は行  目次へ

ハシバトシユキ

橋場利幸

自我分裂の論理的可能性への試論 - フッサールにおける反省の問題

上智哲学誌

9

1996.03

101-119

ハセガワアキラ

長谷川晃

フッサール『経験と判断』覚書 -1-

東京水産大学論集

16

1981.02

1-8

ハセガワアキラ

長谷川晃

フッサール『経験と判断』覚書 -2-

東京水産大学論集

17

1982.02

13-24

ハセガワアキラ

長谷川晃

フッサール『内的時間意識の現象学』覚書

東京水産大学論集

18

1982.12

63-71

ハセガワヒロシ

長谷川宏

言語の現象学

理想

437

1969.1

31-40

ハセガワヒロシ

長谷川宏

フッサール批判-自然的対象の超越性をめぐって

駒沢大学文学部研究紀要

27

1969.03

70-83

ハセガワヒロシ

長谷川宏

フッサールと言語 -上-

理想

468

1972.05

1-70

ハセガワヒロシ

長谷川宏

フッサールと言語 -中-

理想

469

1972.06

84-97

ハセガワヒロシ

長谷川宏

フッサールと言語 -下-

理想

469

1972.07

76-93

ハタケヤマサトル

畠山聡

フッサールにおける歴史の問題を考えるために - 『危機』付録28の読解を通じて

哲学雑誌

110(782)

1995.1

197-216

ハタケヤマサトル

畠山聡

フッサール『第一哲学』における「現象学的還元の道」 - 現象学的還元の動機の問題序説 -

論集(東京大学)

15

1997.03

109-125

ハネダタカオ

羽田隆雄

教育の形而上学及び現象学

教育学研究

1936

ババトシヒコ

馬場俊彦

自然科学的世界と人格的世界 - フッサールの現象学的方法による存在問題の研究

明治学院論叢

57

1960

93-104

ハマウズシンジ

浜渦辰二

他者経験の構造と発生 - フッサール「デカルト的省察」を読み直す

哲学論文集(九州大学)

23

1987.09

23-42

ハマウズシンジ

浜渦辰二

他者と異文化-フッサール間主観性の現象学の一側面

哲学年報(九州大学)

49

1990.03

289-314

ハマウズシンジ

浜渦辰二

他者と言語 - フッサール間主観性の現象学の問題圏にて

哲学年報(九州大学)

50

1991.03

111-140

ハマウズシンジ

浜渦辰二

文化の現象学のために - フッサール間主観性の現象学の問題圏

人文論集(静岡大学)

43(2)

1993

111-151

ハマウズシンジ

浜渦辰二

空間の現象学にむけて - フッサールによるカント超越論哲学の改造

人文論集(静岡大学)

44(2)

1994

71-108

ハマウズシンジ

浜渦辰二

幾何学的空間と生きられる空間 - フッサールから見たカント空間論

人文論集

45(1)

1994

97-129

ハマウズシンジ

浜渦辰二

フッセルにおける「心身」問題

哲学論文集

18

1982.09

47-67

ハマウズシンジ

浜渦辰二

相対性の復権と相対主義の陥穽

現象学年報

6

1990.1

35-50

ハマウズシンジ

浜渦辰二

「超越論的他者」とは何だったのか

現象学年報

10

1995.1

149-163

ハマウズシンジ

浜渦辰二

フッサール間主観性の現象学

創文社

1995.2

ハマウズシンジ

浜渦辰二

経験と言語への一考察 - フッサール現象学からの/へのアプローチ -

ディアロゴス

1

1988

ハマウズシンジ

浜渦辰二

時間と他者のアナロジー - 地平と間主観性の現象学・序説 -

哲学

38

1988

ハマウズシンジ

浜渦辰二

言語と他者についての一考察 - 間主観性の現象学における構造と発生 -

ディアロゴス

2

1989

ハマウズシンジ

浜渦辰二

フッサールにおける生世界

文化と哲学

9

1991

ハマウズシンジ

浜渦辰二

フッセル『第一哲学』における現象学的還元

西日本哲学会会報

27

1979.09

ハマウズシンジ

浜渦辰二

フッセル『イデーン巻』における「人格」論について

西日本哲学会会報

31

1983.09

ハマウズシンジ

浜渦辰二

異他なるパースペクティヴを経験する - フッサールの相互主観性の現象学における他者経験をめぐって -

西日本哲学会会報

35

1987.10

ハヤカワジロウ

速川治郎

科学理論における現象学

早稲田大学人文自然科学研究

36

1989.1

1-39

ハヤサカヤスジロウ

早坂泰二郎

Phenomenology og Subjectivity-A Psychological Inquiry

応用社会学研究

28

1987

391-396

ハヤシカツキ

林克樹

フッサールにおける「世界信(Weltglaube」の概念 - その止揚不可能性の根拠について

文化学年報(同志社大学)

