泉 鏡花『外科室』

 夫人はここにおいてぱっちりと眼を瞠けり。氣もたしかになりけむ、聲は凛として、
「刀を取る先生は、高峰樣だらうね!」
「はい、外科科長です。いくら高峰樣でも痛くなくお切り申すことは出來ません。」
「可いよ、痛かあないよ。」
「夫人、貴下の御病氣は其樣な手輕いのではありません。肉を殺いで、骨を削るのです。ちっとの間御辛抱なさい。」
 臨檢の醫博士はいまはじめてかくいへり。これ到底關雲長にあらざるよりは、堪へ得べきことにあらず。しかるに夫人驚く色なし。
「その事は存じてをります。でもちっともかまひません。」
「あんまり大病なんで、どうかしをったと思はれる。」
と伯爵は愁然たり。侯爵は傍より、
「ともかく、今日はまあ見合すとしたらどうぢゃの。後でゆっくりといひ聞かすが可からう。」
 伯爵は一議もなく、衆皆これに同ずるを見て、彼の醫博士は遮りぬ。
「一時後れては、取返しがなりません。一體、あなた方は病を輕蔑してをらるるから埒あかん。感情をとやかくいふのは姑息です。看護婦ちょっとお押へ申せ。」
 いと嚴かなる命の下に五名の看護婦はバラバラと夫人を圍みて、その手と足とを押さへむとせり。渠らは服從を以て責任とす。單に、醫師の命をだに奉ずれば可し、敢て他の感情を顧みることを要せざるなり。
「綾!來ておくれ。あれ!」
と夫人は絶入る呼吸にて、腰元を呼び給へば、慌てて看護婦を遮りて、
「まあ、ちょっと待って下さい。夫人、どうぞ、御堪忍遊ばして。」と優しき腰元はおろおろ聲。
 夫人の面は蒼然として、
「どうしても肯きませんか。それぢゃ全快っても死んでしまひます。可いからこの侭で手術をなさいと申すのに。」
と眞白く細き手を動かし、辛うじて衣紋を少し寛げつつ、玉の如き胸部を顯し、
「さ、殺されても痛かあない。ちっとも動きやしないから、大丈夫だよ。切っても可い。」
 決然として言放てる、辭色ともに動かすべからず。さすが高位の御身とて、威嚴あたりを拂ふにぞ、滿堂齊しく聲を呑み、高き咳をも漏らさずして、寂然たりしその瞬間、先刻より些との身動きだもせで、死灰の如く、見えたる高峰、輕く身を起こして椅子を離れ、
「看護婦、刀を。」
「ええ。」と看護婦の一人は、目を瞠りて猶予へり。一同齊しく愕然として、醫學士の面を瞻る時、他の一人の看護婦は少しく震へながら、消毒したる刀を取りてこれを高峰に渡したり。
 醫學士は取るとそのまま、靴音輕く歩を移して、衝と手術臺に近接せり。
 看護婦はおどおどしながら、
「先生、このままでいいんですか。」
「ああ、可いだらう。」
「ぢゃあ、お押へ申しませう。」
 醫學士はちょっと手を擧げて、輕く押留め、
「なに、それにも及ぶまい。」
 いふ時疾くその手は既に病者の胸を掻開けたり。夫人は兩手を肩に組みて身動きだもせず。
 かかりし時醫學士は、誓ふが如く、深重嚴肅なる音調もて、
「夫人、責任を負って手術します。」
 時に高峰の風采は一種神聖にして犯すべからざる異樣のものにてありしなり。
「どうぞ。」と一言答へたる、夫人が蒼白なる兩の頬に刷けるが如き紅を潮しつ。ぢっと高峰を見詰めたるまま、胸に臨める鋭刀にも眼を塞がむとはなさざりき。
 唯見れば雪の寒紅梅、血汐は胸よりつと流れて、さと白衣を染むるとともに、夫人の顏は舊の如く、いと蒼白くなりけるが、果たせるかな自若として、足の指をも動かさざりき。
 ことのここに及べるまで、醫學士の擧動脱兔の如く神速にして聊か間なく、伯爵夫人の胸を割くや、一同は素より彼の醫博士に到るまで、言を挾むべき寸隙とてもなかりしなるが、ここにおいてか、わななくあり、面を蔽ふあり、背向になるあり、あるひは首を低るるあり、予の如き、我を忘れて、殆ど心臟まで寒くなりぬ。
 三秒にして渠が手術は、ハヤその佳境に進みつつ、刀骨に達すと覺しき時、
「あ。」と深刻なる聲を絞りて、二十日以來寢返りさへも得せずと聞きたる、夫人は俄然器械の如く、その半身を跳起きつつ、刀取れる高峰が右手の腕に兩手を確と取縋りぬ。
「痛みますか。」
「否、貴下だから、貴下だから。」
 かく言懸けて伯爵夫人は、がっくりと仰向きつつ、凄冷極まりなき最後の眼に、國手をぢっと瞻りて、
「でも、貴下は、貴下は、私を知りますまい!」
 いふ時晩し、高峰が手にせる刀に片手を添へて、乳の下深く掻切りぬ。醫學士は眞蒼になりて戰きつつ、
「忘れません。」
 その聲、その呼吸、その姿。その聲、その呼吸、その姿。伯爵夫人は嬉しげに、いとあどけなき微笑を含みて高峰の手より手をはなし、ばったり、枕に伏すとぞ見えし、唇の色變りたり。
 その時の二人が状、あたかも二人の身邊には、天なく、地なく、社會なく、全く人なきが如くなりし。

