懐徳堂記念会図書室/記念会刊行物
『懐徳』総目次(1号〜50号)


1号(大正13[1924]年7月、懐徳堂堂友会)

  • 発刊の辞
  • 祝辞(永田仁助)
  • 祝辞(松山直蔵)
  • 堂友会の成立を賀して(西村時彦)
  • 藤樹先生学問の骨髄(松山直蔵)
  • 支那文明の復興と日本(辜鴻銘)
  • 懐徳堂堂友会記事
  • 平野含翠堂の旧址を視る(小沼量平)
  • 冬季茶話会
  • 春季探勝会(小沼量平)
  • 末吉家訪問(岡田玄碩)
  • 詩仙堂に遊ぶ(小沼量平)
  • 堂友会員名表
  • 彙報

2号(大正14[1925]年2月、懐徳堂堂友会)
碩園先生追悼録

  • 碩園西村先生の略歴
  • 碩園先生の面影
    (一)老媼物語
    (二)甲午朝鮮陣之序
    (三)水戸游記
    (四)南島偉功伝の末節
  • 碩園先生懐徳堂重建当時の講演「懐徳堂の由来と将来」
  • 碩園先生著述目録
  • 碩園先生旧蔵楚辞類書目
  • 追悼本録
    • 原稿の朗読(北里龍堂)
    • 故西村先生を憶ふ(小西宗次)
    • 読延徳本大学章句(安井小太郎)
    • 碩園君の逸事(磯野秋渚)
    • 西村時彦君の事ども(河内礼蔵)
    • 西村天囚君を追懐す(堀田蘇山)
    • 西村博士追悼の辞(愛甲兼達)
    • 天囚君の追憶(土屋大夢)
    • 「友」(木崎愛吉)
    • 趣味の西村博士(後醍院盧山)
    • 碩園先生を哭す(岡山源六)
    • 天囚先生の原稿を集めて(大江素天)
    • 追懐遺事三篇(中井木莵麻呂)
    • 噫天囚西村先生(田中常憲)
    • 西村碩園君逝去に就て(羽生俊助)
    • 追憶談(狩野直喜)
    • 碩園博士の初年と晩年(滝川亀太郎)
    • まだ五年(笹川満尭)
    • 懐西村先生(河内久彦)
    • 祭碩園西村先生(岡田英)
    • 噫々碩園先生(肥後鉄二)
    • 私の観た西村博士(岡野告天子)
    • 故碩園西村博士を懐ふ(八坂正二)
    • 文学博士西村碩園博士を懐ふ(谷山初七郎)
    • 晩年の碩園先生(有馬純彦)
    • 教室に於ける西村先生(松浦嘉三郎)
    • 人格者西村先生(鮫島宗也)
    • 「三十年の家」と別れられし翁(緒方竹虎)
    • 追悼天囚先生(平山竹斎)
    • 碩園博士と図書館(今井貫一)
    • 西村先生を追想す(西村時直)
    • 千枚漬を買上げられた話(坂本静一)
    • 御発病前の二三事(梅園良正)
    • 追憶談(山内愚僊)
    • 噫西村先生(前田幸麿)
    • 追憶談(永田仁助)
    • 追憶談(村山龍平)
    • 哭碩園西村博士(藤沢章)
    • 西村さんと陶詩(原田棟一郎)
    • 思ひ出ごとの記(植田政蔵)
    • 天囚博士と張之洞(岡幸七郎)
    • 思ひ出づるまま(山口察常)
    • 西村天囚先生を懐ふ(最上宏)
    • 先生の遺訓(武内義雄)
    • 古月楼を訪ふ(財津愛象)
    • 碩園先生の逝去を聞きて(吉田鋭雄)
    • 松枝町と私(吉田鋭雄)
    • 西村博士を憶ふ(稲束猛)
    • 碩園博士を追憶するまま(松山直蔵)
    • 西村博士を憶ふ(後醍院良正)
    • 西村先生を偲びて(太田勘兵衛)
    • 碩園先生輓歌(葛城春成)
  • 故西村先生追悼祭並告別式記録
  • 碩園先生追悼録編輯日誌
  • 大正十四年度懐徳堂講義講演

3号(大正14[1925]年8月、懐徳堂堂友会)

  • 論説
    • 国体の擁護(千賀鶴太郎)
    • 近世大坂の絵画(稲束猛)
    • 天理人欲説の淵源について(松山直蔵)
  • 講義
    • 周易程伝復卦講義(松山直蔵)
  • 雑録
    • 大正13年懐徳堂記念会事業概要
    • 大正13年懐徳堂記念会常祭
    • 大正14年東山春宴
    • 大正14年開講式
    • 堂友会秋季探勝会
    • 同定期総会
    • 冬季茶話会
    • 同春季探勝会
  • 彙報
    • 懐徳堂記念会記事
  • 懐徳堂同人会近況
  • 名誉会員并新入会員
  • 会員消息
  • 付録
    • 懐徳堂第9年1期講義講演日誌
    • 会員住所

