2004年3月13日(土) 石室内掘削

1日の中断をはさみ、いよいよ第2石室内の精査が本格的に始まりました。
第2石室では、石室内の精査が開始され、床面の上を覆う黒褐色の堆積から、多数の埴輪片が検出されています。
埴輪は第2石室が崩壊した際に流れ込んだ土の中に含まれていたようです。
左は第1石室の羨道部分を玄室側(内側)よりみた写真です。

3段以上の段差(高さ70p)が検出され、さらにその内側の床面上から礫群がみつかっています。これが階段状遺構の一部なのかどうかを今後検討していきます。