懐徳堂記念会図書室/記念会刊行物
 懐徳堂記念会では、会員向けの会報や機関誌の他、懐徳堂の研究をまとめた書籍を刊行しています。

 懐徳堂文庫の閲覧に関するお問い合わせは、大阪大学附属図書館まで。
会員向け会誌・機関誌
 『懐徳堂記念会百年誌1910〜2010』
【編集・発行】懐徳堂記念会百年誌編集員会編 財団法人 懐徳堂記念会/2010年
【販売冊数】限定70部
【価格】本体2,000円 会員限定特価 1,500円(税込)
 
会員の方には特別価格で販売します。 懐徳堂記念会事務局までお問い合せください
  • 第1部 懐徳堂記念会百年のあゆみ
  • 第2部 懐徳堂記念会のいま
    講座活動−出版活動−研究活動−広報活動−顕彰活動−親睦活動−連携活動
  • 第3部 懐徳堂記念会の未来に向けて
    【百周年記念誌座談会】
    • ■懐徳堂記念会の未来を語る 民の手による学問所に期待すること
      ◎ゲスト
       小川理子 〔パナソニック社会文化グループマネージャー〕
       待田晋哉 〔読売新聞大阪本社編集局文化・生活部〕
       築山桂 〔作家〕
        ロバート・キャンベル 〔東京大学大学院総合文化研究科教授〕
      ◎司会
       柏木隆雄 〔放送大学大阪学習センター長〕
    • ■企業の社会貢献活動と懐徳堂記念会
        俣野正治 〔ダイキン工業株式会社プロフェッショナルアソシエイト〕
    • ■デジタルアーカイブの意義と今後の課題
        末吉敬子 〔凸版印刷株式会社関西事業本部事業戦略本部販売促進部課長〕
    【寄稿】
    • ■懐徳堂記念会は暗黙知学習の拠点づくりをめざせ
        斎藤實 〔フリージャーナリスト〕
    • ■大阪のアイデンティティと懐徳堂から学ぶこと
        宮本又郎 〔大阪大学名誉教授・関西学院大学教授〕
 
 雑誌『懐徳』
【編集・発行】懐徳堂記念会 【発行時期】年1回(2月頃)刊/会員に対しては無料配布
 懐徳堂記念会が編集・発行。懐徳堂記念会の全会員(年会費:一般会員3,000円、賛助会員10,000円)に送付されます。大正13(1924)年創刊、最新号は第83号(2015年4月現在)。

 懐徳堂関係を主とした漢文学、および日本文学全般に関する学術論文、随想など数本のほか、懐徳堂記念会が主催する「懐徳堂講座」の講演要旨や、「資料報告」、「懐徳堂関係研究文献提要」などから成り、懐徳堂関係論著や記念会の足跡についての貴重な資料集となっています。

 第55号に第50号までの総目次、第80号に第79号までの総目次が掲載されています。
 
 『懐徳』総目次(1〜50号)  
 『懐徳』総目次(51号〜 )
原稿募集のお知らせ
 会報『記念会だより』(平成14年9月NO.63より以前は『友の会だより』でした)
【編集・発行】懐徳堂記念会 【配布】全会員に無料配布/年3回(2・4・9月)
 懐徳堂記念会会員へのお知らせをまとめた小冊子。事務局から全会員に年3回(2・4・9月)郵送されます。

 なお「友の会」とは、財団法人懐徳堂記念会の事業を後援すべく、在阪の諸法人と大阪大学文学部が協力して昭和58年(1983)に設立された任意団体です。その名に因んで「友の会だより」としていました。

 友の会は、懐徳堂記念会とともに懐徳堂の顕彰に努めてきましたが、平成8年(1996)、懐徳堂記念会に一本化され、発展的に解消しました。
 
懐徳堂関連書籍
 『図録・懐徳堂―浪華の学問所』
【編集・発行】懐徳堂記念会 【発売】大阪大学出版会発売/1994年
【価格】本体2,000円 【ISBN】4906482007
 この図録は大阪大学懐徳堂文庫の資料を中心として、諸所の関係資料をも併せ、江戸時代か現在まで懐徳堂の歩みを見て楽しめるように編集したものです。近世の懐徳堂の歩みとともに記念会や友の会の歩みも掲載しています。

