修禪寺物語

岡本綺堂
明治四十二年三月作。
明治四十四年五月、明治座初演。

初演當時の主なる役割──夜叉王(市川左團次)娘かつら(市川壽美藏)かへで(市川莚若)春彦(市川市十郎)源頼家(市村羽左衛門)下田五郎(中村又五郎)金窪兵衞尉(市川荒次郎)修禪寺の僧(市川左升)など。

(伊豆の修禪寺に頼家(よりいへ)の面といふあり。作人も知れず、由來もしれず、木彫の假面(めん)にて、年を經たるまゝ面目分明ならねど、所謂古色蒼然たるもの、觀來って一種の詩趣をおぼゆ。當時を追懷してこの稿成る。)

登場人物──面作師(おもてつくり)夜叉王。夜叉王の娘かつら。かへで。かへでの婿春彦。源左金吾頼家。下田五郎景安。金窪兵衞尉行親。修禪寺の僧。行親の家來など。

 伊豆の國狩野の庄、修禪寺村(今の修善寺)桂川のほとり、夜叉王の住家。
藁葺の古びたる二重家體。破れたる壁に舞樂の面などをかけ、正面に紺暖簾の出入口あり。下手に爐を切りて、素燒の土瓶などかけたり。庭の入口は竹にて編みたる門、外には柳の大樹、そのうしろは畑を隔てゝ、塔の峰つゞきの山または丘などみゆ。元久元年七月十八日。
(二重の上手につゞける一間の家體は細工場にて、三方に古りたる蒲簾(がますだれ)をおろせり。庭さきには秋草の花咲きたる垣に沿うて荒むしろを敷き、姉娘桂、二十歳。妹娘楓、十八歳。相對して紙砧(.ぎぬた)を擣(う)ってゐる。)
かつら(軈て砧の手をやめる。)一〓(.とき)餘りも擣ちつゞけたので、肩も腕も痺(しび)るゝやうな。もうよいほどにして止(や)めうでないか。
かへでとは云ふものゝ、きのふまでは盆休みであったほどに、けふからは精出して働かうではござんせぬか。
かつら働きたくばお前ひとりで働くがよい。父樣(とゝさま)にも春彦どのにも褒められようぞ。わたしは嫌ぢゃ、嫌になった。(投げ出すやうに砧を捨つ。)
かへで貧の手業に姉妹が、年ごろ擣ちなれた紙砧を、兎かくに飽きた、嫌になったと、むかしに變るお前がこの頃の素振は、どうしたことでござるか喃(なう)。
かつら(あざ笑ふ。)いや、昔とは變らぬ。ちっとも變らぬ。わたしは昔からこのやうな事を好きではなかった。父(とゝ)さまが鎌倉においでなされたら、わたし等も斯うはあるまいものを、名聞(みゃうもん)を好まれぬ職人氣質とて、この伊豆の山家に隱れ栖(ずみ)、親につれて子供までも鄙(ひな)にそだち、詮事(せうこと)無しに今の身の上ぢゃ。さりとてこのまゝに朽ち果てようとは夢にも思はぬ。近いためしは今わたし等が擣ってゐる修禪寺紙、はじめは賤しい人の手につくられても、色好紙(いろよしがみ)とよばれて世に出づれば、高貴のお方の手にも觸るゝ。女子とてもその通りぢゃ。たとひ賤しう育っても、色好紙の色よくば、關白大臣將軍家のおそばへも、召出されぬとは限るまいに、賤の女がなりはひの紙砧、いつまで擣ちおぼえたとて何とならうぞ。嫌になったと云うたが無理か。
かへでそれはおまへが口癖に云ふことぢゃが、人には人それ%\の分があるもの。將軍家のお側近う召さるゝなどと、夢のやうな事をたのみにして、心ばかり高う打ちあがり、末はなんとならうやら、わたしは案じられてなりませぬ。
かつらお前とわたしとは心が違ふ。妹のおまへは今年十八で、春彦といふ郎(をとこ)を有った。それに引きかへて姉のわたしは、二十歳(はたち)といふ今日の今まで、夫もさだめずに過したは、あたら一生を草の家に、住み果つまいと思へばこそぢゃ。職人風情の妻となって、滿足して暮すおまへ等に、わたしの心はわかるまい喃。(空嘯(そらうそぶ)く。)
  (楓の婿春彦、二十餘歳、奧より出づ。)
春彦桂どの。職人風情と左も卑しい者のやうに云はれたが、職人あまたあるなかにも、面作師といへば、世に恥しからぬ職であらうぞ。あらためて申すに及ばねど、わが日本開闢以來、はじめて舞樂のおもてを彫(きざ)まれたは、勿體なくも聖徳太子、つゞいて藤原淡海公、弘法大師、倉部の春日、この人々より傳へて今に至る、由緒正しき職人とは知られぬか。
