橋本進吉『國語學概論』

〈岩波講座日本文学を底本としています。〉

 目次

第一章 國語學の概念
 國語の研究と國語學
 實際上の知識と國語學上の知識
 國語學と言語學
 國語學の性質
 フィロロギーと國語學
 國學と國語學
 參考書
第二章 日本語の概念
 國語即ち日本語
 日本語と日本語以外の言語
 日本語内の言語の相違
第三章 國語學の諸問題
 問題の考察
 一、國語の多樣性から
 二、言語の構成から
 三、言語の二面性から
 一般言語學的研究
 國語問題及び國語教育の問題
第四章 國語學の資料及び研究法
 國語研究資料
 言語事實の性質とその取扱法
 現代の言語と過去の言語との相違
 現代語を取扱ふ場合
 辞書と文典
 現代の種々の言語の比較
 過去の言語を取扱ふ場合
 歴史的研究法
 比較研究法
 一般的研究法
第五章 日本の方言
 方言の概念
 方言區劃
 現代國語の方言區劃
 琉球諸島の言語
 國語の方言の沿革
 參考書
第六章 日本の標準語
 標準語の性質
 古代の標準語
 京都語と標準語
 江戸語の發達
 東京語の流布
 現代の標準語
 參考書
第七章 口語の變遷
 研究資料
 口語變遷の時期區分
 第一期の口語
 第二期の口語
 第三期の口語
 概括
 參考書
第八章 日本の文字
 文字の性質
 文字の種類
 文字の起源發達
 日本に於ける文字の種類
 支那に於ける漢字
 六書
 漢字の字體
 漢字の字形の統一
 日本に於ける漢字
 漢字の字體
 漢字の音
 漢字の訓
 漢字の音字的用法
 萬葉假名或は真假名
 平假名及び片假名
 平假名
 片假名
 假名の作者
 假名遣
 假名遣の歴史
 ローマ宇
 日本に於けるローマ字
 參考書
第九章 日本の文語
 文語の性質
 文語と口語
 現代の文語
 口語體の文語
 文章語體の文語
 日本の文語の變遷
 漢文
 祝詞及び宣命の文
 變體の漢文及び書簡文
 和歌及び和文
 女子の書簡文
 假名交り文と和漢混淆文
 明治以後の文語
 普通文
 口語文
後記

ホームページへもどる