                    下

 數ふれば、はや九年前なり。高峰がその頃はいまだ醫科大學に學生なりしみぎりなりき。一日予は渠とともに、小石川なる植物園に散策しつ。五月五日躑躅の花盛なりし。渠とともに、手を携え、芳草の間を出つ、入りつ、園内の公園なる池を繞りて、咲揃ひたる藤を見つ。
 歩を轉じて彼處なる躑躅の丘に上らむとて、池に添ひつつ歩める時、彼方より來りたる、一群の觀客あり。
 一個洋服の扮裝にて煙突帽を戴きたる蓄髯の漢前衞して、中に三人の婦人を圍みて、後よりもまた同一樣なる漢來れり。渠らは貴族の御者なりし。中なる三人の婦人達は、一樣に深張の涼傘を指翳して、裾捌の音最冴かに、するすると練り來れる、ト行違ひざま高峰は、思はず後を見返りたり。
「見たか。」
 高峰は頷きぬ。「むゝ。」
 かくて丘に上りて躑躅を見たり。躑躅は美なりしなり。されど唯赤かりしのみ。
 傍のベンチに腰懸けたる、商人體の壯者あり。
「吉さん、今日は好いことをしたぜなあ。」
「さうさね、偶にやお前の謂ふことを聞くも可いかな,淺草へ行って此處へ來なかったらうもんなら、拜まれるんぢゃなかったっけ。」
「何しろ、三人とも揃ってらあ、どれが桃やら櫻やらだ。」
「一人は丸髷ぢゃあないか。」
「何の道はや御相談になるんぢゃなし、丸髷でも、束髮でも、乃至しやぐまでも何でも可い。」
「ところでと、あの風ぢゃあ、是非、高島田と來る處を、銀杏と出たなあ何ういふ氣だらう。」
「銀杏、合點がいかぬかい。」
「えゝ、わりい洒落だ。」
「何でも、貴姑方がお忍びで、目立たぬやうにといふ肚だ。ね、それ、眞中のに水際が立ってたらう。いま一人が影武者といふのだ。」
「そこでお召物は何と踏んだ。」
「藤色と踏んだよ。」
「え、藤色とばかりぢゃ、本讀が納まらねえぜ。足下のやうでもないぢゃないか。」
「眩くってうなだれたね、おのづと天窓が上らなかった。
「そこで布から下へ目をつけたらう。」
「馬鹿をいはっし、勿軆ない。見しやそれとも分かぬ間だったよ。あゝ殘惜い。」
「あのまた、歩行振といったらなかったよ。唯もう、すうツとかう霞に乘って行くやうだつけ。裾捌、褄はづれなんといふことを、なるほどと見たは今日が最初てよ。何うもお育柄はまた格別違ったもんだ。ありゃもう自然天然と雲上になったんだな。何うして下界の奴儕が眞似ようたって出來るものか。」
「酷くいふな。」
「ほんのこツたが私やそれ御存じの通り、北廓を三年が間、金毘羅樣に斷ったといふもんだ。處が、何のこたあない。肌守を懸けて、夜中に土堤を通らうぢゃあないか。罰のあたらないのが不思議さね。もう/\今日といふ今日は發心切った。あの醜婦ども何うするものか。見なさい、アレ/\ちらほらとかう其處いらに、赤いものがちらつくが、何うだ。まるでそら、芥塵か、蛆が蠢めいて居るやうに見えるぢゃあないか。馬鹿々々しい。」
「これはきびしいね。」
「串戲ぢゃあない。あれ見な、やっぱりそれ、手があって、足で立って、着物も羽織もぞろりとお召で、おんなじ樣な蝙蝠傘で立ってる處は、憚りながらこれ人間の女だ。然も女の新造だ。女の新造に違ひはないが、今拜んだのと較べて、何うだい。まるでもって、くすぶって、何といって可いか汚れ切って居らあ。あれでもおんなし女だつさ、へむ、聞いて呆れらい。」
「おや/\、何うした大變なことを謂出したぜ。しかし全くだよ。私もさ、今まではかう、ちよいとした女を見ると、ついそのなんだ。一所に歩くお前にも、隨分迷惑を懸けたつけが、今のを見てからもう/\胸がすつきりした。何だかせい/\とする、以來女はふッつりだ。」
「それぢゃあ生涯ありつけまいぜ。源吉とやら、みづからは、とあの姫樣が、言ひさうもないからね。」
「罰があたらあ、あてこともない。」
「でも、あなたやあ、と來たら何うする。」
「正直な處、私は遁げるよ。」
「足下もか。」
「え、君は。」
「私も遁げるよ。」と目を合せつ、しばらく言途絶えたり。
「高峰、ちつと歩かうか。」
 予は高峰と共に立上りて、遠く彼の壯佼を離れし時、高峰はさも感じたる面色にて、
「あゝ、眞の美の人を動かすことあの通りさ、君はお手のものだ、勉強し給へ。」
 予は畫師たるが故に動かされぬ。行くこと數百歩、彼の樟の大樹の鬱蓊たる木の下蔭の、梢薄暗きあたりを行く藤色の衣の端を遠くよりちらとぞ見たる。
 園を出づれば丈高く肥えたる馬二頭立ちて、磨硝子入りたる馬車に、三個の馬丁休らひたりき。其後九年を經て病院の彼のことありしまで、高峰は彼の婦人のことにつきて、予にすら一言をも語らざりしかど、年齡に於ても、地位に於ても、高峰は室あらざるべからざる身なるにも關らず、家を納むる夫人なく、然も渠は學生たりし
時代より品行一層謹嚴にてありしなり。予は多くを謂はざるべし。
 青山の基地と、谷中の墓地と所こそは變りたれ、同一日に前後して相逝けり。
 語を寄す、天下の宗教家、渠等二人は罪惡ありて、天に行くことを得ざるべきか。