4号(大正15[1926]年5月、懐徳堂堂友会)

  • 芸文
    • 最近二三十年中中国新発見の学問(上)(王国維)
    • 始皇本紀を読みて―坑儒史実の一説に及ぶ(今西茂喜)
    • 教育と進修に就て(稲田穣)
    • 所感(阪田広吉)
    • 我郷(林田炭翁)
    • 和歌(仲田博一)
  • 本堂彙報
  • 本会記事

5号(昭和2[1927]年2月、懐徳堂堂友会)
懐徳堂創学二百周年・同重建十周年 祭典並記念式号

  • 式次第
  • 祝辞
  • 講演大意(藤居健治郎)
  • 講演大意(狩野直喜)
  • 講演大意(服部宇之吉)
  • 附録(遺書遺物展覧会陳列目録)

6号(昭和2[1927]]年、懐徳堂堂友会)
永田理事長・松山教授追悼録

  • 永田理事長略歴
  • 永田理事長の逝去と葬儀
  • 松山教授略歴
  • 松山教授の逝去と葬儀
  • 追悼録
    • 松山教授追悼談(狩野直樹)
    • 松山博士についての憶出(桑原隲蔵)
    • 松山博士を追懐す(高瀬武次郎)
    • 故松山直蔵君を憶ふ(堀維孝)
    • 松山先生を憶ふ(野満隆治)
    • 松山先生を憶ふ(加藤盛一)
    • 松山先生を憶り奉りて(岡井慎吾)
    • 松山先生を偲ぶ(西田利八)
    • 松山先生の講演を回想して(三輪時雄)
    • 磐舟居士の思出話(藤沢章次郎)
    • 磐舟翁と春城博士(石浜純太郎)
    • 故永田仁助氏を憶ふ(吉田伝治郎)
    • 故永田理事長と松山教授を憶ふ(武内義雄)
    • 無題(上松衡川)
    • 故永田理事長故松山教授を憶ふ(今井貫一)
    • 永田翁追憶談(土屋元作)
    • 松山先生と私(財津愛象)
    • 永田理事長と松山教授を憶ふ(稲束猛)
    • 松山先生を憶ふ(吉田鋭雄)
    • 追憶(町田匡子)
    • わか友永田仁助君をおしみて(服部一三)
    • 亡友永田仁助君をおもひて(服部一三)
    • 挽歌(林森太郎)
    • 春城博士松山君輓歌二首(中井天生)
    • 挽磐舟永田君二首(中井天生)
    • 追懐永田磐舟翁(成田軍平)
    • 追懐松山博士(成田軍平)
    • 輓文学博士松山先生(林田炭翁)
    • 懐徳堂理事長永田仁助翁を偲ひて(林田炭翁)
    • 松山博士を悼みて(林田良平)
    • 永田翁を悼みて(林田良平)
    • 松山先生を悼みて(寺部君子)
    • 永田先生を悼みて(寺部君子)
    • 松山先生を憶ふ(飯島留三郎)
    • 憂愁畳来(稲田穣)
    • 永田仁助先生を憶ふ(今西茂喜)
    • 文学博士松山直蔵先生追悼記(今西茂喜)
    • 嗚呼永田様(太田勘兵衛)
    • 惜しき松山先生(太田勘兵衛)
    • 永田理事長を憶ふ(音代節雄)
    • 松山先生を憶ふ(音代節雄)
    • 松山先生の大なる賜(小松熊之助)
    • 松山先生の遺訓(小松熊之助)
    • 松山先生と私(酒井全太郎)
    • 松山先生を偲ふ(田中貞雄)
    • 私の感想(山本楢信)
    • 文学博士松山先生終焉記(小沼量平)
  • 附録
    • (故永田仁助先生述『偶感随筆』)

7号(昭和4[1929]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 漢学研究法(武内義雄)
  • 「于」「於」両字の古音に就て(財津愛象)
  • 最近二三十年中中国新発見の学問(王静安)
  • 雲林院の研究(音代節雄)
  • 新撰姓氏録を読みて(貝田四郎兵衛)
  • 拙堂先生の楠氏研究(今西茂喜)
  • 斎宮必簡に於て(白井久吉)
  • 支那の祠廟(竹内峰次)
  • 膽仰微言(田中吉太郎)
  • 所感(阪田広吉)
  • 鳳輦を迎へ奉りて(稲田穣)
  • 奉迎式塲所感(小松熊之助)
  • 洛東遊記並詩(三輪時雄)
  • 詩並歌(林田炭翁)
  • 歌(林田良平)
  • 歌(寺部君子)
  • 文学博士西村君墓表(内藤虎次郎)
  • 碩園西村先生年譜(吉田鋭雄)
  • 本堂記事
  • 本会記事(山本楢信)
  • 編輯を終りて(酒井全太郎)

