フッサール・データベースの紹介文


     
  1. 大学の教育と研究の現場でぶつかる情報倫理の問題
    (日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「情報倫理の構築」プロジェクト - 広島『FINE-広島研究会報告』No.4[2000年1月発行])
  2. 時事的関心から現象学的関心へ -- 進化するフッサール・データベース --
    (静岡大学人文学部『人文論集』第49号の1[1998年7月発行])
  3. 人文科学とデータベース
    (静岡大学学内特定研究『広領域分野における学術・教育資料の情報体系分析と情報資源化に関する基礎的研究』研究成果報告書[1998年3月発行]より)
  4. 峠を越えたフッサール・データベース -- インターネット時代のマルチリンガル・テキストのために --
    (静岡大学人文学部『人文論集』第48号の1[1997年7月発行]より -- イメージが入っていて、かなり重たいので忍耐が必要です)
  5. インターネットを利用した哲学研究のために -- フッサール・データベースの新段階 --
    (静岡大学人文学部『人文論集』第47号の1[1996年7月発行]より)
  6. フッサール・データベースの新段階 -- データの追加とホームページの開設 --
    (『情報知識学会第4回(1996年度)研究報告会講演論文集』[1996年5月発行]より)
  7. フッサール・データベースの現状報告
    (『情報知識学会ニューズレター』36 [1996年2月発行]より)
  8. インターネットによるフッサール・データベースの公開
    (日本現象学会編『現象学年報11』[1996年1月発行]より)
  9. フッサール・データベースについて
    (静岡大学人文学部『人文論集』第46号の1[1995年7月発行]より)
  10. 他者との共生-- 『フッサール間主観性の現象学』の刊行に寄せて --
    (『創文』No.366[創文社、1995年6月発行]より)

ホームページへ戻る