懐徳堂を知る

HOME > 懐徳堂について > 懐徳堂を知る > 小事典 > 懐徳堂文庫

懐徳堂文庫 (かいとくどうぶんこ)

旧懐徳堂所蔵書籍を中心とする文庫。大正時代に再建された重建懐徳堂は、昭和20年の大阪大空襲により消失したが、コンクリート造りの書庫に収められていた蔵書約三万六千点は、戦災を免れ、昭和24年(1949)、懐徳堂記念会から一括して大阪大学に寄贈された。大阪大学ではこれらを一括して「懐徳堂文庫」と命名し、文学部が中心となって資料整理に当たった。その成果は『懐徳堂文庫図書目録』(大阪大学文学部、昭和51年)として刊行されている。

本目録に収載されるのは、懐徳堂記念会所蔵・蒐集図書(旧懐徳堂先賢著述・蔵書・関係子記録、重建懐徳堂期の蒐集に係る研究用漢籍・和刻本・朝鮮本など約三万六千冊)の他、北山文庫(ほくざんぶんこ)(重建懐徳堂最後の教授吉田鋭雄(号は北山)旧蔵漢籍約四千四百冊)、木間瀬(きませ)文庫(懐徳堂記念会元理事木間瀬策三旧蔵書幅56点)、岡田文庫(岡田伊左衛門旧蔵詩文関係和漢書約六千冊)である。

なお、目録には収録されていないが、懐徳堂文庫にはさらに、新田文庫・中井家文書(懐徳堂最後の学問所預り人中井桐園の孫・新田和子氏所蔵和漢書・掛け軸・器物類約560点)、並河寒泉文庫(懐徳堂最後の学主並河寒泉の著述および旧蔵書約155点)、逆瀬文庫(逆瀬家旧蔵書幅・短冊・扇面52点)、吉永文庫(経済法科大学教授吉永孝雄氏旧蔵巻子・帖など90点、近世文人・幕末維新の著名人の書簡など約四百通)、戦後の懐徳堂記念会・友の会蒐集品などがあり、これらの総計は約四万七千点にのぼる。

一覧に戻る

ページTOPへ