8号(昭和5[1930]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 芸文
    • 懐徳(秋月胤継)
    • 我等の祖先の思想(井上通泰)
    • 日本国体と封建制度との関係(牧健二)
    • 奈良時代の美術(佐々木恒清)
    • 雲林院の研究(音代節雄)
    • 正儀公本来の面目(今西茂喜)
    • 知足の説(小沼量平)
  • 丹波の山国紀行(小沼量平)
  • 春季探勝会の記(藤塚誠二・中納愛子・酒井全太郎)
  • 詩(鈴木虎雄)
  • 詩(三輪時雄)
  • 歌(林田良平)
  • 歌(仲田応弘)
  • 本堂記事・本会記事
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 記念講演
    • 章学誠の史学(内藤虎次郎)
    • 易伝の道徳思想(武内義雄)

9号(昭和6[1931]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 芸文
    • 巻頭言「仆而復興」(小倉正恒)
    • 孝の話(狩野直喜)
    • 宋元版の話(内藤虎次郎)
    • 山崎闇斎と保科正之(秋月胤継)
    • 教育勅語と国民道徳(野田義夫)
    • 草廬三顧の地の所在(鈴木虎雄)
    • 包丁の故実につきて(林森太郎)
    • 安政以降の大阪学校(中井終子)
    • 新懐徳堂建設まで(今井貫一)
    • 現代歴史観の展望(牧健二)
    • 漢民族の成立に就て(小川琢治)
    • 学書三昧(武内義雄)
    • 義公水戸光圀卿(江崎政忠)
    • 偶感(勝木忠兵衛)
    • 正儀公本来之面目(承前)(今西茂喜)
    • 雲林院の研究(承前)(音代節雄)
    • 漢詩(成田軍平)
    • 漢詩(林田安平)
    • 和歌(林田良平)
    • 和歌(仲田応弘)
    • 和歌(寺部君子)
  • 秋季探勝会の記(仲田応弘・森義見・佐野鈴子・春原暎子)
  • 桂・修学院両離宮拝観記(音代節雄)
  • 懐徳堂記事・堂友会記事
  • 編輯後記(山本楢信)

10号(昭和7[1932]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 芸文
    • 誠に就て(服部宇之吉)
    • 歴史上より見たる満州(矢野仁一)
    • 己巳残愁録(中井木莵麻呂)
    • 天保山は如何して出来たか(江崎政忠)
    • 漢詩(鈴木虎雄)
    • 漢詩(林田炭翁)
    • 和歌(林田良平)
    • 和歌(仲田応弘)
    • 嗚呼財津先生(太田勘兵衛)
  • 斑鳩巡り(貝田四郎兵衛)
  • 豊公遺蹟踏査記(仲田応弘・桑原直子)
  • 懐徳堂記事
  • 本会記事
  • 編纂を終りて
  • 財津桃渓先生遺稿
    • 財津先生遺影及墨跡附略歴
    • 燉煌出土漢蔵対音の材料と韵鏡との比較(財津愛象)
    • 唐代音と日本所伝音との比較(財津愛象)
    • 楚辞と漢賦(財津愛象)
    • 竇娥冤雑劇(財津愛象)
    • 碑文一篇(財津愛象)
    • 漢詩一首(財津愛象)
    • 俳句十句(財津愛象)

11号(昭和8[1933]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 芸文
    • 陰陽五行説と現代の科学(新城新蔵)
    • 後光明天皇の御事蹟に就て(江崎政忠)
    • 浅見絅斎先生及び其の門流(大塚末雄)
    • 懐徳堂遺物寄進の記(中井木莵麻呂)
    • 富永仲基の論語徴駁説(吉田鋭雄)
    • 邦国両字の異同及び推移に就て(丸山正三郎)
    • 漢詩文(望金剛山記)(秋月胤継)
    • 漢文(月前懐旧記)(中井天生)
    • 漢文(読酒誥)(岡山源六)
    • 漢詩(高瀬武次郎)
    • 漢詩(鈴木豹軒)
    • 漢詩(中井天生)
    • 漢詩(小倉正恒)
    • 漢詩(岡山源六)
    • 俳句(藤塚紅果)
    • 和歌(仲田応弘)
  • 探勝会の記(白井文渓・桑原直子・仲田応弘)
  • 懐徳堂記事
  • 本会記事
  • 編輯を終へて(山本楢信)

