第17回「ケアの人間学」合同研究会ご案内



2005年11月17日
幹事 浜渦辰二
                
 拝啓
 朝夕すっかり暖房が欲しい季節になりました。皆さま、お元気にお過ごしのことと存じます。
 第17回研究会を下記のように開催することになりましたので、お知らせいたします。



      日時 2005年12月17日(土)13:30~17:00
      場所 静岡市立静岡看護専門学校1階会議室(会場案内
      提題 
      1. 松村美三代(つばくろ在宅ケアクリニック・看護師)
        「在宅ケアについてーケーススタディー」
      2. 外側志津子(21世紀葬送を考える会・代表)
        「蟻の街のマリア=北原怜子の思い出」
 今回は、藤枝市で在宅ケアに携わっておられる「つばくろ在宅ケアクリニック」で看護師を勤めておられる松村さんに、先進的に在宅ケアに取り組む苦労話も含めて、ケーススタディーによる話題提供をお願いします。
 また、保護司、介護相談員、21世紀葬送を考える会など、さまざまな顔をもって、静岡で「ケア」の活動に長年にわたって取り組んで来られ、このたび市政功労賞(社会福祉功労)を受賞された外側さんに、その原点になった北原怜子さんとの出会いについて、お話をお願いします。
敬具
トップページへ