かつらそれは職が尊いのでない。聖徳太子や淡海公といふ、その人々が尊いのぢゃ。彼の人々も生業(なりはひ)に、面作りはなされまいが……。
春彦生業にして卑しいか。さりとは異(い)なことを聞くものぢゃの。この春彦が明日にもあれ、稀代の面をつくり出して、天下一の名を取っても、お身は職人風情と侮るか。
かつら云(お)んでもないこと、天下一でも職人は職人ぢゃ、殿上人や弓取とは一つになるまい。
春彦殿上人や弓取がそれほどに尊いか。職人がそれほどに卑しいか。
かつらはて、くどい。知れたことぢゃに……。
  (桂は顏をそむけて取合はず、春彦、むっとして詰めよるを、楓はあわてゝ押し隔てる。)
かへであゝ、これ、一旦かうと云ひ出したら、飽くまでも云ひ募るが姉さまの氣質、逆らうては惡い。いさかひはもう止(よ)してくだされ。
春彦その氣質を知ればこそ、日ごろ堪忍してゐれど、あまりと云へば詞が過ぐる。女房の縁につながりて、姉と立つれば附け上り、やゝもすれば我を輕しむる面憎さ。仕儀によっては姉とは云はさぬ。
かつらおゝ、姉と云はれずとも大事ござらぬ。職人風情を妹婿に有ったとて、姉の見得にも手柄にもなるまい。
春彦まだ云ふか。
  (春彦は又つめ寄るを、楓は心配して制す。この時、細工場の簾(すだれ)のうちにて、父の聲。)
夜叉王えゝ、騷がしい。鎭まらぬか。
  (これを聽きて春彦は控へる。楓は起って蒲簾をまけば、伊豆の夜叉王、五十餘歳、烏帽子、筒袖、小袴にて、鑿(のみ)と槌(つち)とを持ち、木彫の假面(めん)を打ってゐる。膝のあたりには木の屑など取散らしたり。)
春彦由なきことを云ひ募って、細工の御さまたげをも省みぬ不調法、なにとぞ御料簡くださりませ。
かへでこれもわたしが姉樣に、意見がましいことなど云うたが基(もとゐ)。姉樣も春彦どのも必ず叱って下さりまするな。
夜叉王おゝ、なんで叱らう、叱りはせぬ。姉妹の喧嘩はまゝある事ぢゃ。珍らしうもあるまい。時に今日ももう暮るゝぞ。秋のゆふ風が身にしみるわ。そち達は奧へ行ってタ飯の支度、燈火(あかし)の用意でもせい。
二人あい。
  (桂と楓は起って奧に入る。)
夜叉王なう、春彦。妹と違うて氣がさの姉ぢゃ。おなじ屋根の下にに起き臥(ふ)しすれば、一年三百六十日、面白からぬ日も多からうが、何事もわしに免じて料簡せい。あれを産んだ母親は、そのむかし、都の公家(くげ)衆に奉公したもの、縁あってこの夜叉王と女夫(めをと)になり、あづまへ流れ下ったが、そだちが育ちとて氣位高く、職人風情に連れ添うて、一生むなしく朽ち果つるを悔(くや)みながらに世を終った。その腹を分けた姉妹、おなじ胤(たね)とはいひながら、姉は母の血をうけて公家氣質、妹は父の血をひいて職人氣質、子の心がちがへば親の愛も違うて、母は姉贔屓、父は妹贔屓。思ひ/\に子どもの贔屓爭ひから、埒もない女夫喧嘩などしたこともあったよ。はゝゝゝゝゝ。
春彦さう承はれば桂どのが、日ごろ職人をいやしみ嫌ひ、世にきこえたる殿上人か弓取ならでは、夫に有たぬと誇らるゝも、母御の血筋をつたへし爲、血は爭はれぬものでござりまするな。
夜叉王ぢゃによって、あれが何を云はうとも、滅多に腹は立てまいぞ、人を人とも思はず、氣位高う生れたは、母の子なれば是非がないのぢゃ。
  (暮の鐘きこゆ。奧より楓は燭臺を持ちて出づ。)
春彦おゝ、取紛れて忘れてゐた。これから大仁(おほひと)の町まで行って、このあひだ誂へて置いた鑿と小刀(さすが)をうけ取って來ねばなるまいか。
かへでけふはもう暮れました。いっそ明日にしなされては……。
春彦いや、いや、職人には大事の道具ぢゃ。一刻も早う取寄せて置かうぞ。
夜叉王おゝ、職人はその心掛けがなうてはならぬ。更けぬ間に、ゆけ、行け。
春彦夜とは申せど通ひなれた路、一〓(.とき)ほどに戻って來まする。
  (春彦は出てゆく。楓は門にたちて見送る。修禪寺の僧一人、燈籠を持ちて先に立ち、つゞいて源の頼家卿、二十三歳。あとより下田五郎景安、十七八歳、頼家の太刀をさゝげて出づ。)
