受講者のフィードバック

以下は、最終日に受講者の皆さんに書いていただいたアンケートからの抜粋です。

ページのトップへ

教えた人

  • 青木直子
    文学研究科教授、プログラム・コーディネーター

    (メッセージ)

    CLILのプログラムをゼロから作るという仕事はとてもやりがいがありました。専門の先生方やアシスタントの皆さんが、私の意図するところをとても好意的に受け止めてくださって、いろいろなアイディアを出してくださったのと、日本語の小林先生が私のやりたいことを察して私が思い描いていた以上の授業をしてくださったのと、参加者の皆さんがなんでも積極的に挑戦してくださったのとで、私一人ではとても作れない、豊かなプログラムになりました。皆さん、ありがとうございました。

ページのトップへ

時間割

2010年度の時間割(PDF)をダウンロード

フィールドトリップ

8月5日
山本能楽堂の能楽体験講座に行きました。謡の練習をしたり面をつけて舞台を歩いたりさせていただきました。一人だけですが、能の衣装も着せていただきました。
8月7日
京都へ行って、広隆寺で半跏思惟像を見学した後、東映太秦撮影所で、三池崇史監督の『忍たま乱太郎』の撮影を見学させていただきました。昼食は隣接する東映太秦映画村の中のレストランを利用させていただきました。
午後は、京都芸術センターへ行き、明治時代にできた小学校の校舎を利用した施設とともに、江本創さんの「幻ノ進化論 Saltationism」展を見学させていただきました。同センター内にある京都映画祭の事務局にもお邪魔しました。
8月9日
平田オリザのワークショップ「ドラマによる言語学習」の前に、あいちトリエンナーレで初演された、ロボット版『森の奥』のリハーサルを見学させていただきました。また、同じくあいちトリエンナーレ2010で初演された、アンドロイド演劇『さようなら』を私たちのために演じていただきました。
8月13日
映画『大大阪観光』の経路の一部をたどりました。午前中は心斎橋の長崎堂のホールをお借りして授業をし、その後、大阪市中央公会堂に行って、レストラン「中之島倶楽部」でランチをしました。日本の神話をテーマにした天井画のある特別室も見学しました。その後、大阪証券取引所、地下鉄心斎橋駅、大丸などを見学した後、夜は、四天王寺の盂蘭盆会万灯供養法要(うらぼんえまんとうくようほうよう)に行きました。

ページのトップへ

写真

ページのトップへ