12号(昭和9[1934]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 支那に於ける印度音訳字の二三に就て(松本文三郎)
  • 古社寺の行脚(中村直勝)
  • 室町時代より江戸時代にかけての漢学(武藤長平)
  • 漢文(岡山源六)
  • 漢詩(秋月胤継)
  • 漢詩(岡山源六)
  • 歌(仲田応弘)
  • 久米田寺と開口神社へ(仲田応弘)
  • 懐徳堂記事
  • 本会記事(山本楢信)
  • 編輯を終へて(酒井全太郎)
  • 解脱上人の出られた家柄(内藤虎次郎)
  • 内藤先生追憶談(狩野直喜)
  • 内藤湖南先生を憶ふ(小倉正恒)
  • 内藤湖南先生を憶ふ(今井貫一)
  • 懐徳堂旧記
    • 学問所建立記録
    • 懐徳堂定約
    • 懐徳堂定約附記
    • 懐徳堂内事記
    • 懐徳堂外事記

13号(昭和10[1935]年10月)

  • 人間性(小西重直)
  • 我が上古文学と漢学(阪倉篤太郎)
  • 富永謙斎先生伝考補(石浜純太郎)
  • 漢文(岡山源六)
  • 漢詩(鈴木虎雄他5名)
  • 歌(川田順他1名)
  • 俳句(藤塚紅果)
  • 懐徳堂記事・本会記事
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 謙斎遺稿(吉田鋭雄拾遺)
  • 懐徳堂旧記
    • 学校公務記録
    • 学問所来歴覚書
    • 学問所謝儀等に就ての竹山意見書並定書
    • 懐徳堂義金簿
    • 御同志中相談覚
    • 三宅幸蔵変宅に付御同志中へ懸合覚候
    • 逸史献上記録
    • 竹山先生遺状

14号(昭和11[1936]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 孝治の話(狩野直喜)
  • 漢字漢語管見(新村出)
  • 城崎の温泉寺と香住の応挙寺(源豊宗)
  • 書道と学問(岡山源六)
  • 二十周年回顧の一端(吉田鋭雄)
  • 正倉院御物を拝観して感銘の数々(稲田穣)
  • 漢詩(秋月胤継)
  • 漢詩(岡山源六)
  • 漢詩(林田炭翁)
  • 漢詩(佐野碧玲)
  • 漢詩(春原玉英)
  • 歌(林田良平)
  • 俳句(白井文渓)
  • 俳句(山田平歩)
  • 俳句(浦山右拙郎)
  • 俳句(村井多喜女)
  • 俳句(古谷美津女)
  • 俳句(藤塚紅果)
  • 懐徳堂記事
  • 堂友会記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 懐徳堂旧記拾遺
    • 懐徳堂文書六巻
      • 学問所建立文書(上・下)
      • 学校再建文書
      • 大阪学校書類
      • 学校公務書類
      • 衙尹御入文書
    • 安政六年助成金証書四通逸史板賃榻一札
    • 義金助成金簿
    • 懐徳堂記録拾遺
      • 学問所再建書類
      • 家名相続願
      • 中井履軒出立届
      • 〓〔イナ〕太郎宗家家督証文並請書

15号(昭和12[1937]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 儒教の倫理観(武内義雄)
  • 新史観の提唱(作田荘一)
  • 川田雄琴先生事状(高瀬武次朗)
  • 能楽鑑賞(阪倉篤太郎)
  • 多田神社(中村直勝)
  • 漢詩(鈴木虎雄)
  • 漢詩(秋月胤継)
  • 漢詩(春原暎子)
  • 漢詩(佐野鈴子)
  • 漢詩(末永房野)
  • 和歌(音代湘園)
  • 俳句(山田平歩)
  • 俳句(沢北斗)
  • 俳句(白井文渓)
  • 俳句(古谷みつ)
  • 俳句(末永ふさの)
  • 重建二十周年記念式式辞と祝辞
  • 懐徳堂記事
  • 本会記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 附録
    • 懐徳堂夜話

16号(昭和13[1938]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 朱陸王三子の異同に就きて(秋月胤継)
  • 故新城新蔵博士と事変下の支那文化(荒木駿馬)
  • 独逸の青年運動(高橋俊乗)
  • 楠木正成の紀州経路(音代節雄)
  • 漢詩
    • 古今体詩五種(鈴木虎雄)
    • 雲介先生岡山君挽歌(中井天生)
    • 哭雲介先生二首(吉田鋭雄)
    • 今茲五年念二日陪惺軒博士謁蕃山堂(林田炭翁)
  • 和歌
    • 近詠五種(高田保馬)
    • 幼な心(音代節雄)
    • 銃後の片片(仲田応弘)
    • 岡山先生御重態のよしをきゝて(上羽浅子)
  • 俳句
    • 雑(白井文渓)
    • 雑(山田平歩)
    • 夏四句(沢北斗)
    • 水上生活(古谷みつる)
    • 雑(藤塚紅果)
  • 懐徳堂記事
  • 堂友会記事
  • 編輯を終へて
  • 附録
    • 息抱斎詩稿(岡田雲介先生遺書)(吉田鋭雄)