これ、これ、將軍家の御しのびぢゃ。粗相があってはなりませぬぞ。
  (楓ははッと平伏す。頼家主從すゝみ入れば、夜叉王も出で迎へる。)
夜叉王思ひもよらぬお成りとて、なんの設けもござりませぬが、先づあれへお通りくださりませ。
  (頼家は縁に腰を掛ける。)
夜叉王して、御用の趣は。
頼家問はずとも大方は察して居らう。わが面體を後のかたみに殘さんと、さきに其の方を召出し、頼家に似せたる面を作れと、繪姿までも遣はして置いたるに、日を經るも出來せず。幾たびか延引を申立てゝ、今まで打ち過ぎしは何たることぢゃ。
五郎多寡が面一つの細工、いかに丹精を凝(こら)すとも、百日とは費すまい。お細工仰せつけられしは當春の初め、其後已に半年をも過ぎたるに、いまだ獻上いたさぬとは餘りの解怠(けたい)、もはや猶豫は相成らぬと、上樣の御機嫌さん%\ぢゃぞ。
頼家予は生れついての性急ぢゃ。いつまで待てど暮せど埒あかず。あまりに齒痒う覺ゆるまゝ、この上は使など遣はすこと無用と、予が直々(ぢき/\)に催促にまゐった。おのれ何故に細工を怠り居るか。仔細をいへ、仔細を申せ。
夜叉王御立腹おそれ入りましてござりまする。勿體なくも征夷大將軍、源氏の棟梁のお姿を彫めとあるは、職のほまれ、身の面目、いかでか等閑(なほざり)に存じませうや。御用うけたまはりて已に半年、未熟ながらも腕限り根かぎりに、夜晝となく打ちましても、意にかなふほどのもの一つも無く、さらに打ち替へ作り替へて、心ならずも延引に延引をかさねましたる次第、なにとぞお察しくださりませ。
頼家えゝ、催促の都度におなじことを……。その申譯は聞き飽いたぞ。
五郎この上は唯だ延引とのみで相濟むまい。いつの頃までにはかならず出來するか、あらかじめ期日をさだめてお詫を申せ。
夜叉王その期日は申上げられませぬ。左に鑿をもち、右に槌を持てば、面はたやすく成るものと思召すか。家をつくり、塔を組む、番匠なんどとは事變りて、これは生なき粗木(あらき)を削り、男、女、天人、夜叉、羅刹、ありとあらゆる善惡邪正のたましひを打ち込む面作師。五體にみなぎる精力が、兩の腕におのづから湊(あつ)まる時、わがたましひは流るゝ如く彼に通ひて、はじめて面も作られまする。但しその時は半月の後か、一月の後か、あるひは一年二年の後か。われながら確(しか)とはわかりませぬ。
これ、これ、夜叉王どの。上樣は御自身も仰せらるゝごとく、至って御性急でおはします。三島神社の放し鰻を見るやうに、ぬらりくらりと取止めのないことばかり申上げてゐたら、御癇癖がいよ/\募らうほどに、こなたも職人冥利、いつの頃までと日を限(き)って、しかと御返事を申すがよからうぞ。
夜叉王ぢゃと云うて、出來ぬものはなう。
なんの、こなたの腕で出來ぬことがあらう。面作師も多くあるなかで、伊豆の夜叉王といへば、京鎌倉まで聞えた者ぢゃに……。
夜叉王さあ、それゆゑに出來ぬと云ふのぢゃ。わしも伊豆の夜叉王と云へば、人にも少しは知られたもの。たとひお咎め受けうとも、己が心に染まぬ細工を、世に殘すのはいかにも無念ぢゃ。
頼家なに、無念ぢゃと……。さらばいかなる崇りを受けうとも、早急(さっきふ)には出來ぬといふか。
夜叉王恐れながら早急には……。
頼家むゝ、おのれ覺悟せい。
  (癇癖募りし頼家は、五郎のさゝげたる太刀を引っ取って、あはや拔かんとす。奧より桂、走り出づ。)
かつらまあ、まあ、お待ちくださりませ。
頼家えゝ、退(の)け、のけ。
かつら先づお鎭まりくださりませ。面は唯今獻上いたしまする。なう、父樣(とゝさま)。
  (夜叉王は默して答へず。)
五郎なに、面は已に出來してをるか。
頼家えゝ、おのれ。前後不揃ひのことを申立てゝ、予をあざむかうでな。
かつらいえ、いえ、嘘いつはりではござりませぬ。面はたしかに出來して居りまする。これ、父樣。もうこの上は是非がござんすまい。