 1章 近世日本と懐徳堂
 2章 懐徳堂の成立
 3章 学問所「懐徳堂」
 4章 学問所「懐徳堂」の終焉
 5章 懐徳堂の思想と近代
 6章 懐徳堂の遺跡と遺物
 
 懐徳堂事典
【編著】湯浅邦弘(大阪大学文学部教授)/大阪大学出版会
【価格】本体2,800円(税別) 【ISBN】4872590805
懐徳堂に関する諸情報を解説した事典です。

 これまで紹介されることのなかった未公開写真を多数含み、各節の始めに概説を加えるなど、「読む事典」として構成されています。項目数は、人名96、事項214、資料151の計461項目です。本書の目次は次の通りです。

 1章 懐徳堂の成立
 2章 懐徳堂の経営と教育
 3章 学問
 4章 その周辺
 5章 懐徳堂の終焉と復興
 6章 懐徳堂文庫書誌情報
 7章 名言
 8章 関係施設
   (懐徳堂記念会澤基金助成刊行)
 
 懐徳堂文庫復刻叢書
【監修】大阪大学懐徳堂文庫復刊刊行会 【発行】懐徳堂友の会・懐徳堂記念会
大阪大学懐徳堂文庫が所蔵する懐徳堂の名著を影印復刻したシリーズです。

 懐徳堂関係資料の中でもとりわけ貴重な名著について、各々全文を写真撮影して掲載し、さらに巻末に詳細な解題を付しています。これまでに刊行された書は次の通りです。
 中井竹山『非徴』定価 \7,000→特価\3,500
 五井蘭州『非物篇』定価 \6,000→特価\3,000
 中井履軒『華胥国物語』定価 \6,796→特価\3,500
 中井履軒『史記雕題』(上)定価 \8,738→特価\4,500
 中井履軒『史記雕題』(中)定価 \9,223→特価\5,000
 中井履軒『史記雕題』(下)定価\11,650→特価\6,000
 中井履軒『中庸雕題』定価 \8,738→特価\4,500
 中井履軒『詩雕題』定価\11,650→特価\6,000
 中井履軒『論語雕題』定価\15,000→特価\7,500
 中井履軒『周易雕題』定価\10,000→特価\5,000
 中井履軒『荘子雕題』定価\10,000→特価\5,000
 中井履軒『孟子雕題』定価\11,000→特価\5,500
各書の詳細はこちら
懐徳堂ライブラリー
【発行】(財)懐徳堂記念会編集、和泉書院 【発売所】和泉書院 【価格】各2,300円〜2,800円
 懐徳堂記念会が編集する文化叢書です。
 テーマは、懐徳堂春秋記念講座での講演をもとにし、各々のテーマの下に5〜6名程度の筆者が執筆しています。
 これまでに刊行された書は下記の通りです。

 『道と巡礼─心を旅するひとびと』
 『批評の現在─哲学・文学・演劇・音楽・美術』
 『異邦人の見た近代日本』
 『生と死の文化史』
 『中国四大奇書の世界―『西遊記』『三国志演義』『水滸伝』『金瓶梅』を語る―』
 『懐徳堂知識人の学問と生』
 『大坂・近畿の城と町』
 『世界史を書き直す 日本史を書き直す』
 『旅立ちのかたち-イギリスと日本』
 『〈日本文化〉紹介の先駆者たち』
各書の詳細はこちら
ご購入・お問い合わせはこちら
HOMEに戻る
記念会について
懐徳堂を知る
かいとくどう豆辞典
懐徳堂の教え
講座のご案内
みなでこらむ
図書室
記念会刊行物
懐徳堂関係図書
懐徳堂リンク集
講師派遣
100周年記念事業
事務室
お問い合わせ・ご意見、ご感想
記念会会員募集
懐徳堂についてより深く知りたい方はぜひご入会ください。会員には会報「記念会だより」雑誌『懐徳』が配布されます。
(財)懐徳堂記念会事務局
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5 大阪大学文学部内
Tel:06-6843-4830
Fax:06-6843-4850
E-mail:
kaitokudo@let.osaka-u.ac.jp

このページの先頭に戻る
Copyright© (財)懐徳堂記念会 All rights reserved.