001)度現在、法人会員85社、個人会員810名。

なお、永田の後の歴代理事長は次の通り。小倉正恒(住友本社総理事、大蔵大臣)、今村荒男(元大阪大学総長)、上野精一(朝日新聞社社主)、北沢敬二郎(元住友理事・大丸会長)、堀田庄三(住友銀行頭取)、伊部恭之助(住友銀行相談役最高顧問)。平成13年7月に巽外夫(三井住友銀行特別顧問)が就任し、現在に至っている。

一覧に戻る

ページTOPへ