17号(昭和14[1939]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 第一回日英同盟の成立とドイツ帝国(時野谷常三郎)
  • 平安朝後期に於ける家外の経学(大江文城)
  • 三十三間堂(源豊宗)
  • 万葉集巻一抄(仲田応弘)
    • 継水哉館称号告本支二家諸先生文(中井木莵麻呂)
    • 袖章記(吉田鋭雄)
    • 題赤壁夜遊図・早秋書懐(武藤甚)
    • 春日閑詠・新夏雨窓(酒井全)
    • 月前記懐・雁来紅(春原暎子)
    • 秋庭・夏雨窓(佐野鈴子)
    • 近詠五首(仲田応弘)
    • 近詠五首(音代湘園)
  • 俳句
    • 爽秋(入江来布)
    • 雑詠(白井文渓)
    • 懐徳堂見学(沢北斗)
  • 堂友会記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 附録
    • 懐徳堂水哉館遺書遺物目録(吉田鋭雄)

18号(昭和15[1940]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 朱子の白鹿洞書院について(鈴木虎雄)
  • 石庵先生行状(中井天生)
  • 余情(沢瀉久孝)
  • 詞藻
    • 楼居賦(中井天生)
    • 鈴木無隠翁伝(大江万里)
    • 漢詩四首(秋月胤継)
    • 漢詩四首(吉田鋭雄)
    • 漢詩三首(武藤甚)
    • 漢詩二首(春原暎子)
    • 漢詩二首(佐野鈴子)
    • 和歌五首(音代節雄)
    • 和歌六首(仲田応弘)
    • 俳句十句(入江来布)
    • 俳句六句(白井文渓)
    • 俳句五句(山田平夢)
    • 俳句五句(村上楳宿)
  • 懐徳堂記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 附録
    • 石庵先生遺稿(吉田鋭雄拾輯)

臨時増刊号(昭和16[1941]年5月、懐徳堂堂友会)

  • 所感(狩野直喜)
  • 紀元二千六百年奉祝式に際して(小倉正恒)
  • 紀元二千六百年奉祝式の記(山本楢信)

19号(昭和16[1931]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 皇道と儒道(秋月胤継)
  • 甃庵先生貽範家君行状(中井天生)
  • 入声に就いて(張源祥)
  • 詞藻
    • 金剛子念珠銘并序(中井天生)
    • 漢詩(吉田鋭雄・武藤甚・春原暎子)
    • 和歌(音代節雄・仲田応弘・立川三千代)
    • 俳句(入江来布・白井文渓・山田平歩・村上楳宿・竹内青心)
  • 重建二十五周年に際して(仲田応弘・音代節雄・岡田主次)
  • 懐徳堂記事
  • 堂友会記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 附録
    • 甃庵先生遺稿(吉田鋭雄)
    • 懐徳堂所蔵 懐徳堂先賢著述書目(吉田鋭雄)

20号(昭和17[1942]年10月)

  • 懐徳堂の経学(武内義雄)
  • 懐徳堂遺聞(羽倉敬尚)
  • 万年先生と来山翁(入江来布)
  • 旧懐徳堂を聴く会(藤塚誠二)
  • 文藻(中井木莵麻呂他10名)
  • 懐徳堂記事
  • 記念祭並二十五周年記念式
  • 堂友会記事(酒井全太郎)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 老婆心

21号(昭和18[1943]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 古典と古語(沢瀉久孝)
  • 并河二難事彙(羽倉敬尚)
  • 芭蕉の二百五十年と大阪の文化(入江来布)
  • 誤解された西行法師の歌(音代節雄)
  • 文藻(秋月胤継・吉田鋭雄・武藤甚・音代節雄・仲田応弘・入江来布・白井文渓)
  • 懐徳堂記事
  • 本会記事
  • 故大久保侯爵告別式参列に就て(大田勘兵衛)
  • 編輯を終へて(山本楢信)
  • 附録
    • 懐徳堂堂友会会員名簿(昭和18年10月現在)

22号(昭和26[1951]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 巻頭言(小倉正恒)
  • 現代の学問と懐徳堂(木村英一)
  • 町人の文化(藤直幹)
  • 漢字文化の過去と現在(木村英一)
  • 懐徳堂の文学(神田喜一郎)
  • 王静安先生を追想す(座談会)
  • 「懐徳」の復刊を聞いて(武内義雄)
  • 彙報(以下毎号省略)

23号(昭和27[1952]年9月、懐徳堂堂友会)

  • 上代東西海上交通史話(桑田六郎)
  • 香料の源流(山田憲太郎)
  • 天文暦法により観たる東西文化の比較(能田忠亮)
  • 慈雲尊者伝(木南卓一)

24号(昭和28[1953]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 能楽の詞章としての謡曲(阪倉篤太郎)
  • 中国芸術学試論(小林市太郎)
  • 竹山先生の文学(神田喜一郎)
  • 永根伍石について(井上翠)
  • 懐徳堂回顧座談会
  • 懐徳堂を思ふ

