文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)
環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究
A04 日本班

最終更新日 2002.5.20.

消滅する方言文法・表現法の緊急調査研究

 研究組織

 氏 名  所  属  機  関  E-mail 
研究代表者 真田 信治 大阪大学大学院文学研究科   
研究分担者 大西 拓一郎 国立国語研究所   


                            2002年度

 研究の目的
 日本諸方言のうち、特に伝統的語法・表現法の面が崩壊し、消滅の危機に瀕している方言を緊急調査対象地域方言とし、これまで蓄積されたその方言のデータを総合的に検討するとともに、当該地域で具体的なフィールドワークを実施して、その方言の徹底的な記述・記録を行う。


 研究実施計画
 国立国語研究所編『方言文法全国地図』のデータなどをもとに、日本全土を対象として、緊急調査対象地点を選定し、調査を実施しているが、本年度は、その最終年度として、
 @ 次の地域・地点で特徴的な伝統的文法事象を調査・記述する。
     大井川上流域・伊豆諸島・五箇山郷・秋山郷・北海道名寄 他
 A すでに調査を完了させている各地点のデータを分析・考察して、論文集を作成する。
 B 昨年度に大規模なフィールドワークを行った秋田県由利地域での語法データを分析の上、報告書を作成する。

 なお、研究代表者と研究分担者のほかに、研究協力者の参加を得、共同して調査・研究を実施する。
 研究協力者は次の通り。
   金田章宏・三井はるみ・井上文子・中井精一・日高水穂・村上敬一
   西尾純二・舩木礼子



                            2001年度

 研究の目的
 日本本土諸方言のうち、特に伝統的語法・表現法の面が崩壊し、消滅の危機に瀕している方言を、緊急調査対象地域方言とし、これまで蓄積されたその方言のデータを総合的に検討するとともに、当該地域で具体的なフィールドワークを実施し、その方言の徹底的な記述、記録を行う。


 研究実施計画
 国立国語研究所編『方言文法全国地図』のデータなどをもとに、緊急調査対象地点として、東北北部(秋田山間部など)、伊豆諸島、中部山岳地帯(五箇山郷・秋山郷・大井川上流域)、紀伊半島南部(日高郡山間部など)、山陰(隠岐など)、九州南部(天草・頴娃など)等を選定しているが、当該年度では、
@ 次の地点・地域で特徴的な伝統的文法事象を調査・記述する。
   秋田県本荘市・伊豆諸島・五箇山郷・秋山郷・隠岐
A すでに調査を一部完了させている八丈島方言の自然談話資料を作成する。
B 昨年度に大規模なフィールドワークを行なった熊本県天草島での語法データを分析の上、報告書を作成する。
 なお、研究代表者と研究分担者のほかに、研究協力者の参加を得、共同して調査・研究を実施する。
 研究協力者は次の通り。
   三井はるみ・井上文子・金田章宏・中井精一・日高水穂・村上敬一・西尾純二・舩木礼子


 成果報告
 1.諸方言のうち、文法・表現法における特徴的な事象が存在している地点を対象に、これまで蓄積されてきたその方言の記述を総合的に検討した。
 2.重要地点においてフィールドワークを実施し、そのデータを整理しつつ検討した。実地に調査を行った主な地点は、次の通りである。
     秋田県鳥海町・長野県秋山郷・東京都八丈島/青ヶ島
     富山県五箇山郷・兵庫県姫路市・熊本県天草など
 3.調査基礎項目の九州方言篇を増補し、刊行した。
     真田信治編『方言文法調査項目リスト−天草篇−』
 4.調査結果を分析した報告書をまとめ、刊行した。
     真田信治編『消滅に瀕した方言語法の緊急調査研究(1)』
 5.秋田県由利地方での方言語法(表現法)の調査に基づいて、『方言文法・表現法調査表(東北篇)』を作成した。



                  2000年度

 研究の目的
 日本本土諸方言のうち、文法・表現法での特徴的な事象が消滅の危機に瀕している地点を重要方言地域として対象にし、これまでに蓄積されたその方言のデータを総合的に検討するとともに、当該地域で具体的、徹底的なフィールドワークを実施して、伝統的事象に関する生データを記録・分析する


 研究実施計画
 対象地点は、次の通り。それぞれの地点・地域での特徴的な伝統的文法現象を、部分体系として、ジャンルごとに記述する。
  ・鹿児島県揖宿郡頴娃町    ・熊本県天草諸島
  ・徳島県吉野川流域
  ・富山県五箇山郷
  ・奈良県吉野郡天川村
  ・東京都中央区(下町)     ・東京都八丈島
  ・青森県下北半島
  このうち、すでに調査を一部完了させている徳島県吉野川流域での語法(主として断定辞)グロットグラムデータを機械で分析し、報告書を作成する。
 なお、研究代表者と研究分担者のほかに、研究協力者の参加を得、共同して調査・研究をする。
 研究協力者は次の通り。
   三井はるみ・井上文子・金田章宏・中井精一・日高水穂・村上敬一・西尾純二・舩木礼子


 成果報告
 1.本土諸方言のうち、文法・表現法での特徴的な事象が存在している地点を対象に、これまで蓄積されてきたその方言の記述を総合的に検討した。
 2.重要地点においてフィールドワークを実施し、そのデータを整理しつつ検討した。実地に調査を行ったのは、次の地点である。
    山形県鶴岡市・長野県秋山郷・東京都八丈島・富山県五箇山郷・和歌山県龍神村・
    奈良県天川村・熊本県天草
 3.すでに調査を完了させている徳島県吉野川流域での語法(断定辞)のグロットグラムデータを機械で処理、分析して報告を作成した。
 4.東京都八丈島での調査データを、『八丈島方言の自然談話資料』としてまとめた。次年度に刊行する予定である。
 5.熊本県天草富津での方言語法(表現法)の調査に基づいて、『方言文法・表現法調査表(九州篇)』を作成した。


 日本班トップページへ
 日本班成果報告書のページへ