38

1989.03

129-145

ハヤシカツキ

林克樹

現象学的体験の記述可能性の問題 - フッサールの「超越論的論理学」を手がかりとして -

哲学論究(同志社大学)

1987.07

40-54

ハヤシカツキ

林克樹

現象学的体験の記述可能性の問題 - フッサールの「超越論的論理学」を手がかりとして -

哲學論究(同志社大学)

7

1987.07

40-54

ハヤシカツキ

林克樹

生世界の現出論的考察の意義について

同志社哲學年報

8

1985.09

31-45

ハヤシカツキ

林克樹

フッサールにおける「根源的意識(Urbewusstsein)」の問題

同志社哲學年報

15

1992.09

40-53

ハヤミケイジ

速見敬二

認識の現象学的解明に就いて

哲学研究

13(148)

1928.07

81-118

ヒグラシヨウイチ

日暮陽一

世界・自我・他者 - E.フッサールにおける超越論的観念論の意味についての考察

東洋大学紀要教養課程篇

24

1985.03

27-38

ヒグラシヨウイチ

日暮陽一

超越論的現象学へのさまざまな道と「生活世界」概念の初出例

白山哲学(東洋大学)

14

1980.03

160-128

ヒロマツワタル

廣松渉

フッサール現象学への視角

青土社

1994.7

ヒロムツオ

弘睦夫

明証性の問題 - Husserl Formale und Transzendentale LogikにみるEvidenzの概念

久野昭教授還暦記念哲学論文集

以文社

1995.09

193-212

フカヤショウゾウ

深谷昭三

現象学的還元と生活世界

甲南大学紀要文学編

35

1979.03

1-13

フカヤショウゾウ

深谷昭三

人間と世界 - 後期フッセルの超越論的現象学を巡って

甲南大学紀要文学編

43

1981.03

1-28

フカヤショウゾウ

深谷昭三

歴史と歴史性 - フライブルク時代のフッセル

甲南大学紀要文学編

55

1984.03

フクダアツシ

福田敦史

時間理解と実践

大学院生論文集(慶應義塾大学)

1995.12

18-24

フジタセキジ

藤田赤二

現象学の意味

早稲田商学

239

1973.12

51-73

フジタセキジ

藤田赤二

現象学と精神現象学

早稲田商学

247

1974.12

889-909

フシミフミオ

伏見文雄

フッサールの直観概念について -1-

関西外国語大学研究論集

18

1972.03

119-137

フシミフミオ

伏見文雄

フッサールの直観概念について -2-

関西外国語大学研究論集

20

1973.03

129-146

フセノブオ

布施伸生

フッサールにおける本質看取と他者理解(日本現象学会第13回研究会の報告)

現象学年報

8

1992

149-154

フセノブオ

布施伸生

フッサール現象学における他者の他者性

哲学

43

1993.04

156-165

フセノブオ

布施伸生

故郷世界と異郷世界の関係のダイナミックス - フッサールの生活世界論における目的論と事実性

哲学論叢(京都大学)

21

1994

74-84

フセノブオ

布施伸生

フッサールにおける他者理解の問題

アルケー(関西哲学会)

1

1993.06

101-110

フナダリョウジ

船田亨二

フッサールの現象論と法律学(1)

法政新誌

20(7)

1923.07

53-66

フナダリョウジ

船田亨二

フッサールの現象論と法律学(2)

法政新誌

20(8)

1923.08

96-117

フナハシヒロシ

船橋弘

フッサール現象学における自我概念の展開

宮城教育大学紀要

12

1977

152-163

ホオジロハヤマ

喰代驥

現象の範囲

哲学雑誌

44(510)

1929.08

49-56

ホオジロハヤマ

喰代驥

現象の範囲

哲学雑誌

44(511)

1929.08

67-85

ホオジロハヤマ

喰代驥

現象の範囲

哲学雑誌

44(512)

1929.1

40-52

ホオジロハヤマ

喰代驥

自我論的還元に於ける除外と還元との区別について

哲学雑誌

48(551)

1933.01

49-65

ホオジロハヤマ

喰代驥

自我論的還元に於ける除外と還元との区別について

哲学雑誌

48(552)

