扶桑/「日本国」の由来:懐徳堂記念会

 懐徳堂記念会

かいとくどう 豆事典

扶桑(ふそう)/「日本国」の由来

懐徳堂の収集・保存品の紹介

 懐徳堂では書籍だけでなく、文化的に貴重な品が収集・保存されていました。ここではその一部をエピソードを交えながらご紹介しています。

 

05.扶桑(ふそう)

縦14.9×横14.5cm 大阪大学懐徳堂文庫蔵

 


 その昔、本邦の西国に「扶桑木(ふそうぼく)」と称する大木があり、外国の船がはるかにこの扶桑を認めて、日本の目当てとしたことから日本を「扶桑国」と言った、という俗説があります。また、中国のある字説に、太陽が木の下にあるのを「杳(ヨウ、くらい)」、木中に昇るのを「東」、木の上にあるのを「杲(コウ、あかるい)」とし、そこで言われる木は中国の東方の島(日本)にある「扶桑」であるとしています。
中井竹山は、これらを俗説とはしながらも、上古の日本に巨木があったことは事実であるとして、巨木伝説を紹介して考証した『扶桑木説(ふそうぼくせつ)』を書いたのです。
なお、この画像は、竹山の弟・履軒の『左九羅帖』(VOL.3参照)に描かれた「扶桑木」です。巨大な木の根元に米粒ほどの人々が描かれています。

このページの先頭に戻る

HOMEに戻る

懐徳堂記念会について

懐徳堂を知る

かいとくどう豆辞典

懐徳堂の教え

古典講座のご案内

みなでこらむ

グッズ紹介

図書室

懐徳堂リンク集

法人講座・講師派遣

創立100周年記念事業

財団運営関係資料

お問い合わせ・ご意見、ご感想

記念会会員募集
懐徳堂記念会の会員を募集しています。さまざまな会員特典があります。

(財)懐徳堂記念会事務局
〒560-8532
大阪府豊中市待兼山町1-5 大阪大学文学部内
Tel:06-6843-4830
Fax:06-6843-4850
E-mail:
kaitokudo
@let.osaka-u.ac.jp

調整画像

調整画像

Copyright© (財)懐徳堂記念会 All rights reserved.