2011ネン1ガツ5ニチ〜6ニチ公開コウカイシンポジウムをオコナいます。
科学カガク研究費ケンキュウヒ補助金ホジョキン 基盤キバン研究ケンキュウ (B)
役割語の理論的基盤に関する総合的研究
 
 
課題カダイ番号バンゴウ: 19320060
研究ケンキュウ代表者ダイヒョウシャ金水キンスイ サトシ (大阪オオサカ大学ダイガク大学院ダイガクイン文学ブンガク研究科ケンキュウカ教授キョウジュ
研究ケンキュウ期間キカン平成ヘイセイ19年度ネンド平成ヘイセイ22年度ネンド
 
研究ケンキュウ分担ブンタンシャ
定延サダノブ利之トシユキ (神戸コウベ大学ダイガク国際コクサイ文化学ブンカガク研究科ケンキュウカ教授キョウジュ
 
連携レンケイ研究者ケンキュウシャ
山口ヤマグチ治彦ハルヒコ (神戸市コウベシ外国語ガイコクゴ大学ダイガク外国ガイコク語学ゴガク教授キョウジュ
テイ メグミサキ (北海道ホッカイドウ大学ダイガク留学生リュウガクセイセンター・ジュン教授キョウジュ
勅使河原テシガワラ三保子ミホコ (駒澤大学・総合教育研究部・専任センニン講師コウシ
渋谷シブヤ勝己カツミ (大阪オオサカ大学ダイガク大学院ダイガクイン文学ブンガク研究科ケンキュウカ教授キョウジュ
松井マツイ智子トモコ (京都キョウト大学ダイガク霊長類レイチョウルイ研究所ケンキュウショ准教授ジュンキョウジュ
吉村ヨシムラカズシン (京都キョウト精華セイカ大学ダイガク・マンガ学部ガクブ准教授ジュンキョウジュ
岡崎オカザキ友子トモコ (就実シュウジツ大学ダイガク人文ジンブン科学部カガクブ准教授ジュンキョウジュ
 
研究ケンキュウ目的モクテキ
「役割語」とは、ステレオタイプ的な人物像と、心理的連合によって結びつけられたスピーチスタイルのヴァリエーションのことを指す。本研究では、(1)「役割語の認知とその発達」(2)「役割語の対照言語学的研究」(3)「役割語を巡る作品と享受者のインタラクション」(4)「日常談話における役割語の運用」の諸点を明らかにするために、(a)「幼児・児童の役割語的知識に関する心理シンリ実験と、それに基づく役割語習得メカニズムの理論化」(b)「対照研究の理論的基盤の整備」(c)「ポピュラーカルチャー作品における役割語表現の機能に関する基礎研究」(d)「日常談話におけるキャラ語尾と発話キャラクターの関連に関する研究」(e)「国際的研究ネットワークの構築」の5つの課題を進めていく。併せて、本研究の遂行を通して、日本語教育を初めとする言語教育、国語教育、翻訳論、文学研究等の隣接領域へも応用的貢献への方策も探求していく。