資料庫

 大阪大学が所蔵する明~清を中心とした檔案史料(翻刻したものを含む)を院生有志で調査したもの。調査は東洋史学研究室備え付けのカード、阪大OPAC、図書館での現物調査などによった。(2004年3月末日現在)

 モンゴル国現存遺蹟・碑文調査(通称:ビチェース・プロジェクト;1996~1998年)に関連して、モンゴル国より大阪大学に将来された碑文拓本の所蔵リスト。120点以上の所蔵拓本のうち、突厥・ウイグル時代(6世紀~9世紀)のものを掲載。(2005年6月1日 現在)

 東洋史学研究室に所蔵される榎一雄・山田信夫・護雅夫・森安孝夫旧蔵の欧文抜刷集成の簡単な目録。貴重なものも多く含まれる。