25号(昭和29[1954]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 明治医学の一隅(古武弥四郎)
  • 「かからむとかねて知りせば」(沢瀉久孝)
  • 中国古代の経済倫理思想(張源祥)
  • 一老荘思想家の著作と生涯― [ケイ] 康に就いて―(清水潔)
  • 李門公の文学(黒江一郎)
  • 淀川三十石船とくらわんか舟(音代節雄)

26号(昭和30[1955]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 周易について(昭和29年懐徳堂春季古典講座講演)(木村英一)
  • 春秋(昭和28年懐徳堂春季古典講座講演)(重沢俊郎)
  • 元遺山の史詩(昭和30年懐徳堂春季古典講座講演)(鈴木虎雄)
  • 猿の生肝(高橋盛孝)
  • 契沖、曼陀羅院・円珠庵(八木毅)
  • 王仁塚(片山長三)
  • 彙報(以下毎号省略)
  • 懐徳堂堂友会会員名簿・会則(以下毎号省略)

27号(昭和31[1956]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 王維の話(昭和30年懐徳堂春季古典講座講演)(橋本循)
  • 荀子の後王思想(鈴木隆一)
  • 荀子に於ける存在論的思惟の有無について(柳本実)
  • 折箭盟誓考(岡崎精郎)
  • 鉄斎画讃(金杉光子)
  • 雑録の一節(仲田応弘)

28号(昭和32[1957]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 巻頭言(小倉正恒)
  • 論叢
    • 蘇東坡とその書(中田勇次郎)
    • 仏教伝来文献に就いて(桑田六郎)
    • 論語の朱子学的理解(木南卓一)
    • 万葉集「神之崎狭野」の試訓(音代湘園)
    • 絵画をもつともよく工芸した人(金杉光子)
  • 回想録
    • 懐徳堂と和学(小島吉雄)
    • 懐徳堂の史学―中井竹山の『逸史』を中心として―(藤直幹)
    • 天明・寛政期の懐徳堂(時野谷勝)
    • 回想の懐徳堂
      • 懐徳堂に関する随想(小倉正恒)
      • 懐徳堂の思ひ出(武内義雄)
      • 懐徳堂に関する思出(鈴木虎雄)
      • 懐徳堂の思ひ出(阪倉篤太郎)
      • 懐徳堂を思出して(石浜純太郎)
      • 懐徳堂講座七ヶ年の成績を省みて(木村英一)

29号(昭和33[1958]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 孟子(昭和33年懐徳堂春季古典講座講演)(木村英一)
  • 北宋思想界の動向(木南卓一)
  • 文献による体験の再認識について―図式の問題―(鈴木喜一)
  • 万葉集「佐太の浦」考(音代湘園)
  • 赤獅堂議論(宮川尚志)
  • 堂友の雑録(井口金次郎・酒井全太郎・中尾金弥・中川幸三・仲田応弘・山本楢信)

30号(昭和34[1959]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 聖諭広訓に就いて(狩野直樹)(大正15年懐徳堂恒祭記念講演)(遺稿)
  • 淮南子の論法に関する一考察(鈴木喜一)
  • 林良斎研究(木南卓一)
  • 上代文学に仏教がどのやうに表出されてゐるか(八木毅)
  • 君が代啓蒙―古典的儀礼歌の超階級意識―(音代湘園)
  • 蔀山医伯淡輪元潜行状(羽倉敬尚)
  • 偶感(伊藤茂雄)

31号(昭和35[1960]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 周易(昭和34年懐徳堂春季古典講座講演)(本田済)
  • 荘子(昭和34年懐徳堂春季古典講座講演)(福永光司)
  • 石田梅岩(木南卓一)
  • 荀子の礼の内面性に関する一考察(鈴木喜一)

32号(昭和36[1961]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 韓愈の文学における諧謔とユーモア(清水潔)
  • 王文成公全書の合刻について(鈴木隆一)
  • 河内百済寺の仏舎利流伝(音代節雄)
  • 似雲法師の生涯(一箭喜美子)
  • 文永の役に神風は来なかつた、という荒川理博の新説について(山口秀樹)
  • 思ひおこすことども(伊藤茂雄)
  • おもいおこすことども(川尻進)
  • 折々のうた(綿谷善平)
  • 狂歌(愚老山人)

33号(昭和37[1962]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 大学と中庸(昭和36年懐徳堂春季古典講座講演)(木村英一)
  • 懐徳堂創設期の人々―三宅石庵と中井甃庵―(大月明)
  • 論語に於ける人間形成の出発点(鈴木喜一)
  • ニコライ・A・ネフスキ氏の業績と生涯(岡崎精郎)
  • 前理事長小倉正恒翁追憶録
    • 〈写真〉小倉正恒翁遺影
    • 詩(小倉簡斎輓章二首)(鈴木虎雄)
    • 小倉さんを思ふ(今村荒男)
    • 小倉簡斎先生を思ふ(神田喜一郎)
    • 追憶(貝塚茂樹)
    • 簡斎尚書を弔ふ(吉川幸次郎)
    • 先生の思い出(藤直幹)
    • 小倉正恒翁を憶ふ(音代節雄)
    • 敬弔小倉理事長(岡野廉平)
    • 小倉前理事長を憶ふ(木村英一)