かへでほんにさうぢゃ。ゆうべ漸く出來したと云ふあの面を、いっそ獻上なされては……。
それがよい、それがよい。こなたも凡夫ぢゃ。名も惜からうが、命も惜からう、出來した面があるならば、早う上樣にさしあげて、御慈悲をねがふが上分別ぢゃぞ。
夜叉王命が惜いか、名が惜いか、こなた衆の知ったことでない。默っておゐやれ。
さりとて、これが見てゐられうか。さあ、娘御。その面を持って來て、兎もかくも御覽に入れたがよいぞ。早う、早う。
かへであい、あい。
  (かへでは細工場へ走り入りて、木彫の假面(めん)を入れたる箱を持ち出づ。桂はうけ取りて頼家の前にさゝぐ。頼家は無言にて桂の顏をうちまもり、心少しく解けたる體なり。)
かつらいつはりならぬ證據、これ御覽くださりませ。
  (頼家は假面を取りて打ながめ、思はず感歎の聲をあげる。)
頼家おゝ、見事ぢゃ。よう打ったぞ。
五郎上樣おん顏に生寫しぢゃ。
頼家むゝ。(飽かず打(う)ち戍(まも)る。)
さればこそ云はぬことか。それほどの物が出來してゐながら、兎かう澁って居られたは、夜叉王どのも氣の知れぬ男ぢゃ。はゝゝゝゝ。
夜叉王(形をあらためる。)何分にもわが心にかなはぬ紬工、人には見せじと存じましたが、かう相成っては致し方もござりませぬ。方々にはその面をなんと御覽なされまする。
頼家さすがは夜叉王、あっぱれの者ぢゃ。頼家も滿足したぞ。
夜叉王あっぱれとの御賞美は憚りながらおめがね違ひ、それは夜叉王が一生の不出來。よう御覽じませ。面は死んでをりまする。
五郎面が死んでをるとは……。
夜叉王年ごろあまた打ったる面は、生けるがごとしと人も云ひ、われも許して居りましたが、不思議やこのたびの面に限って、幾たび打ち直しても生きたる色なく、たましひもなき死人の相……。それは世にある人の面ではござりませぬ。死人の面でござりまする。
五郎そちは左樣に申しても、われらの眼には矢はり生きたる人の面……。死人の相とは相見えぬがなう。
夜叉王いや、いや、どう見直しても生ある人ではござりませぬ。しかも眼に恨みを宿し、何者をか呪ふがごとき、怨靈,怪異(あやかし)なんどのたぐひ……。
あ、これ、これ、そのやうな不吉のことは申さぬものぢゃ。御意にかなへばそれで重疊、ありがたくお禮を申されい。
頼家むゝ、兎にも角にもこの面は頼家の意にかなうた。持歸るぞ、
夜叉王強(たっ)て御所望とござりますれば……。
頼家おゝ、所望ぢゃ。それ。
  (頼家は頤にて示せば、かつら心得て假面を箱に納め、すこしく媚を含みて頼家にさゝぐ。頼家は更にその顏をじっと視る。)
頼家いや、猶かさねて主人(あるじ)に所望がある。この娘を予が手許に召仕ひたう存ずるが、奉公さする心はないか。
夜叉王ありがたい御意にござりまするが、これは本人の心まかせ、親の口から御返事は申上げられませぬ。
  (桂は臆せず、すゝみ出づ。)
かつら父樣(とゝさま)。どうぞわたしに御奉公を……。
頼家うい奴ぢゃ。奉公をのぞむと申すか。
かつらはい。
頼家さらばこれよりその面をさゝげて、頼家の供してまゐれ。
かつらかしこまりました。
  (頼家は起つ。五郎も起つ。桂もつゞいて起つ。楓は姉の袂をひかへて、心許なげに囁く。)
かつら、おまへは先程、夢のやうな望みと笑うたが、夢のやうな望みが今叶うた。
かへで姉さま。おまへは御奉公に……。
  (かつらは誇りがに見かへりて、庭に降り立つ。)
僧 やれ、やれ、これで愚僧も先づ安堵いたした。夜叉王どの、あす又逢ひませうぞ。
  (頼家は行きかゝりて物につまづく。桂は走り寄りてその手を取る。)
頼家おゝ、いつの間にか暗うなった。
  (僧はすゝみ出でて、桂に燈籠を渡す。撞は假面の箱を僧にわたし、我は片手に燈籠を持ち、片手に頼家をひきて出づ。夜叉王はじっと思案の體なり。)
かへで父さま、お見送りを……。
  (夜叉王は初めて心づきたる如く、娘と共に門口に送り出づ。)
五郎そちへの御褒美は、あらためて沙汰するぞ。
