懐徳堂研究会とは

懐徳堂研究会は、江戸時代の大坂において百四十年余り活動した漢学の学校・懐徳堂に関する研究、及び明治末以降の懐徳堂顕彰運動によって再建された重建懐徳堂に関する研究に取り組む、共同研究組織です。

1懐徳堂研究会の創立

本会の創立は、2001年(平成13年)5月に行われた大阪大学創立七十周年記念事業と深く関わっています。大阪大学は、緒方洪庵の蘭学塾・適塾と懐徳堂とをその源流として位置づけることから、記念事業の一環として、最新のデジタル技術によって懐徳堂と適塾とを再構築する「バーチャル適塾・懐徳堂」を作成・公開することとなりました。そこで2000年(平成12年)4月、大阪大学の湯浅邦弘教授は、懐徳堂研究の実績を持つ大阪大学中国哲学研究室の関係者を組織して懐徳堂研究会を立ち上げ、「バーチャル懐徳堂」のデジタルコンテンツ作成を開始しました。これが本会発足の発端です。

懐徳堂に関係する貴重資料は、大阪大学附属図書館の懐徳堂文庫に多数収蔵されております。本会のメンバーは、分担して懐徳堂文庫の資料を実見調査し、その成果を踏まえて約百点の解題を執筆しました。またいくつかの文献については全文テキスト化を行い、あわせて「懐徳堂年表」・「懐徳堂事典」等も作成しました。こうして、「バーチャル懐徳堂」のデジタルコンテンツの一環として、懐徳堂データベース(「新建懐徳堂」と称した)が完成したのです。

WEB懐徳堂

WEB懐徳堂

「バーチャル懐徳堂」のデジタルコンテンツは、もともとスタンドアロンを前提に作成されていました。そこで、懐徳堂関係のデジタルコンテンツにインターネットでアクセスできるようにすることを主な目的として、日本学術振興会の科学研究費補助金基盤研究(A)(2)「デジタルコンテンツとしての懐徳堂研究」(研究代表者下條真司大阪大学サイバーメディアセンター教授、2001~2004年)が開始されました。本会のメンバーが研究分担者・研究協力者としてこの研究に参加し、懐徳堂データベースのコンテンツを約三百点に拡充した。また『懐徳堂文庫図書目録』(大阪大学文学部編、1976年)を電子情報化し、更に修訂・補遺について共同で行うことができるようにした『懐徳堂文庫電子図書目録』の作成・公開に伴って、その具体的な修訂・補遺作業等にも取り組みました。こうして2004年2月に公開されたのが、「WEB懐徳堂」(http://kaitokudo.jp/index.html)です。「WEB懐徳堂」は、その後も新たなコンテンツを次々と加え、今日に至っております。

以上のように、懐徳堂研究会はその創設以来、懐徳堂関係のデジタルコンテンツ作成を中心として活動してきましたが、同時にメンバーそれぞれは、デジタルコンテンツ作成作業で得た様々な新たな知見に基づき、懐徳堂や重建懐徳堂に関する研究を推進しました。そしてその成果を懐徳堂研究会の研究会合において発表し、更に学会での口頭発表や論文執筆へと発展させました。

2「儒蔵」プロジェクト

2006年(平成18年)、湯浅教授は財団法人東方学会理事の戸川芳郎氏から依頼を受け、「儒蔵」日本編纂委員会委員となりました。「儒蔵」とは、北京大学など中国の約25の大学や研究期間が連携して推進している、儒学に関連する教典を網羅しようとする大事業です。この「儒蔵」の中に日本に現存する漢籍も含まれることとなり、日本編纂委員会が設立され、湯浅教授は中井履軒の『大学雜議』・『中庸逢原』・『論語逢原』・『孟子逢原』の原稿執筆を依頼されたのです。

湯浅教授は懐徳堂研究会関係者に協力を依頼し、メンバーは分担して原稿の執筆に当たりました。詳細については、湯浅邦弘「蘇る懐徳堂四書―「儒蔵」編纂事業について」(『懐徳堂センター報』2009、大阪大学大学院文学研究科・文学部・懐徳堂センター)を御参照ください。

なお、『大学雜議』・『中庸逢原』・『論語逢原』・『孟子逢原』の原稿は既に完成し、中国側に提出済みであり、近く刊行される予定です。

3懐徳堂の総合的研究

2013年(平成25年)、竹田を研究代表者とする日本学術振興会の科学研究費補助金基盤研究(B)「懐徳堂の総合的研究」が採択されました。この研究は、懐徳堂と重建懐徳堂とを、中断を挟みながらも連続する一つの学校として位置付けた上で、(1)懐徳堂・重建懐徳堂の学問について、総合的な資料調査を基盤とした実証的解明を行うこと、(2)懐徳堂・重建懐徳堂の学問を中心として、近世以降の大阪における儒教の展開の全容を解明すること、(3)大阪における儒教が日本の儒教史において占める位置を解明することを目的とするものです。懐徳堂研究会のメンバーのほとんどが研究分担者・研究協力者・連携研究者として研究組織に加わっております。この共同研究の採択に伴い、本会の代表は竹田が引き継ぎました。

現在の本会の活動の中心は、年四回定期的に開催する研究会合です。メンバーは懐徳堂関係資料の調査に精力的に取り組むと共に、それぞれが分担する課題について研究に取り組み、その成果を研究会合において発表し、参加者全員によって討議を行っております。メンバー各自はその討議を踏まえて更に研究を進め、学会での口頭発表や論文執筆を行っています。

この共同研究は、懐徳堂関係資料のデジタルアーカイブ化の推進をも目的としており、既に懐徳堂文庫の『論語聞書』を「WEB懐徳堂」の新たなコンテンツとして組み入れております。他に既に撮影済みの資料もあり、また懐徳堂文庫以外の貴重資料の撮影等についても準備を進めているところです。

4懐徳堂研究会メンバー

2015年9月現在、本会のメンバーは、以下の通りです(敬称略)。

研究代表者

  • 竹田健二(島根大学教授)

研究分担者

  • 湯浅邦弘(大阪大学大学院教授)
  • 寺門日出男(都留文科大学教授)

連携研究者

  • 藤居岳人(阿南工業高等専門学校教授)
  • 矢羽野隆男(四天王寺大学教授)
  • 湯城吉信(大阪府立大学工業高等専門学校教授)

研究協力者

  • 杉山一也(岐阜経済大学准教授)
  • 久米裕子(京都産業大学准教授)
  • 佐野大介(懐徳堂研究センター教務補佐員)
  • 清水洋子(福山大学専任講師)
  • 前川正名(台湾・高雄餐旅大学助理教授)
  • 黒田秀教(台湾・明道大学助理教授)
  • 池田光子(財団法人懐徳堂記念会研究員)
  • 草野友子(京都産業大学特約講師)
  • 中村未来(大阪大学助教)

この他に懐徳堂研究会発足時からのメンバーとして、岸田知子教授(中央大学)がおられ、「懐徳堂の総合的研究」には分担者として加わってくださっていましたが、2015年3月12日に急逝されました。長く懐徳堂・日本漢学の研究に取り組んでおられた岸田教授は、本会の中心的メンバーであり、これまで研究会合等において貴重な御助言や御指導を何度も頂戴してきました。本会のメンバー一同、岸田教授の学恩に報いるべく、一層研究に励む所存です。

なお、研究会合には、正規のメンバーの他に、大阪大学中国哲学研究室の学生が参加し、研究発表を行うこともあります。

事務局:大阪大学中国哲学研究室内
〒560-8532 大阪府 豊中市待兼山町1-5
大阪大学大学院文学研究科 中国哲学研究室