34号(昭和38[1963]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 四庫分類の歴史(鈴木隆一)
  • 風姿花伝(田中裕)
  • 絵事後素考―漢宋両学の批判(鈴木喜一)
  • 懐徳堂と医学また医家(羽倉敬尚)
  • 「ニコライ・A・ネフスキ氏の業績と生涯」補遺(岡崎精郎)
  • 宗教の心のはたらき(川尻進)

35号(昭和39[1964]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 五服・九州説の展開(野村茂夫)
  • 忘れられた上方の填詞作家について(水原渭江)
  • 魏源思想試論(坂出祥伸)
  • 曽子と《曽子》学派―孝哲学史研究その二―

36号(昭和40[1965]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 懐徳堂記念会の諸先生
    • 若き日の天囚―西村先生生誕百年に因んで―(後醍院良正)
    • 新美寛氏の追憶(鈴木隆一)
  • 講演と研究
    • 経書の成り立ち(昭和40年懐徳堂春季古典講座講演)(木村英一)
    • 近代上方における二人の漢詩作家―磯野秋渚・芝川紫草―(水原渭江)
    • 《韓非子》における〈矛楯〉説話(加地伸行)

37号(昭和41[1966]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 懐徳五十年(木村英一)
  • 追思のよすが
    • 懐徳堂師儒四家の系図(羽倉敬尚)
    • 講演余響
      • 五井蘭州(西村天囚)
      • 篠崎小竹(木崎好尚)
    • 続・若き日の天囚(後醍院良正)
    • 誼卿武内義雄先生の学問(金谷治)
  • 回顧録
    • 西村天囚先生のことども(橋本循)
    • 西村碩園先生の思ひ出(神田喜一郎)
    • 父の少壮時に関する資料(内藤乾吉)
    • 一聴講生に映じた松山先生の憶ひ出(中村幸三)
    • 財津愛象先生の思い出(森三樹三郎)
    • あのころの懐徳堂(外山軍治)
    • 吉田鋭雄先生を憶う(高木正一)
    • 故吉田先生の裏話(盾井宗一)
    • 今井館長と上松老人のこと(山村太郎)
    • 懐徳堂の思い出(香川修一)
    • 懐徳堂の追想(岡野廉平)
    • 堂友の断想雑録(藤塚誠二・中川幸三・山本楢信・岩淵賢治・御堂恒祐・長沢菱花・土屋隆一・本田弘)
    • 阪倉先生を囲んで(山口正男)
  • 京都北白川に源先生をお訪ねして(酒井・藤塚・山口・桐本)
  • 堂友会座談会(井上・石井・岩淵・中田・井口・中島・長沢・宇野・伊藤・酒井・山口・桐本・川尻・田中)
  • 論叢
    • 仲統長の思想(神楽岡昌俊)
    • 孔子―その礼説を中心とする一考察―(松代尚代)
    • 良寛の短歌について(長谷完治)

38号(昭和42[1967]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 〈口絵〉印影「懐徳万年」「蘭州」「純禎」「梅塢」「誠之」「鳳来」「享先」「寒涛」(羽倉敬尚輯)
  • 生命と精神(開講五十周年記念講演)(沢瀉久敬)
  • 学校・教育談義
    • 近代的学校教育の萌芽(時野谷勝)
    • 学問・教育の明治百年(梅渓昇)
    • ヨーロッパにおける市民教育の起源―とくにフランス革命期の初等教育を中心に―(豊田尭)
    • 中国における学校の起源―孔子以前の学校について―(木村英一)
  • 復性書について(大西晴隆)
  • 荀子の礼説―その社会政治思想的意義からみた一考察―(松代尚江)

39号(昭和43[1968]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 魏晋之荘学(黄錦 [コウ] )
  • 太極図・説成立考(大西晴隆)
  • 後漢の党錮(神楽岡昌俊)
  • 山形蟠桃と多田義俊―愛日文庫蔵書をめぐって―(宮内徳雄)

40号(昭和44[1969]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 私の孔子論(鈴木喜一)
  • 「孫子」の思想(神楽岡昌俊)
  • 近世上方の文芸についての管見(水原渭江)
  • 藤井竹外略伝(北村学)
  • 山形蟠桃の「草稿抄」
  • 懐徳堂と独創科学者麻田剛立(羽倉敬尚)

