懐徳堂記念会図書室/懐徳堂関係図書
懐徳堂に関するより詳しい知識を得るために、現在でも入手可能な図書を紹介します。
なお、懐徳堂に関する専門的な研究論文・研究書などに関する情報は、大阪大学中国哲学研究室の協力を得て大阪大学文学部懐徳堂センターが蒐集・蓄積しております。
 『図録・懐徳堂―浪華の学問所』
【編集・発行】懐徳堂友の会・記念会 【発売】大阪大学出版会
【発売日】1994年 【価格】本体2,000円 【ISBN】4906482007
図録・懐徳堂―浪華の学問所
 この図録は大阪大学懐徳堂文庫の資料を中心として、諸所の関係資料をも併せ、江戸時代か現在まで懐徳堂の歩みを見て楽しめるように編集したものです。近世の懐徳堂の歩みとともに記念会や友の会の歩みも掲載しています。

 1章 近世日本と懐徳堂
 2章 懐徳堂の成立
 3章 学問所「懐徳堂」
 4章 学問所「懐徳堂」の終焉
 5章 懐徳堂の思想と近代
 6章 懐徳堂の遺跡と遺物
 出版元による紹介ページへ
 『懐徳堂とその人々』
【著者】脇田修・岸田知子 【発売】大阪大学出版会
【発売日】1997年 【価格】本体1,500円 【ISBN】4872590287
懐徳堂とその人々
 どちらかと言えば入門者むけの、平易な一冊。
 出版元による紹介ページへ
 『懐徳堂事典』
【著者】湯浅邦弘 【発売】大阪大学出版会
【発売日】2001年 【価格】本体2,800円 【ISBN】4872590805
懐徳堂事典
 大阪大学創立70周年記念として作成された“バーチャル懐徳堂”の内容を、大幅に増補したもの。
 出版元による紹介ページへ
 『自由学問都市大坂―懐徳堂と日本的理性の誕生』
【著者】宮川康子 【発売】講談社 【選書】メチエ
【発売日】2002年 【価格】本体1,500円 【ISBN】4062582325
自由学問都市大坂―懐徳堂と日本的理性の誕生
 出版元による紹介ページへ
 『富永仲基と懐徳堂―思想史の前哨』
【著者】宮川康子 【発売】ぺりかん社
【発売日】1998年 【価格】本体2,600円 【ISBN】4831508624
富永仲基と懐徳堂―思想史の前哨
 『懐徳堂朱子学の研究』
【著者】陶徳民 【発売】大阪大学出版会
【発売日】1994年 【価格】本体6,500円 【ISBN】4872590023
懐徳堂朱子学の研究
 かなり専門的な研究書。
 出版元による紹介ページへ
 『町人社会の学芸と懐徳堂』
【著者】宮本又次 【発売】文献出版 【発売日】1992年、絶版
【価格】本体3,500円
 『懐徳堂―18世紀日本の「徳」の諸相』
【著者】テツオ=ナジタ・子安宣邦 【発売】岩波書店 【発売日】1992年
【価格】本体4,000円 【ISBN】40000036238
 『大坂学問史の周辺』
【著者】梅溪昇 【発売】思文閣出版 【発売日】1991年
【価格】本体2,300円 【ISBN】478420640X
 出版元による紹介ページへ
 『懐徳堂考』
【著者】西村天囚 【編集・発行】懐徳堂・友の会 【発売日】1984年
【価格】本体3,600円
 明治末期に出版された同名の書を復刻したもの。享保より明治に至る懐徳堂の歴史を俯瞰している。
 専門的な記載が多く、初心者には不向きであるが、懐徳堂について研究するためには必ず参照せねばならない基本書である。
 『中井竹山・中井履軒』(叢書・日本の思想家 24)
【著者】加地伸行ほか 【編集・発行】明徳出版社 【発売日】1980年
【価格】本体2,500円 【ISBN】478420640X
HOMEに戻る
記念会について
懐徳堂を知る
かいとくどう豆辞典
懐徳堂の教え
講座のご案内
みなでこらむ
グッズ紹介
図書室
記念会刊行物
懐徳堂関係図書
懐徳堂リンク集
講師派遣
100周年記念事業
事務室
お問い合わせ・ご意見、ご感想
記念会会員募集
懐徳堂についてより深く知りたい方はぜひご入会ください。会員には会報「記念会だより」機関誌「懐徳」が配布されます。

このページの先頭に戻る
Copyright© (財)懐徳堂記念会 All rights reserved.