  (頼家等は相前後して出でゆく。夜叉王は起ち上りて、しばらく默然としてゐたりしが、やがてつか/\と縁にあがり、細工場より槌を持ち來りて、壁にかけたる種々の假面を取下し、あはや打碎かんとす。楓はおどろきて取縋る。)
かへであゝ、これ、なんとなさる。おまへは物に狂はれたか。
夜叉王せっぱ詰りて是非におよばず、拙き細工を獻上したは、悔んでも返らぬわが不運。あのやうな面が將軍家のおん手に渡りて、これぞ伊豆の住人夜叉王が作と寶物帳にも記されて、百千年の後までも笑ひをのこさば、一生の名折れ、末代の恥辱、所詮夜叉王の名は廢(すた)った。職人もけふ限り、再び槌は持つまいぞ。
かへでさりとは短氣でござりませう。いかなる名人上手でも細工の出來不出來は時の運。一生のうちに一度でも天晴れ名作が出來ようならば、それが即ち名人ではござりませぬか。
夜叉王むゝ。
かへで拙い細工を世に出したを、さほどに無念と思召さば、これからいよ/\精出して、世をも人をもおどろかすほどの立派な面を作り出し、恥を雪(すゝ)いでくださりませ。
  (かへでは縋りて泣く。夜叉王は答へず、思案の眼を瞑ぢてゐる。日暮れて笛の聲遠くきこゆ。)

  おなじく桂川のほとり、虎溪橋(こけいけう)の袂。川邊には柳幾本たちて、芒と蘆とみだれ生ひたり。橋を隔てて修禪寺の山門みゆ。同日の宵。
  (下田五郎は頼家の太刀を持ち、僧は假面の箱をかゝへて出づ。)
五郎上樣は桂どのと、川邊づたひにそゞろ歩き遊ばされ、お供の我々は一足先へまゐれとの御意であったが、修禪寺の御座所ももはや眼のまへぢゃ。この橋の快にたゝずみて、お歸りを暫時相待たうか。
いや、いや、それは宜しうござるまい。桂殿といふ嫋女(よをやめ)をお見出しあって、浮れあるきに餘念もおはさぬところへ、我々のごとき邪魔外道が附き纏うては、却って御機嫌を損ずるでござらうぞ。
五郎なにさまなう。
  (とは云ひながら、五郎は猶不安の體にてたゝずむ。)
殊に愚僧はお風呂の役、早う戻って支度をせねばなるまい。
五郎お風呂とて自づと沸いて出づる湯ぢゃ。支度を急ぐこともあるまいに……。先づお待ちやれ。
はて、お身にも似合はぬ不粹をいふぞ。若き男女がむつまじう語らうてゐるところに、法師や武士は禁物ぢゃよ。はゝゝゝゝ。さあ、ござれ、ござれ。
  (無理に袖をひく。五郎は心ならずも曳かるゝまゝに、打連れて橋を渡りゆく。月出づ。桂は燈籠を持ち、頼家の手をひきて出づ。)
頼家おゝ、月が出た。川原づたひに夜ゆけば、芒にまじる蘆の根に、水の聲、蟲の聲、山家の秋はまた一入の風情ぢゃなう。
かつら馴れては左程にもおぼえませぬが、鎌倉山の星月夜とは事變りて、伊豆の山家の秋の夜は、さぞお寂しうござりませう。
  (頼家はありあふ石に腰打ちかけ、桂は燈籠を持ちたるまゝ、橋の欄に凭(よ)りて立つ。月明かにして蟲の聲きこゆ。)
頼家鎌會は天下の覇府、大小名の武家小路、甍(いらか)をならべて綺羅を競へど、それはうはべの榮えにて、うらはおそろしき罪の巷、惡魔の巣ぞ。人間の住むべきところで無い。鎌倉などへは夢も通はぬ。(月を仰ぎて云ふ。)
かつら鎌倉山に時めいておはしなば、日本一の將軍家、山家そだちの我々は下司にもお使ひなされまいに、御果報拙いがわたくしの果報よ。忘れもせぬこの三月、窟詣での下向路、桂谷の川上で、はじめて御目見得をいたしました。
頼家おゝ、その時そちの名を問へば、川の名とおなじ桂と云うたな。
かつらまだそればかりではござりませぬ。この窟(いはや)のみなかみには、二本の桂の立木ありて、その根よりおのづから清水を噴き、末は修禪寺にながれて入れば、川の名を桂とよび、またその樹を女夫の桂と昔よりよび傳へてをりますると、お答へ申上げましたれば、おまへ樣はなんと仰せられました。
頼家非情の木にも女夫はある。人にも女夫はありさうな……と、つい戲れに申したなう。
