第3回フッサール研究国際会議
in Japan
2003年11月23日(日)・24日(月)


  以下のようなスケジュールで、科研費プロジェクト「新資料・新研究に基づく、フッサール現象学国際的研究の新しい地平の開拓」による第3回フッサール研究国際会議 in Japan(The third international meeting for Husserl studies in Japan)を開催することになりました。みなさまの積極的なご参加をお願いいたします。
第3回フッサール研究国際会議 in Japan

時:2003年11月23(日)−24日(月)
於:京都大学(大学院人間・環境学研究科会議室)[アクセス地図][キャンパス案内図

The third international meeting for Husserl studies
in Japan

at the Kyoto University
(Kyoto)
(in the meeting room of the Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University)

Program


Sunday, 23 November 2003
13:30-13:40 Greeting
13:40-15:10 Shigeto Nuki (Senshu University): Self and I - Towards a phenomenology of Culture via the analysis of the "place" of the I -
(moderator: Shinya Noe)
15:20-16:50 Barry Smith (Buffalo): Husserlian Ecology
(moderator: Isamu Miyahara )
18:00-19:30 Guy van Kerckhoven (Brussel/Bochum): Intentionalität und Lebensbezug. Die Phänomenologie E. Husserls in der hermeneutischen Forschungsperspektive.
(moderator: Tetsuya Sakakibara)
19:30-21:30 Reception

Monday, 24 November 2003
09:00-10:30 Dan Zahavi (Copenhagen): Time and Consciousness in the Bernau Manuscripts
(moderator: Toru Tani)
10:40-12:10 Dieter Lohmar (Köln): Analysen der Protention im Anschluß an Husserls 'Bernauer Manuskripte'. Was 'protiniert' die Protention?
(moderator: Shinji Hamauzu)
12:10-13:00 Lunch Break
13:00-14:30 Greeting & Meeting

上と同じ内容を次のウェブページでも紹介しています。

HTML版:
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/0311husserl-poster2.htm
PDF版:
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/0311husserl-poster2.pdf

 宿泊については、秋の観光シーズンで京都の宿は混む可能性大ですので、できるだけ早めにご予約ください。下記の宿泊施設のうち、発表者・関係者の宿泊する芝蘭会館には、若干の部屋を確保してありますので、希望される方は、宮原勇(isamu-m@mx.biwa.ne.jp)までご連絡ください。京大会館、御車会館については、下記の連絡先にご自分で連絡をお取り下さい。その他、Yahoo!トラベル等のウェブサイトからも、ホテル・旅館を探すことができます。

芝蘭会館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/japanese/event/shiranhall.html
TEL:075-771-0958
京大会館
http://www.kyodaikaikan.jp/
TEL:075-751-8311
御車会館
http://www.kyoto-u.ac.jp/keiribu/keirika/mikuruma/main.htm
TEL:075-211-5626
Yahoo!トラベル
http://travel.yahoo.co.jp/

 23日のレセプション(17:40-19:30)に参加を希望される方は、11月14日(金)正午までに、メールで宮原勇(isamu-m@mx.biwa.ne.jp)までご一報ください。
 会費は、3000円(税別、飲み物類別)で考えています。
 当日その場で参加希望されるのは、皆さんにご迷惑をおかけすることになりますので、ご遠慮ください。参加希望の方は、必ず上記締切までにお申し出下さい。

 これまでの会議についての情報は、次のウェブページを参照ください。
第1回フッサール研究国際会議
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/j/int-husserl-01.htm
第2回フッサール研究国際会議
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/j/program0303.htm

The members of project team(alphabetically):

HAMAUZU, Shinji (Shizuoka University), MIYAHARA, Isamu (Aichi-Kenritsu University), NOE, Shinya (Tohoku-Kogyou University), NUKI, Shigeto (Senshu University), SAITO, Yoshimichi (Keio University), SAKAKIBARA, Tetsuya (Tokyo University), TANI, Toru (Ritsumeikan University), WADA, Wataru (Han-nan University), YAMAGUCHI, Ichiro (Toyo University)

 なお、当日の発表は、英語またはドイツ語で行われますが、原文テキストと和訳(抄訳)を収録した『Proceedings』が配布され、質疑応答も科研メンバー(moderator)による通訳により行われる予定です。
フッサール研究会のページへ