指示詞研究会について


指示詞研究会は、世界の言語における、指示詞を中心とする直示的表現の研究を目指して、2007年2月14日に設立された研究団体です。

当面の活動としては、日本語指示詞研究文献一覧の更新に当たっていますが、随時研究会やジャーナルの発行など、活動を広げていく予定です。

指示詞研究会の活動についてお知りになりたい方、参加を希望される方は、金水 (kinsui_at_let.osaka-u.ac.jp) までご連絡ください(メールアドレスは、_at_を半角のアットマークに置き換えてください)。

発起人:金水 敏、田窪行則、岡崎友子


第5回指示詞研究会・研究発表会のお知らせ

日時:
2011年1月22日(土曜)(13:00〜18:00頃)
開始時間が変更されています。ご注意ください。
場所:
ステューデントコモンズ・セミナー室(1)
下のサイト(キャンパスマップ)で41番の建物に当たりますが、「コミュニケーションデザイン・センター」というサインは学内にありません。「大学教育実践センター・管理講義棟」のサインを目指しておいでください。
大阪大学豊中キャンパス

「土曜ことばの会」と共同開催)
プログラム
13:00〜13:45 発表題目「存在の〈-e iss-〉がつかない動詞類について―「消える」類「結婚する」類、そしてタクシスを表す〈-e iss-〉について―」
  金京愛(京都大学大学院文学研究科)
13:45〜14:30 発表題目「ダイクシスから見た日本語の感情形容詞」
  ドラガナ・シュピッツァ(名古屋大学大学院国際客員研究員)
14:45〜16:15 発表題目「ネワール語の-gu kha:文と日本語のノダ文」
  松瀬育子(慶應義塾大経済学部非常勤講師)
16:30〜18:00 発表題目「指示代名詞の直示用法における領域調査―高橋調査法における、 2010年の若者のコソア―」
  岡崎友子(就実大学准教授)・堤良一(岡山大学准教授)

研究会へのご参加は、どなたでも自由です。



第4回研究発表会
日時:
2009年1月24日(土曜)(13:30〜17:00)
場所:
大阪大学21世紀懐徳堂・多目的スタジオ
「土曜ことばの会」と共同開催)
プログラム
13:30〜15:00 発表題目「ダイクシスの主観性と移動動詞の文法化」
  澤田 淳(日本学術振興会/京都大学大学院)
15:15〜16:45 発表題目「接続詞「サテ」について」
  岡崎友子(就実大学准教授)
第3回研究発表会
日時:
2008年8月9日(土曜)(13:30〜17:45頃)
場所:
岡山大学大学院社会文化科学研究科 総合研究棟2F 共同研究室
プログラム
13:30〜14:15 ミニ報告 「フィラーのアノ・ソノの出現場所(と身体動作)について」
  堤 良一(岡山大学大学院社会文化科学研究科(文学系)准教授)
14:30〜16:00 発表題目「ソレガ・ソレヲの論理関係の体系化」
  寺井妃呂美(弘益大学校・専任講師)
16:15〜17:45 発表題目「ダイクシス、現実、仮想現実」
  金水 敏(大阪大学大学院文学研究科)+大阪大学チーム・ダイクシス(黒木邦彦、大田垣仁、藤本真理子、清田朗裕、森勇太)
18:00頃〜    懇親会
第2回研究発表会
日時:
2007年10月20日(土曜)(13:30〜17:00頃)
※「土曜ことばの会」と合同開催
場所:
大阪大学文法経講義棟1階 文11教室
プログラム
13:30〜14:15 ミニ報告 「沖縄県石垣市の指示詞について」
  荻野千砂子(中村学園大学短期大学部講師)
14:30〜16:00 発表題目「現代韓国語と日本語の指示詞が指し示す範疇について」
  金 善美(同志社大学言語文化教育研究センター講師)
16:15〜17:45 発表題目「間投詞アノ(−)・ソノ(−)の出現頻度とその出現要因について」
  堤 良一(岡山大学大学院社会文化科学研究科(文学系)准教授)
第1回研究発表会
日時:
2007年5月19日(土曜)(15:00〜17:00)
場所:
大阪大学大学院文学研究科 A27
プログラム
15:00〜16:00 発表題目「古代語カ(ア)系列指示詞の定義」
  藤本真理子(大阪大学大学院博士課程)
16:00〜17:00 発表題目「日韓における指示詞について」
  朴美賢(甲南大学)・岡崎友子(就実大学)