かつらお戲れかは存じませぬが、そのお詞が冥加(みゃうが)にあまりて、この願かならず叶ふやうと、百日のあひだ人にも知らさず、窟へ日參いたせしに、女夫の桂のしるしありて、ゆくへも知れぬ川水も、嬉しき逢瀬にながれ合ひ、今月今宵おん側近う、召出されたる身の冥加……。
頼家武運つたなき頼家の身近うまゐるがそれほどに嬉しいか。そちも大方は存じて居らう。予には比企(ひき)の判官,能員(よしかず)の娘、若狹といへる側女ありしが、能員ほろびし其,砌(みぎり)に、不欄や若狹も世を去った。今より後はそちが二代の側女、名もそのまゝに若狹と云へ。
かつらあの、わたくしが若狹の局と……。えゝ、ありがたうござりまする。
頼家あたゝかき湯の湧くところ、温かき人の情も湧く。戀をうしなひし頼家は、こゝに新しき戀を得て、心の痛みもやうやく癒えた。今はもろ/\の煩惱を斷って、安らけくこの地に生涯を送りたいものぢゃ。さりながら、月には雲の障りあり、その望みも果敢なく破れて、予に萬一のことあらば、そちの父に打たせたる彼のおもてを形見と思へ。叔父の蒲殿は罪無うして、この修禪寺の土となられた。わが運命も遲かれ速かれ、おなじ路を辿(たど)らうとも知れぬぞ。
  (月かくれて暗し。籠手(こて)、臑當(すねあて)、腹卷したる軍兵(つはもの)二人、上下よりうかゞひ出でて、芒むらに濳む。蟲の聲俄かにやむ。)
かつらあたりにすだく蟲の聲、吹き消すやうに止みましたは……。
頼家人やまゐりし。心をつけよ。
  (金窪兵衞尉行親、三十餘歳。烏帽子、直垂(ひたゝれ)、籠手(こて)、嬬當(すねあて)にて出づ。)
行親上、これに御座遊ばされましたか。
頼家誰ぢゃ。
  (桂は燈籠をかざす。頼家透しみる。)
行親金窪行親でござりまする。
頼家おゝ、兵衞か。鎌倉表より何としてまゐった。
行親北條殿のおん使に……。
頼家なに、北條殿の使……。扨はこの頼家を討たうが爲な。
行親これは存じも寄らぬこと。御機嫌伺ひとして行親參上、ほかに仔細もござりませぬ。
頼家云ふな、兵衞。物の具に身をかためて夜中の參入は、察するところ、北條の密意をうけて、予を不意撃にする巧みであらうが……。
行親天下やうやく定まりしとは申せども、平家の殘黨ほろび殲(つく)さず。且は函根より西の山路に、盜賊ども俳個する由きこえましたれば、路次の用心として斯樣にいかめしう扮裝(いでた)ち申した。上に對したてまつりて、不意撃の狼籍なんど、いかで、いかで……。
頼家たとひ如何やうに陳(ちん)ずるとも、憎き北條の使なんどに對面無用ぢゃ。使の口上聞くにおよばぬ。歸れ、かへれ。
  (行親は騷がず。しづかに娃をみかへる。)
行親これにある女性は……。
頼家予が召使ひの女子ぢゃよ。
行親おん謹しみの身を以て、素姓も得知れぬ賤しの女子どもを、おん側近う召されしは……。
  (桂は堪へず、すゝみ出づ。)
かつら兵衞どのとやら、お身はト者(うらや)か人相見か。初見參のわらはに對して、棄姓賤しき女子などと、迂濶に物を申されな。妾は都のうまれ、母は殿上人にも仕ヘし者ぞ。まして今は將軍家のおそばに召されて、若狹の局とも名乘る身に、一應の會釋もせで無禮の雜言は、鎌倉武士といふにも似ぬ、さりとは作法をわきまへぬ者なう。
  (冷笑はれて、行親は眉をひそめる。)
行親なに。若狹の局……。して、それは誰が許された。
頼家おゝ、予が許した。
行親北條どのにも謀らせたまはず……。
頼家北條がなんぢゃ。おのれ等は二口目には北條といふ。北條がそれほどに尊いか。時政も義時も予の家來ぢゃぞ。
行親さりとて、尼御臺もおはしますに……。
頼家えゝ、くどい奴。おのれ等の云ふこと、聽くべき耳は持たぬぞ。退れ、すされ。
行親さほどにおむづかり遊ばされては、行親申上ぐべきやうもござりませぬ。仰せに任せて今宵はこのまゝ退散、委細は明朝あらためて見參(けんざん)の上……。
頼家いや、重ねて來ること相成らぬぞ。若狹、まゐれ。
  (頼家は起ち上りて桂の手を取り、打連れて橋を渡り去る。行親はあとを見送る。芒のあひだに濳みし軍兵出づ。)
兵一先刻より忍んで相待ち申したに、なんの合圖もござりませねば……。