1933.02

57-86

ホオジロハヤマ

喰代驥

自我論的還元に於ける除外と還元との区別について

哲学雑誌

48(554)

1933.04

54-84

ホオジロハヤマ

喰代驥

フッセルにおける歴史的現実の見方について

人文科学研究(新潟大学)

11

1956.12

1-38

ホオジロハヤマ

喰代驥

認識論における自然的態度の回復

哲学雑誌

65(706)

1950.02

92-106

ホオジロハヤマ

喰代驥

知覚の問題

岩波講座・哲学

1968.01

135-162

ホシトシオ

星敏雄

「共自然性」と身体 - フッサール身体論の圏域へ

工学院大学研究論叢

27

1989

19-35

ホシトシオ

星敏雄

意味と身体  - ハイデッガー、フッサールそしてメルロー=ポンティ=ポンティ

弘文堂

1996.7

ホソカワリョウイチ

細川亮一

フッサールとハイデガー(西洋哲学史考)

哲学雑誌

105(777)

1990

126-142

ホソカワリョウイチ

細川亮一

フッサールとハイデガー

哲学年報(九州大学)

49

1990.03

251-288

ホソカワリョウイチ

細川亮一

『イデーンII』の構造と現象学

理想

476

1973.01

64-76

ホソカワリョウイチ

細川亮一

ヘーゲルとフッサール - 「現象学」概念をめぐって

思想

625

1976.07

1095-1112

ホソカワリョウイチ

細川亮一

『省察』における「私の存在」

哲学年報

47

1984

ホソミカズユキ

細見和之

アドルノのフッサール論を表象すること

独仏文学

28

1994

101-114

ホソヤツネオ

細谷恒夫

現象学に於ける『日常性』の問題 - 特にフッセルとハイデッゲルを中心として

理想

41

1933

27-47

ホソヤツネオ

細谷恒夫

現象学の厳密性と根源性 - フッサールとハイデガー

理想

54

1935

127-142

ホソヤツネオ

細谷恒夫

認識現象学序説

岩波書店

1936.05

ホリエイゾウ

堀栄造

フッサールによる初期の空想分析

大分工業高等専門学校研究報告

32

1996.01

190-184

ホリエイゾウ

堀栄造

「現象学的還元」の思想

筑波大学哲学・思想学会哲学思想論叢

5

1987

ホリエイゾウ

堀栄造

フッサールの倫理学 - 1914年の「倫理学および価値論についての根本問題に関する講義」に基づいて

大分工業高等専門学校研究報告

28

1992

ホリエイゾウ

堀栄造

脱現実化的現実化の徹底としてのフッサールの後期思想の展開

筑波大学哲学・思想研究会報告

1

1989

ホリエイゾウ

堀栄造

フッサールの後期思想の立脚点としての『第一哲学』

筑波大学哲学・思想学会哲学思想論叢

6

1988

ホリエイゾウ

堀栄造

「ベルグソンからジェイムズ」から「フッサールへ」

大分工業高等専門学校研究報告

27

1991

ホリエイゾウ

堀栄造

後期フッサールにおける生活世界のアプリオリ性

筑波大学哲学・思想学会哲学思想論叢

4

1986

ホリエイゾウ

堀栄造

フッサールの倫理学の根本問題 - 分別性の概念 -

大分工業高等専門学校研究報告

29

1993

164-171

ホンジョウフミアキ

本庄史明

フッサールにおける超越の契機

立命館文学

592

1993.03

292-305

ホンダケンゾウ

本多謙三

現象学と唯物弁証法

思想

89

1929.1

28-46

ホンダケンゾウ

本多謙三

現象学の社会学的締結(一)

哲学年報(一)

第一書房

1930

44-61

ホンマケンジ

本間謙二

フッサールにおける超越論的主観性の哲学の成立過程 - 『論理学研究』における自我の問題

北海道教育大学紀要第1部A人文科学編

35(2)

1985.03

17-26

ホンマケンジ

本間謙二

フッサールの生活世界概念に含まれる問題

思索(東北大学)

6

1973.1

80-96

ホンマケンジ

本間謙二

超越の構成と現象学

思索(東北大学)

8

1975.1

51-71

ホンマケンジ

本間謙二

現象学的真理論の研究 -1-

北海道教育大学紀要第1部A人文科学編

31(1)

1980.09

1-16

ホンマケンジ

本間謙二

フッサール「生活世界の学」の一断面

北海道哲学会会報

27

1980

ホンマケンジ

本間謙二

現象学と科学哲学

東北哲学会年報

3

1987

目次へ   TOP