41号(昭和45[1970]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 懐徳堂回顧録(羽倉敬尚)
  • 俳人泉石としての三宅石庵(桜井武次郎)
  • 金比羅別家木村家の人人(松原秀明)
  • 多松堂設立に関与した木村寸木について―臨地見学会前後の経緯より―(山口正男)
  • 天罰から人怨へ(橋本高勝)
  • 〈黄老〉派の輪郭―道家学派成立史試論―(岩佐昌)

42号(昭和47[1972]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 懐徳堂師儒、三宅・中井二家系図の訂正(羽倉敬尚)
  • 大壷石浜純太郎先生・人と生涯―特に大阪人として―(村田忠兵衛)
  • 昌平 [コウ] 書生寮姓名録(梅渓昇)
    • 懐徳堂本「昌平 [コウ] 書生寮姓名録」の公刊にあたって
    • 書生寮姓名録 弘化丙午以来
    • 姓名索引・主人名備考・藩名備考

43号(昭和48[1973]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 論語に現われた信の概念について(木村英一)
  • 「懐徳堂本昌平 [コウ] 書生寮姓名録の公刊にあたって」(本誌42号)の補正(梅渓昇)
  • 大坂の草わけ国学者下河辺長流と懐徳堂(羽倉敬尚)

44号(昭和49[1974]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 中井木莵麿翁の業歴―旧教聖書及び正教聖典の翻訳に献身尽力―(羽倉敬尚)
  • 前号「下河辺長流と懐徳堂」の追記(羽倉敬尚)
  • 吉田北山先生(石浜純太郎)
  • 名の意識より見た春秋大夫―特に戦国士人のそれと比較して―(塘耕次)
  • 紹介
    • 中国語のすすめ(木村英一)
    • 日本の学生に中国語の勉強をすすめたい(中屋成彬)
  • 見学会
    • 近江地方第二回見学会記その他(沢美枝・大塚五輪坊・藤塚誠二)

45号(昭和50[1975]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 「学び」と「問い」―ドイツ文学の視点から―(田中健二)
  • 故父吉田北山について(吉田晋)
  • 周公と尚書の展開―周の東方性について―(北村良和)
  • 呉山社と吉田先生(酒井全太郎)
  • 岡野廉平翁を送る(木村英一)

46号(昭和51[1976]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 漢字と日本の固有名詞(池上禎造)
  • 下河辺長流碑の修復再建(羽倉敬尚)
  • 中井氏先代玄端墓の発見(羽倉敬尚)
  • 虞世南―その書と人―(塘耕次)
  • 堂友会夏季見学会記(藤塚誠二)
  • 色褪せた華鬘―葛川紀行―(大路とし子)

47号(昭和52[1977]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 北京の書舗(遺稿)(吉田鋭雄)
  • 文豪頼山陽の賢母静子梅 [シ] 夫人の実家篠田家の墓(羽倉敬尚)
  • 孟子の作俑について(北村良和)
  • 酒井君を偲びて(中川幸三)
  • 堂友会の見学会
    • 湖北の旅―観音像にみる朱の唇―(大路とし子)
    • 近江路見学の記(栗生照子)

48号(昭和53[1978]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 有物有則の解釈について(橋本高勝)
  • 仲統長の思想(串田久治)
  • 呉山社と酒井君(中川幸三)
  • 鳴谷遺稿(中川幸三)
  • 酒井先生にさゝぐ(齋藤フサ子)
  • 若狭の国の仏たち(野々村富二良)
  • 若さの古社寺巡礼(塘耕次)
  • 夏期一泊見学会の記―七月二十二日・二十三日―(三原辰之助)

49号(昭和54[1979]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 関於荘子「情」与「礼」的研究(黄錦 [コウ] )
  • 銀雀山漢墓竹簡《孫子》校訂(武藤博久・大川俊隆・野間和則)
  • 吉田先生と素読
    • 素読の思い出(今川せい)
    • 素読の思い出(今川ふさ)
  • 近江を探ねる(鳩遠江)

50号(昭和55[1980]年10月、懐徳堂堂友会)

  • 懐徳堂先賢の業績と遺品との蒐集・整理・保存に関する近況について(木村英一)
  • 中井竹山の詩についての覚書(笵月嬌)
  • 堂友会例会見学会の案内記(口述筆記)(宇野茂樹)
  • かくれ里と湖上の旅―その随想―(鳩遠江)


総目次(1〜25号)
総目次(51号〜)
刊行物案内へ戻る
HOMEに戻る
記念会について
懐徳堂を知る
かいとくどう豆辞典
懐徳堂の教え
講座のご案内
みなでこらむ
グッズ紹介
図書室
記念会刊行物
懐徳堂関係図書
懐徳堂リンク集
講師派遣
100周年記念事業
事務室
お問い合わせ・ご意見、ご感想
記念会会員募集
懐徳堂についてより深く知りたい方はぜひご入会ください。会員には会報「記念会だより」機関誌「懐徳」が配布されます。

このページの先頭に戻る
Copyright© (財)懐徳堂記念会 All rights reserved.