兵二手を下すべき機(をり)もなく、空しく時を移し申した。
行親北條殿の密旨を蒙り、近寄って討ちたてまつらんと今宵ひそかに伺侯したるが流石(さすが)は上樣、早くもそれと覺(さと)られて、われに油斷を見せたまはねば、無念ながらも仕損じた。この上は修禪寺の御座所へ寄せかけ、多人數一度にこみ入って本意を遂げうぞ。上樣は早業の達人、近習の者どもにも手だれあり。小勢の敵と侮りて不覺を取るな。場所は狹し、夜いくさぢゃ。うろたへて同士撃すな。
はっ。
行親一人はこれより川下へ走せ向うて、村の出口に控へたる者どもに、即刻かゝれと下知を傳へい。
兵一心得申した。
  (一人は下手に走り去る。行親は一人を具して上手に入る。木かげより春彦、うかゞひ出づ。)
春彦大仁の町から戻る路々に、物の具したる軍兵が、こゝに五人、かしこに十人,屯(たむろ)して、出入りのものを一々詮議するは、合點がゆかぬと思うたが、さては鎌倉の下知によって、上樣を失ひたてまつる結構な。さりとは大事ぢゃ。
  (遠近(をちこち)にて宿鳥(ねとり)のおどろき起つ聲。下田五郎は橋を渡りて出づ。)
五郎常はさびしき山里の、今宵は何とやらん物さわがしく、事ありげにも覺ゆるぞ。念のために川の上下を、一わたり見廻らうか。
春彦五郎どのではおはさぬか。
五郎おゝ、春彦か。
  (春彦は近づきてさゝやく。)
五郎や、なんと云ふ。金窪の參入は……。上樣を……。確(しか)と左樣か。むゝ。
  (五郎はあわたゞしく引返してゆかんとする時、橋の上より軍兵一人、長卷をたづさへて出で、無言にて撃ってかゝる。五郎は拔きあはせて、忽ち斬って捨つ。軍兵數人、上下より走り出で、五郎を押っ取りまく。)
五郎やあ、春彦。こゝはそれがしが受け取った。そちは御座所へ走せ參じて、この趣を注進せい。
春彦はっ。
  (春彦は橋をわたりて走り去る。五郎は左右に敵を引き受けて奮鬪す。)

  もとの夜叉王の住家。夜叉王は門にたちて望む。修禪寺にて早鐘を撞く音きこゆ。
  (向うより楓は走り出づ。)
かへで父樣。夜討ぢゃ。
夜叉王おゝ、むすめ、見て戻ったか。
かへで敵は誰やらわからぬが、人數はおよそ二三百人、修禪寺の御座所へ夜討をかけましたぞ。
夜叉王俄にきこゆる人馬の物音は、何事かと思うたに、修禪寺へ夜討とは……。平家の殘黨か、鎌倉の討手か。こりゃ容易ならぬ大變ぢゃなう。
かへで生憎に春彦どのはありあはさず、なんとしたことでござりませうな。
夜叉王我々がうろ/\立騷いだとて、なんの役にも立つまい。たゞその成行を觀てゐるばかりぢゃ。まさかの時には父子(おやこ)が手をひいて立ち退(の)くまでのこと、平家が勝たうが、源氏が勝たうが、北條が勝たうが、われ/\にはかゝりあひのないことぢゃ。
かへでそれぢゃと云うて不意のいくさに、姉樣はなんとなされうか、もし逃げ惑うて過失(あやまち)でも……。
夜叉王いや、それも時の運ぢゃ、是非もない。姉にはまた姉の覺悟があらうよ。
  (寺鐘と陣鐘とまじりてきこゆ。楓は起ちつ居つ、幾たびか門に出でて心痛の體、向うより春彦走り出づ。)
かへでおゝ、春彦どの。待ちかねました。
春彦寄手は鎌倉の北條方、しかも夜討の相談を、測らず木かげで立聽きして、其由を御注進申上げうと、修禪寺までは駈け付けたが、前後の門はみな圍まれ、翼なければ入ることかなはず、殘念ながらおめ/\戻った。
かへででは、姉樣の安否も知れませぬか。
春彦姉はさて措いて、上樣の御安否さへもまだ判らぬ。小勢ながらも近習の衆が、火花をちらして追っ返しつ、今が合戰最中ぢゃ。
夜叉王なにを云ふにも多勢に無勢、御所方とても鬼神ではあるまいに、勝負は大方知れてゐる。とても逃れぬ御運の末ぢゃ。蒲殿といひ、上樣と云ひ、いかなる因縁かこの修禪寺には、土の底まで涼氏の血が沁みるなう。
  (寺鐘烈しくきこゆ。春彦夫婦は再び表をうかゞひ見る。)
かへでおゝ、おびたゞしい人の足音……。鎬(しのぎ)を削る太刀の音……。
