左九羅帖/近世大阪の美:懐徳堂記念会

 懐徳堂記念会

かいとくどう 豆事典

左九羅帖(さくらじょう)/近世大阪の美

懐徳堂の収集・保存品の紹介

 懐徳堂では書籍だけでなく、文化的に貴重な品が収集・保存されていました。ここではその一部をエピソードを交えながらご紹介しています。

 

03.左九羅帖(さくらじょう)

中井履軒著 1帖 縦28.5×横17.1cm 大阪大学懐徳堂文庫蔵

 


 動植物・鉱物などを、主として医薬の観点から研究する学問は、中国では本草学(ほんぞうがく)と呼ばれていました。日本に伝来した本草学は、広く動植物に関わる博物学として、本草書(動植物図鑑)を誕生させていきます。中井履軒の『左九羅帖』は、懐徳堂の代表的な本草書です。

 履軒は、動植物図をわかりやすく描き、そのかたわらに名称を記しています。筆致は極めて写実的で、履軒の本草への関心を伝える資料であるとともに、履軒の画才を窺わせる資料ともなっています。

 履軒は、動植物の名称が混乱しているのを憂え、これを正すために『左九羅帖』を著したと考えられます。たとえば本資料の冒頭には、サクラおよびウグイスが描かれており、そのかたわらには「樺」および「青鳥」と記されています。日本で「サクラ」には「桜」字をあてるのが一般的であり、また、履軒の兄の中井竹山は「桜」ではなく「海棠」の字をあてるべきだとしています。これに対して履軒は、「樺」が正しいとしています。なお、懐徳堂最後の教授並河寒泉が晩年「桜ノ宮」に住み「樺翁」と号したのも、従祖父である履軒の説に基づくとされます。

このページの先頭に戻る

HOMEに戻る

懐徳堂記念会について

懐徳堂を知る

かいとくどう豆辞典

懐徳堂の教え

古典講座のご案内

みなでこらむ

グッズ紹介

図書室

懐徳堂リンク集

法人講座・講師派遣

創立100周年記念事業

財団運営関係資料

お問い合わせ・ご意見、ご感想

記念会会員募集
懐徳堂記念会の会員を募集しています。さまざまな会員特典があります。

(財)懐徳堂記念会事務局
〒560-8532
大阪府豊中市待兼山町1-5 大阪大学文学部内
Tel:06-6843-4830
Fax:06-6843-4850
E-mail:
kaitokudo
@let.osaka-u.ac.jp

調整画像

調整画像

Copyright© (財)懐徳堂記念会 All rights reserved.