懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 懐徳

懐徳 (かいとく)

財団法人懐徳堂記念会が編集・発行する機関誌。大正13年(1924)創刊、昭和16年(1941)から昭和23年まで一時休刊したが、年1回刊、最新号は第70号(2002年)。懐徳堂関係を主とした漢文学、日本文学などに関する学術論文、随想など数本の他、懐徳堂記念会が主催する「懐徳堂講座」の講演要旨や、「資料報告」「懐徳堂関係研究文献提要」などから成り、懐徳堂関係論著や記念会の足跡についての貴重な資料集となっている。当初は、懐徳堂堂友会の編集によっていたが、戦後は、阪大文学部内の運営委員会により編集が行われている。第55号(1986年)に第50号までの総目次が掲載されている。

一覧に戻る

ページTOPへ