第9回「ケアの人間学」合同研究会=講演会のご案内


「ケアの人間学」合同研究会主催・科学研究費 「生命ケアの比較文化論的研究」プロジェクト後援

2003年12月26日
幹事 浜渦辰二
                
 拝啓
 昨年4月から、静岡大学人文学部スタッフと静岡市立看護専門学校スタッフおよび関係者との協力で「ケアの人間学」合同研究会が始まり、先日12月6日で第7回を数えることになりました(研究会の記録)。他方、上記人文学部スタッフが申し込んでいた科学研究費「生命ケアの比較文化論的研究とその成果に基づく情報の集積と発信」が採択され、「ケアの人間学」合同研究会は、その活動の一環として位置づけられることになりました。そこで、この科研費補助金の一部を利用して、ターミナルケアをめぐる連続講演会を企画いたしました。ケアの問題に関心を持つ方、ケアに関わっておられる方に広く呼びかけています。
 入場無料ですが、会場の収容能力に限りがあります(150名)ので、整理券を発行いたします。聴講希望の方は、浜渦(Tel&Fax: 054-238-4488 ; e-mail: jsshama@hss.shizuoka.ac.jp)まで、氏名・住所をご連絡ください。混乱を避けるため、当日キャンセルや申し込みなしの聴講は、ご遠慮ください。
 なお、先日の沼野尚美講演会の際に、すでに申し込みをされた方は、受付をしておりますので、2月末頃には入場整理券を発送いたします。その時に申し込みしておられない方のみ、今回希望がありましたら、お申し込みください。また、5月の内藤いづみ講演会についても、入場希望を受け付けております。合わせてお申し込みいただいても構いません。

      日時 2004年3月27日(土)13:30~16:30
      場所 静岡市立静岡看護専門学校視聴覚ホール(会場案内
      提題 高橋卓志(松本市・神宮寺住職)
      「科学と霊性の関係論──仏教の視点から──」
敬具

講演会案内のポスター(PDFファイルです)

講師プロフィール(PDFファイルです)

リンク集


『ターミナルケア』という雑誌の2004年1月号に、「ホスピスケア、その新たなる可能性──コミュニティケア」という特集があり、そのなかに、高橋卓志氏の論文と、山崎章郎氏(『病院で死ぬということ』の著者)との対談が掲載されています。


連続講演会