春彦こゝへも次第に近づいてくるわ。
  (桂は頼家の假面を持ちて顏には髮をふりかけ、直垂(ひたゝれ)を着て長卷を持ち、手負の體にて走り出で、門口に來りて倒る。)
春彦や、誰やら表に……。
  (夫婦は走り寄りて扶け起し、庭さきに伴ひ入るれば、桂は又倒れる。)
春彦これ、傷は淺うござりまするぞ。心を確かに持たせられい。
かつら(息もたゆげに。)おゝ妹……。春彦どの……。父樣はどこにぢゃ。
夜叉王や、なんと……。
  (夜叉王は怪しみて立ちよる。桂は顏をあげる。みな/\驚く。)
春彦や、侍衆とおもひの外……。
夜叉王おゝ、娘か。
かへで姉さまか。
春彦して、この體は……。
かつら上樣お風呂を召さるゝ折から、鎌倉勢が不意の夜討……。味方は小人數、必死にたゝかふ。女でこそあれこの桂も、御奉公はじめの御奉公納めに、この面をつけてお身がはりと、早速の分別……。月の暗きを幸ひに打物とって庭におり立ち、左金吾頼家これにありと、呼(よば)はり呼はり走せ出づれば、むらがる敵は夜目遠目に、まことの上樣ぞと心得て、うち洩らさじと追っかくる。
夜叉王さては上樣お身替りと相成って、この面にて敵をあざむき、こゝまで斬拔けてまゐったか。
  (血に染みたる假面を取りてじっと視る。)
春彦我々すらも侍衆と見あやまった程なれば、敵のあざむかれたも無理ではあるまい。
かへでとは云ふものゝ、淺ましいこのお姿……。姉樣死んで下さりまするな。(取縋りて泣く。)
かつらいや、いや。死んでも憾(うら)みはない。賤が伏屋でいたづらに、百年千年生きたとて何とならう。たとひ半〓(.とき)一〓でも、將軍家のおそばに召出され、若狹の局といふ名をも給はるからは、これで出世の望みもかなうた。死んでもわたしは本望ぢゃ。
  (云ひかけて弱るを、春彦夫婦は介抱す。夜叉王は假面をみつめて物云はず。以前の修禪寺の僧、頭より袈裟(けさ)をかぶりて逃げ來る。)
大變ぢゃ、大變ぢゃ。かくまうて下され、隱まうてくだされ。(内に駈け入りて、桂を見て又おどろく。)やあ、こゝにも手負が…。おゝ、桂殿……。こなたもか。
かつらして、上樣は……。
お悼(いた)はしや、御最期ぢゃ。
かつらえゝ。(這ひ起きて屹(きっ)と視る。)
上樣ばかりか、御家來衆も大方は斬死……。わし等も傍杖の怪我せぬうちと、命から%\逃げて來たのぢゃ。
春彦では、お身がはりの効(かひ)もなく……。
かへで遂にやみ/\御最期か。
  (桂は失望してまた倒る。楓は取付きて叫ぶ。)
かへでこれ、姉さま。心を確かに……。なう、父樣。姉さまが死にまするぞ。
  (今まで一心に假面をみつめたる夜叉王、はじめて見かへる。)
夜叉王おゝ、姉は死ぬるか。姉もさだめて本望であらう。父もまた本望ぢゃ。
かへでえゝ。
夜叉王幾たび打ち直してもこの面に、死相のあり/\と見えたるは、われ拙きにあらず、鈍きにあらず、源氏の將軍頼家卿が斯く相成るべき御運とは、今といふ今、はじめて覺った。神ならでは知(しろ)しめされぬ人の運命、先づわが作にあらはれしは、自然の感應、自然の妙、技藝神に入るとはこの事よ。伊豆の夜叉王、われながら天晴(あっぱれ)天下一ぢゃなう。(快げに笑ふ。)
かつら(おなじく笑ふ。)わたしも天晴れお局樣ぢゃ。死んでも思ひ置くことはない。些とも早う上樣のおあとを慕うて、冥土のおん供……。
夜叉王やれ、娘。わかき女子が斷末魔の面、後の手本に寫しておきたい。苦痛を堪へてしばらく待て。春彦、筆と紙を……。
春彦はっ。
  (春彦は細工場に走り入りて、筆と紙などを持ち來る。夜叉王は筆を執る。)
夜叉王娘、顏をみせい。
かつらあい。
  (桂は春彦夫婦に扶けられて這ひよる。夜叉王は筆を執りて、その顏を摸寫せんとす。僧は口のうちにて念佛す。)

                         −幕−


岡島昭浩入力
底本 『修禪寺物語』新潮文庫 第四百三十一編 昭和15.5.7発行 昭和15.9.30 12版
日本文学等テキストファイル