What you might expect in studying with me...


文学研究科日本語学講座 青木直子


私の専門は一にも二にも第二言語教育です。ふだん関わっているのは、日本国内における第二言語としての日本語に関することです。日本の社会で「外国人」として生きることはかなりつらいことのようです。私自身にはその経験がないので「ようです」としか書けませんが、はっきり言って、ふつうの「日本人」はこのことをほとんど知りません。私は、日本語を学ぶ人たちに人間として敬意をもって接することのできる人、彼らの立場に立ってモノを見られる人、彼らの住む世界について学ぼうという謙虚な態度をもった人がもっと増えたらいいなと思っています。

日本語教育に限らず、教育は学び手の都合をかなり無視してきたと思います。伝統的な教育方法だけではなく、新しい理論にもとづく様々な提案でさえ、結局のところ、あなたのためになるからこれを学びなさい、こういう方法で学びなさい、というふうに「新しいやり方」を押しつけてきたのではないかと思います。学習者の言い分を聞くための仕掛けをもっている方法論は極めて稀です。ところが、教師や研究者は学習者について大切なことを実はほとんど知りません。学習者のためにと思ってやっていることが、まったく的外れである可能性はかなりあるのです。

だから、教師が学び手の声に耳を傾けなくてはいけないのと同じように、第二言語教育の研究は言葉を学ぶ「人」を研究しなくてはいけないと思います。(私自身は最近は言葉を教える「人」を研究していますが。)そのためには、まず、言語学とか日本語学とか応用言語学とかいう既成の学問の枠を超えて、心理学や教育学や社会学など人を研究する学問の知見を学ぶことが大切。さらに、人間を対象とした研究に適した方法論を身につけること。研究というと普遍的規則を客観的に発見することだと信じている方も多いだろうと思いますが、そうした実証主義的方法は、本来、自然科学のために考えられたものです。人は物ではないので、同じ方法で扱うことはできません。私のゼミの学生たちは、日本語を学ぶ人たちや日本語を教える人たちを対象にしたエスノグラフィーとかナラティブ的探究とかライフ・ストーリーとかケース・スタディとか、そんなことをやっています。

  • こんな授業をやっています。こちらをクリックして、私の名前で検索してください。
  • 第二言語の学習と使用
  • 第二言語学習における学習者オートノミー
  • 日本語教育実習
  • 日本語教育研究方法論の再検討
  • 第二言語教育の質的研究方法演習
  • 各種論文指導ゼミ
  • こんなプログラムも作りました:「日本のアートの冒険」

  • それにこんなこともやっています:文学部/文学研究科タンデム学習プロジェクト(文学部/文学研究科の学生のためにタンデム学習のアレンジをするサービスです。ホームページはこちら。2012年度の報告書はこちら。Facebookはこちら

  • そして、こんなこともやりました:「多言語多文化研究に向けた複合型派遣プログラム」共同プロジェクト(文学研究科が日本学術振興会の「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」の資金を得て2010年から2012年にかけて行ったプロジェクトの一環で、日本語教育ゼミの院生、修了生がニュージーランドで開かれたIndependent Learning Association Conference 2012で発表しました。報告書はこちら。)

  • 道楽のつもりが、いつのまにか本当の専門になってしまった学習者オートノミーの研究
    中東欧日本語教育研修会2017で講演させていただいた時の文献リスト

  • そして、最近、学習者オートノミーではくくれなくなってしまったナラティブをベースにした教師教育の研究

  • これも真面目にやらなくちゃいけないと思っている。就労外国人の日本語習得

  • こんなこともやりました:接触会話における在日外国人の日本語習得に影響を及ぼす心理的・社会的要因の研究(科研費をもらってやった調査です。自分では、就労科研の続きだと思っています。報告書をお読みになりたい方は、切手290円分を貼って、宛先を書いたA4サイズの本が入る返信用封筒を、560-8532 豊中市待兼山町1-5 大阪大学文学部 青木直子あて、お送りください。)

  • 『日本語ポートフォリオ』:上の2つの研究をした経験から、日本語教室で日本語を学ぶ方たち、そしてそれを手伝うボランティアの方たちの役に立てることはないだろうかと考えて作ってみました。

  • 『在日外国人の日本語学習支援ツール「日本語ポートフォリオ」を媒介とした支援者の学び』: ボランティアの方たちに協力していただいてやった科研費の調査の報告書です。

  • 関連サイト
  • 国際交流基金の日本語教育のページ
  • 日本語でケアナビ
  • Rikaichan(日本語学習のためのポップアップ辞書です。)
  • 日本質的心理学会
  • AILA Research Network for Learner Autonomy
  • JALT Learner Development SIG
  • Independent Learning Association

  • こういうことにもぜひ関心をもってほしい...

  • こんなこともやっていました。

  • Absolutely personal(仕事とは全然関係ないリンク集です。)

  • 質問、相談、感想などは、naokoアットlet.osaka-u.ac.jpへ。
    (Spamメール対策でこのように表記しました。通常のアドレスの表記に変換してください。)